カサンドラ・クレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カサンドラ・クレア
(Cassandra Clare)
Cassandra Clare by Gage Skidmore, 2013 b.jpg
誕生 (1973-07-27) 1973年7月27日(45歳)
イランの旗 テヘラン州テヘラン
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ヤングアダルトファンタジー
文学活動 現代ファンタジー
アーバン・ファンタジー
風俗ファンタジー
公式サイト http://cassandraclare.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

カサンドラ・クレアCassandra Clare1973年7月27日 - )は、『シャドウハンター』シリーズなどで知られるアメリカ合衆国のベストセラー[1]作家。

私生活[編集]

イランの首都テヘランにてアメリカ人の両親のもとに生まれる。子供の頃、スイスイングランドフランスなど各国を旅して回った。高校進学のためにロサンゼルスへ戻る。その後、タブロイド系エンターテインメント雑誌『ハリウッド・リポーター』で働いた[2]

作家のホリー・ブラック英語版とは友人同士で、互いの作品に共通するキャラクターを登場させるなどしている[3]

シャドウハンターシリーズ[編集]

2004年マンハッタンの景色にインスパイアされ、処女作『骨の街』(原題:City of Bones )の執筆に取りかかる。同作は2007年サイモン&シュスターより出版された。

クラリー・フレイ、ジェイス・ウェイランド、サイモン・ルイスらを中心に展開する現代ファンタジー『骨の街』は、刊行されるやニューヨーク・タイムズのベストセラーリストにランクインした。続編『灰の街』(原題:City of Ashes )、『硝子の街』(原題:City of Glass )をもって三部作が完成したが、2009年、第4作"City of Fallen Angels" の出版が発表され、2011年4月5日に刊行された[4]

クレアは、「"City of Fallen Angels" はいわばシリーズの第二期にあたり、"City of Lost Souls""City of Heavenly Fire" の続編も考えている。第一期のキャラクターだけでなく新しいキャラクターも登場する予定である。」と述べている[5]

また2009年には、本シリーズと同一の世界で、かつシリーズより前の時代(ヴィクトリア朝期)を舞台とした新シリーズ"The Infernal Devices" の開始をアナウンスしている。このシリーズは"The Clockwork Angel" (2010年8月刊行)、"The Clockwork Prince" (2011年12月刊行)、"The Clockwork Princess" (2012年12月刊行予定)の三冊から構成される[6]

本シリーズは、ユニーク・フィーチャーズとコンスタンティン・フィルムにより映画化の企画が進行している[7]。『骨の街』を原作に[8]、脚本はジェシカ・ポスティゴが担当する[9]。また、リリー・コリンズが主役のクラリー・フレイ役を、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』に出演したジェイミー・キャンベル・バウアーがジェイス・ウェイランド役を演じることが決定している。

受賞・ノミネート歴[編集]

『骨の街』
  • 2010年:Georgia Peach Book Awards for Teen Readers[10]
  • 2007年:ローカス賞 第一長篇部門最終候補
  • 2008年:An American Library Association Teens Top Ten Award winner[11]
  • 2010年:Winner of The 2010 Abraham Lincoln Illinois High School Book Award[12]
  • 2010年:Winner of the 2010 Pacific Northwest Library Association Young Reader's Choice Award[13]
  • 2010年:A Texas TAYSHAS title 2010[14]
  • 2010年:Shortlisted for the 2010 Evergreen Young Adult Book Award[15]
  • 2010年:Shortlisted for The 2010 Colorado Blue Spruce Young Adult Book Award[16]
  • 2010年:Shortlisted for The North Carolina School Library Media Association Young Adult Book Award[17]
  • 2010年:Grand Canyon Reader Award Nominee (Teen) 2010[18]
  • 2010年:Iowa High School Book Award Nominee 2009-2010[19]
  • 2010年:North Carolina YA Book Award Nominee 2009-2010[20]
  • 2010年:New Hampshire Flume Teen Reader's Choice Award Nominee, 2010[21]
  • 2010年:Nevada Young Readers' Award Nominee 2010[22]
  • 2009年:Ohio Buckeye Teen Book Award Nominee, 2009[23]
  • 2008年:Oregon Young Adult Network Book Rave Reading List Title 2008[24]
  • 2010年:South Carolina Young Adult Book Award Nominee 2009-2010[25]
  • 2010年:Shortlisted for the Coventry Inspiration Book Awards[26]
『灰の街』
  • 2009年:A 2009 ALA Teens Top Ten Title[27]

著書[編集]

シャドウハンター[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 骨の街 City of Bones 2007年 2011年4月 杉本詠美 東京創元社
創元推理文庫 (F)
2 灰の街 City of Ashes 2008年 2011年9月
3 硝子の街 City of Glass 2009年 2012年7月
4 City of Fallen Angels 2011年
5 City of Lost Souls 2012年[28]
6 City of Heavenly Fire 2014年3月予定[28]

インファナル・デバイス三部作[編集]

  • Clockwork Angel (2010/8/31)
  • Clockwork Prince (2011/12/6)
  • Clockwork Princess (2013/3/19(予定)

The Dark Artifices Trilogy[編集]

  • Lady Midnight (2015年(予定)
  • Prince of Shadows (未定(予定)
  • The Queen of Air and Darkness(未定(予定)

短編[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Best Sellers : Children's Books”. New York Times. (2007年4月22日). http://www.nytimes.com/2007/04/22/books/bestseller/0422bestchildren.html 
  2. ^ Author's bio at Sony.com”. 2011年5月13日閲覧。
  3. ^ http://www.cassandraclare.com/cms/faqs#valiant
  4. ^ City of Fallen Angels (Mortal Instruments, #4)”. goodreads.com (2009年). 2009年9月23日閲覧。
  5. ^ Clare, Cassandra (2010年8月6日). “the news!”. Cassandra Clare's Blog. LiveJournal. 2011年5月13日閲覧。
  6. ^ The Infernal Devices: FAQ” (2009年). 2009年9月23日閲覧。
  7. ^ Cassandra Clare's Blog 23 August 2009
  8. ^ Clare, Cassandra (2010年10月4日). “movie news”. Cassandra Clare's Blog. LiveJournal. 2011年5月13日閲覧。
  9. ^ The Mortal Instruments IMDB page”. 2011年5月13日閲覧。
  10. ^ 2010 Georgia Peach Book Award for Teen Readers Winner Announced”. Georgia Library Media Association. 2010年7月1日閲覧。
  11. ^ The 2008 Teens’ Top Ten”. Young Adult Library Services Association. 2010年7月30日閲覧。
  12. ^ Illinois' High School Readers' Choice Award”. Illinois School Library Media Association. 2010年7月30日閲覧。
  13. ^ Pacific Northwest Library Association Young Reader's Choice Award”. Pacific Northwest Library Association. 2010年7月30日閲覧。
  14. ^ Texas TAYSHAS title 2010”. Texas Library Association. 2010年7月30日閲覧。
  15. ^ Evergreen Young Adult Book Award”. King County Library System. 2010年4月30日閲覧。
  16. ^ Colorado Blue Spruce Young Adult Book Award”. Colorado Blue Spruce Young Adult Book World. 2010年7月30日閲覧。
  17. ^ NCSLMA YA Book Award”. North Carolina School Library Media Association. 2010年7月30日閲覧。
  18. ^ Grand Canyon Reader Award”. Grand Canyon Reader Award. 2010-03 31閲覧。
  19. ^ Iowa High School Book Award Nominee”. Iowa Association of School Librarians. 2010年7月31日閲覧。
  20. ^ North Carolina YA Booklist”. NCSLMA. 2010年7月31日閲覧。
  21. ^ NH Teen Reader's Choice Awards”. New Hampshire Library Association. 2010年7月31日閲覧。
  22. ^ Nevada Young Reader's Award”. Nevada Library Association. 2010年7月31日閲覧。
  23. ^ Teen Buckeye Book Award”. Buckeye Children's Book Award. 2009年12月31日閲覧。
  24. ^ Oregon Young Adult Network Book Rave List”. Oregon Library Association. 2010年7月31日閲覧。
  25. ^ SCASL Young Adult Book Awards”. South Carolina Association of School Librarians. 2010年7月31日閲覧。
  26. ^ Coventry Inspiration Book Awards”. Coventry City Council. 2010年7月31日閲覧。
  27. ^ 2009 ALA Teens Top Ten”. Young Adult Library Services Association. 2010年7月31日閲覧。
  28. ^ a b Publishers Weekly

外部リンク[編集]