カゴノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カゴノキ
Litsea coreana kagonoki01.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: ハマビワ属 Litsea
: カゴノキ L. coreana
学名
Litsea coreana Leveille
和名
カゴノキ

カゴノキ(鹿子の木、Litsea coreana, Actinodaphne lancifolia[1])はクスノキ科の樹木。大きくなると樹皮が鹿の子模様になる。

特徴[編集]

常緑性高木で、大木になる[2]。高さ15m、胸高直径は60cmに達することもある。樹皮は淡い灰黒色だが、互いに間を開けてその跡は白くなるので、樹皮全体を見ると鹿の子模様となる。若枝は毛がなく、その表面にはその年の内に長楕円形の皮目が出来る。頂芽は楕円形で、鱗片が覆瓦状に並んでおり、先端はやや尖る。鱗片は先端が丸く、背面には絹毛を密生する。また鱗片の色は褐色[3]。葉は互生に出て柄がある。葉身は長楕円形から倒卵状披針形で、長さ5-9cmで葉柄は8-15mm、先端は少し突き出してその先端は鈍く尖る。基部側は幅広い楔形。葉の縁は滑らかになっている。葉の裏面は当初は絹毛があるが、すぐに無くなって両面とも無毛となる。葉の表側は緑色で裏側は粉白色になっている。

雌雄異株で花期は9月。花芽は葉腋から3-4個纏めて出て球形をしており、柄はない。花序が出るのは枝の先端より下方、葉のない部分から葉のある部分の下の方にかけてから出る[4]。花は散形花序をなし、基部に総苞片がある。花序には数個の花が含まれ、花は黄色、雄花序は大きくてより多くの花が付き、雌花序はより小さく、含まれる花の数も少ない[5]

雄花序の総苞片は4枚あり、楕円形で長さ3.5-4mm。花柄は太くて長さ3mm、毛があり、花床は皿状になっている。花被は6枚あって楕円形で長さ3mm。雄しべは9本、長さ6mm、花糸は毛があり、葯は4つの弁があって開く。内側に位置する3本の雄しべの基部にはそれぞれ2個の腺体がある。雌しべは1つ、長さ1.5mmで先端が尖り、稔性はない。

雌花序の総苞片は4枚で円形になっており、長さ2.5-3.5mm。花柄は太くて花床は皿状になっている。花被片は6枚あり、長楕円形で長さ1.5mmで反り返る。仮雄しべは9本あって糸状で毛があり、内側3本の基部にはそれぞれ2つの腺体がある。雌しべは1つで長さは3mm、子房は球形で、花柱は長さ2mmで柱頭は広がって裂け、その裂片は反り返る。果実は年を越えて次の夏に赤く熟す。果実は楕円形で長さ9mm、果柄は太くて長さ5-8mm、幅2mm。果柄の先端は肥厚する[6]。花床は浅く裂けて皿状となる。これはバリバリノキなどでは果実の基部を包むが、本種では包まない。

和名は「鹿子の木」の意であり、樹皮が鹿の子模様になることによる[7]。別名にコガノキ、カゴカシ、カノコガがある[8]

分布と生育環境[編集]

日本では本州関東福井以西、四国九州に、それに朝鮮南部に分布する[9]

湿潤な傾斜地を好むが環境適応力は広く、成長は早い[10]タブノキシイカシ類の林に混成することが多く、また四国の瀬戸内海沿岸には群生が多い[11]

類似種など[編集]

ハマビワ属には世界的には種数が多いが、日本では4種のみ知られている。そのうち、アオモジ L. citriodora落葉樹で、葉が薄いうえにつやもない。逆にハマビワ L. japonica は海岸地域に多い種で、葉が厚いうえに裏面に綿毛が密生している。したがって、この2種は本種とあまり似ていない。もう1種のバリバリノキ L. acuminata は常緑高木だが、葉が細長いうえに先端が長くとがり、長さ10-15cmにもなる[12]ので、これも見間違えることはない。

外見的にはタブノキアオガシも似ているが、本種では葉の基部が葉柄に流れないのがよい区別点となる[13]

利用[編集]

材は器具や楽器、建材や薪炭などに用いられる[14]。床柱に使われることもある[15]

出典[編集]

  1. ^ Actinodaphne lancifolia (Sieb. & Zucc.) Meisn.”. Global Biodiversity Information Facility. 2017年9月4日閲覧。
  2. ^ 以下、主として北村・村田(1986),p.186-187
  3. ^ 佐竹他編(1999),p.123
  4. ^ 佐竹他編(1999),p.123
  5. ^ 佐竹他編(1999),p.123
  6. ^ 佐竹他編(1999),p.123
  7. ^ 鹿子の木(カゴノキ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月4日閲覧。
  8. ^ カゴノキ(鹿子の木) - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月4日閲覧。
  9. ^ 佐竹他編(1999),p.123
  10. ^ 邑田(2004)p.116
  11. ^ 菱山監修(2011)p.104.
  12. ^ 佐竹他編(1999),p.122-123
  13. ^ 邑田(2004)p.116
  14. ^ 北村・村田(1986),p.187
  15. ^ 菱山監修(2011)p.104.

参考文献[編集]

  • 北村四郎・村田源、『原色日本植物図鑑・木本編II』改訂14刷、(1989)、保育社
  • 佐竹義輔他編、『日本の野生植物 木本編 I』新荘版、(1999)、平凡社
  • 菱山忠三郎監修、『樹皮・葉でわかる 樹木図鑑』、(2011)、成美堂出版
  • 邑田仁監修、『新訂 原色樹木大圖鑑』、(2004)、北隆館