カク猿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「玃猿」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
日本の図像化の一例。和漢三才図会より「玃」。

玃猿(かくえん)は、中国伝説上の動物かく猳国かこく[1]馬化ばかともいう。サルに類するもので、人間の女性をさらって犯すという特徴を持つ[2]

概要[編集]

中国の本草書『本草綱目』によれば、猴(こう。サルのこと[3])より大きいものとあり、『抱朴子』によれば、800年生きた獼猴(みこう。アカゲザルのこと[4])が「猨」となり、さらに500年生きて玃猿になるとある[2]

『本草綱目』では「玃」「猳玃」「玃父」の名で記載されている[5]。玃は老いたサルであり、色は青黒い。人間のように歩き、よく人や物をさらう。オスばかりでメスがいないため、人間の女性を捕らえて子供を産ませるとある[5]

捜神記』『博物志』には「玃猿」「猳国」「馬化」の名で、以下のようにある。の西南の山中には棲むもので、サルに似ており、身長は7尺(約1.6メートル)ほどで、人間のように歩く。山中の林の中に潜み、人間が通りかかると、男女の匂いを嗅ぎ分けて女をさらい、自分の妻として子供を産ませる。子供を産まない女は山を降りることを許されず、10年も経つと姿形や心までが彼らと同化し、人里に帰る気持ちも失せてしまう。子を産んだ女は玃猿により子供とともに人里へ帰されるが、里へ降りた後に子供を育てない女は死んでしまうため、女はそれを恐れて子供を育てる。こうして玃猿と人間の女の間に生まれた子供は、姿は人間に近く、育つと常人とまったく変わりなくなる。本来なら姓は父のものを名乗るところだが、父である玃猿の姓がわからないため、仮の姓として皆が「楊」を名乗る。蜀の西南地方に多い「楊」の姓の者は皆、玃猿の子孫なのだという[1][2]。このような玃猿の特徴は、中国の未確認動物である野人と一致しているとの指摘もある[2]

南宋時代の小説集『夷堅志』には「渡頭の妖」と題し、以下のような話がある。ある谷川の岸に、夜になると男が現れ、川を渡ろうとする者を背負って向こう岸に渡していた。人が理由を尋ねても、これは自分の発願であり理由はないと、殊勝に返事をしていた。黄敦立という胆勇な男が彼を怪しみ、同じように川を渡してもらった3日後、お礼に自分がその男を渡そうと言い、拒む男を無理に抱えて川を渡り、大石に投げつけた。悲鳴を上げたその男を松明の明かりで照らすと、男の姿は玃猿に変わっていた。玃猿を殺して焼くと、その臭気は数里にまで届いたという[2]

類話[編集]

『神異経』によれば、西方にいる「𧳜」はロバほどの大きさだが猴に似ており、メスばかりでオスがいないので、人間男性を捕えて性交して子を孕むとあり[6](玃猿と同じ行動をするが性別が逆である)、玃猿に類するものと考えられている[2][7]

日本では、江戸時代に玃猿が日本国内にもいるものと信じられ、同時代の類書和漢三才図会』に「やまこ」の名で説明されており、同項の中で日本の飛騨美濃(現・岐阜県)の深山にいる妖怪「黒ん坊(くろんぼう)[注 1]」の名を挙げ「思うに、これは玃の属だろうか」と述べられている。黒ん坊とは黒く大きなサルのようなもので、長い毛を持ち、立って歩く。人語を解する上に人の心を読むので、人が黒ん坊を殺めようとしても、黒ん坊はすばやく逃げるので、決して捕えることはできないという[7]

また、日本の江戸後期の随筆『享和雑記』にも「黒ん坊」の名がある。それによれば、美濃国根尾(現・岐阜県本巣市)の泉除川に住む女のもとには、夜になると幻のような怪しい男が訪れ、しきりに契ろうとしていた。村人たちはその者を追い払おうと家を見張ったが、見張りのいる夜には現れず、見張りをやめると現れた。そこで女は鎌を隠し持っておき、例の男が現れるや鎌で斬りつけると、男は狼狽して逃げ去った。村人たちが血痕を辿ると、それは善兵衛という木こりの家のもとを通り、山まで続いていた。善兵衛のもとには以前から黒ん坊が仕事の手伝いに来ており、それ以降は黒ん坊が現れなくなったため、この事件は黒ん坊の仕業といわれた[8]

『享和雑記』の著者は、これを『本草綱目』にある玃猿に類するものとし、その特徴について『和漢三才図会』とほぼ同じことを述べているため[8]、『享和雑記』は『和漢三才図会』を参考に書かれたものと見られている[9]。しかし『和漢三才図会』では前述のように「玃の属だろうか」と書いてあるにすぎないため、黒ん坊と玃猿を同一のものとは言い切れないとの指摘もある[9]

日本の江戸時代の絵師・鳥山石燕による妖怪画集『今昔画図続百鬼』でも、玃猿の姿が「」として描かれており、本文中には黒ん坊のことが「飛騨美濃の深山にあり」と述べられている[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 『図説 日本妖怪大全』(ISBN 978-4-06-256049-8)などの水木しげるの著書では「黒人坊(こくじんぼう)」の名で記載されている。
出典
  1. ^ a b 竹田他編 2006, pp. 291-292
  2. ^ a b c d e f 實吉 1996, pp. 53-55
  3. ^ goo辞書”. goo. 2011年2月27日閲覧。
  4. ^ goo辞書”. 2011年2月27日閲覧。
  5. ^ a b 李 1578, p. 440
  6. ^ 東方朔「神異経」『中国古典小説選』1、竹田晃・黒田真美子編、明治書院、2007年、262-263頁。ISBN 978-4-625-66405-2
  7. ^ a b 寺島 1712, pp. 142-143
  8. ^ a b 柳川 1803, pp. 239-241
  9. ^ a b c 村上 2005, pp. 338-339
  10. ^ 今昔画図続百鬼」『鳥山石燕 画図百鬼夜行』稲田篤信・田中直日編、高田衛監修、国書刊行会、1992年、114頁。ISBN 978-4-336-03386-4

参考文献[編集]

関連項目[編集]