カク帥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(「ハオ」(赤阝))が含まれています詳細
郝 帥 Table tennis pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1983-10-01) 1983年10月1日(34歳)
選手情報
最高世界ランク 8位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット 狂飈龍3
フォア面ラバー 省狂NEO3ブルースポンジ
バック面ラバー ブライススピード
戦型 ドライブ主戦型
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
卓球
世界卓球選手権
2009 横浜 男子ダブルス
2009 横浜 混合ダブルス
2011 ロッテルダム 混合ダブルス
2013 パリ 男子ダブルス

(ハオ シャイ、Hao Shuai、1983年10月1日 - )は、中国天津市出身の卓球選手[1]。最高世界ランク7位[2]

乗ったら手がつけられない爆発力があり、2008年のパナソニックチャイナオープンでは北京オリンピックメダリスト3人(王励勤王皓馬琳)を連破して優勝した。

左利きの利点を生かしてダブルスも巧みで、2006年のプロツーグランドファイナルで優勝している[3]

2009年のコリアオープンでは、決勝に進出したが水谷隼に敗れた。

2011年の第51回世界卓球選手権個人戦代表選考では2位となったが、王励勤陳杞と比べて体外的な成績で劣ることを理由に、混合ダブルスのみの出場し[1]木子とのペアで銀メダルを獲得した[4]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ロッテルダム大会の中国選手団-男子編”. 卓球王国 (2011年4月20日). 2011年5月15日閲覧。
  2. ^ World Ranking”. 国際卓球連盟. 2011年5月15日閲覧。
  3. ^ Hao Shuai Upsets Formbook to Clinch Gold at Panasonic China Open”. 国際卓球連盟 (2008年9月14日). 2011年5月15日閲覧。
  4. ^ 藤井、若宮組メダル逃す=水谷、14日準々決勝-世界卓球”. 時事通信 (2011年5月13日). 2011年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]