カオス*ラウンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カオス*ラウンジ (CHAOS*LOUNGE) は、日本の美術集団[1]梅沢和木黒瀬陽平藤城嘘の3名をメンバーとした現代アート集団である。

藤城嘘が代表のグループ展「ポストポッパーズ[2]を前身とする[3][4]

集団と展示会[編集]

文脈により「カオス*ラウンジ」を示す内容が集団であったり展示会であったりと一定でない。グループとしての「カオス*ラウンジ」を大まかに分類すると以下のようになる。

展示会[編集]

ポストポッパーズとその延長としての展示会である「カオス*ラウンジ」である。

公式ホームページには「アーティスト・藤城嘘によって2008年から行われている展示&ライブペイント企画です。」と記されている[5]

「カオス*ラウンジ」としての出展は2009年3月からであるが、前身の「ポストポッパーズ」としては2008年3月より活動を開始し[6]、2008年9月に初出展を行っている。「ポストポッパーズ」は、藤城嘘がイラスト投稿サイトpixivの中で気になる描き手に声掛けして募ったメンバーによる、展示の場としてのオフ会を指向した出展であった。また、当初の「カオス*ラウンジ」は、「ポストポッパーズ」同様にオフ会を指向しつつもその発展形となる、多人数のメンバーを募ったグループ展であった[7][8][9]

集団[編集]

現代アート集団としての「カオス*ラウンジ」である。

2010年3月、「ポストポッパーズ」として「GEISAI#14」に出展した際、ライブペインティング「つかさをつくろう!」に「GEISAI CRITICAL MEDIA」審査員であった[10]美術家・美術批評家の黒瀬陽平が介入することにより、「ポストポッパーズ/カオス*ラウンジ」と黒瀬が接点を持つこととなった[7][11]2010年4月に開催された「カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷」より、黒瀬が「カオス*ラウンジ」に加入し現代アートとしての理論補強が行われた結果、従来「カオス*ラウンジ」が持っていたpixivユーザーオフ会の性質が変質・発展的に解体され、現代アートの文脈に接続されることとなった[1][12]。黒瀬によって「カオス*ラウンジ宣言」が同展示会にて行われ[1]、宣言では、現代アートのあり方について「アートに神秘性などない。人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である。」などと批評した[13]。また、東浩紀村上隆の後押しを得ており[1]、特に村上からは、美術専門誌『美術手帖』2010年5月号へのカオス*ラウンジ特集広告の出稿[14]、村上自身のギャラリーにおける「CHAOS*LOUNGE フェス」や、「pixiv画面端フェスタ」の開催、「カオス*ラウンジ2010 in 台湾」のプロデュース[15][16][17]、展示作品「破滅*ラウンジ」[18]の購入[19][20]などの支援を受けている。

歴史[編集]

「カオス*ラウンジ」は、当初、藤城嘘単独による企画として開始したが[21][8]、黒瀬が加入した「カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷」の時点で黒瀬と藤城による共同企画となり[8]、現在では、黒瀬が集団の代表を務め[22][23]、展示会は黒瀬、藤城両名による主催[24]となっている。ちなみに、村上隆によるバックアップを受けており[25]、また、美術家の梅沢和木は、「ポストポッパーズ」時代の初期(ポストポッパーズ IN GEISAI #11)から参加している[26]

法人化構想[編集]

代表の黒瀬陽平は、「カオス*ラウンジ」をいくつかの事業を柱として活動を行う組織とし、近々法人化するとの構想を、2011年5月12日に明らかにした[27][28]。 ただし、カオス*ラウンジの商標を取得していなかった事からも明らかな様に、この発言は単なる宣伝の為の虚言であり、実際には法人化の意思は無かったと思われる。

商標[編集]

CHAOS*LOUNGEの文字とイラストからなる商標は、2011年(平成23年)12月6日に商標出願され、2012年(平成24年)5月11日付けで商標登録されている(登録商標第5492088号)[29]。商標登録時の商標権者は上記3名のメンバー以外の個人であったが[30]、その後、商標権はピンクカンパニーに属するとされる別の個人[31]に移転されている[29]。なお、登録商標については、商標掲載公報の発行(本件の場合は2012年6月12日)から2ヶ月間、登録に異議を申し立てることができるが、本件については異議申立は行われていない。ただし、今後も無効審判を請求することは可能である(詳細は、日本の商標制度#商標登録の取消しおよび無効参照)。

権利者以外が登録商標を使用することは商標権の侵害にあたる。本件の登録商標はカオス*ラウンジ以外の個人が権利を有しているため、たとえカオス*ラウンジであっても、本件の登録商標を使用すると商標権の侵害にあたる恐れがある。ただし、商標法上は、先使用権が認められる場合には登録商標を使用することができることとされており、商標出願前から本件商標を使用していたカオス*ラウンジにも先使用権が認められる可能性がある[32]。また、権利者から通常使用権・専用使用権の設定を受けた場合等にも、登録商標を使用することができる。

ピンクカンパニーは、カオス*ラウンジブランドを展開し、アート・グッズ販売等の活動をしている。アート活動の一環としてウェブページが開設された[33][34][35][36][37]

特徴[編集]

少女を主なモチーフとした漫画表現によるキャラクターを既存キャラ・オリジナルキャラかを問わず多用した展示物が特徴的であり、メンバーはイラスト投稿サイトpixivを含む、インターネット上などで活動している一般の非美術家がメインである。また、「破滅*ラウンジ」は、いわゆる「ギーク」と呼ばれる、ITの専門家のメンバーを中心とした出展であり、通常の「カオス*ラウンジ」とは毛色の異なる内容となっている[1][7][38]

批判[編集]

手法・主張に対する批判[編集]

カオス*ラウンジの手法に対して、商標権や肖像権著作権の侵害を指摘する批判がある[39]

カオス*ラウンジの主要メンバーである梅ラボこと梅沢和木の作品には、インターネット上に公開されている画像を素材として使用しているものが多数あり、その作者への了承を得ずに作品を販売していることから批判が高まっている。

この批判についてカオス*ラウンジは、ファンアートである二次創作の延長であると主張しているが、本を破いて踏みつける、可愛い絵柄のイラストを溶かしてわざと不気味な絵にするという表現手法に嫌悪感を示す人間も多く、さらに反感を買っている。

イラストSNS「pixiv」の発表[編集]

2011年7月には、カオス*ラウンジに関する批判に対してpixivが謝罪する事態があった。これは、カオス*ラウンジのメンバーがpixivのイラストを取り込んだコラージュを、イラストの作者に無断で発表したことが発端だった。

pixivでは著作権に問題のあるイラストを随時削除しているが、カオス*ラウンジのメンバーがpixivで公開しているコラージュは多数の通報があったにも関わらず放置され(中には告発したのが原因で、即座に強制退会処分にされた者まで出た)、それ以外のコラージュ作品は削除されていたことから、カオス*ラウンジメンバーに対する優遇措置が噂になり、さらにpixivが投稿されたイラストをカオス*ラウンジに素材として提供したのではないかとの憶測が流れたために釈明を行ったと思われる。

pixivはカオス*ラウンジの活動に関係したことはなく、イラストの使用を認めた事実もないと釈明し、2011年7月26日にカオス*ラウンジのメンバーのアカウントを停止し[40]、同28日に黒瀬、梅沢、藤城の3名はpixivを自主退会した[41][42][43]

アカウント停止処分のみで、カオス*ラウンジのメンバーが自主退会を行ったため、猶予なしで強制退会処分となった他のユーザーよりも優遇されているわけではない、と証明できる機会は失われた事になる。

コピーした紙幣の販売[編集]

「破滅*ラウンジ」で千円紙幣コピーしたもの(赤瀬川源平のオマージュと思われる)が作品として展示・販売されていたことが、通貨及証券模造取締法違反にあたる為多くの人から警察・サイバーポリス等に通報されており、現在返答待ちになっている[39]

作家[編集]

傾向[編集]

各出展において、メンバーとなる作家[44]の他、 プロの現代美術家からpixivに存在するアマチュア作家、映像作家などインターネットで幅広い参加者を流動的に集め、展示への参加者は約200名[45]程存在するが、方向性の違いや事件に対する彼らのずさんな対応により疎遠になった者も多数存在する。

主要作家[編集]

[46]

一般作家[編集]

一時的な参加者[編集]

各々の展示会毎に、流動的にゲスト参加者の招待も行っている。また、展示会によっては、観客が飛び入り参加によって出品を行う場合や、観客が制作に参加する仕様の展示物もある。

企画[編集]

うしじま*ラウンジ(仮)撮影会in破滅night[編集]

「破滅*ラウンジ・再生*ラウンジ 〜アーキテクチャ時代のイメージ〜」内の「破滅*ラウンジ」コーナーにて、2010年5月18日に、コスプレイヤーのうしじまとのコラボレーションによって撮影会が行われた[50]

CHAOS*LOUNGE フェス[編集]

カイカイキキギャラリーの関連ギャラリー、Hidari Zingaroにて行われた、「カオス*ラウンジ」メンバーの個展・グループ展[51]

  • 2010年6月17日-22日 藤城嘘「a white lie」[52]
  • 2010年6月24日-29日ちくわエミル、みつご、ARiKEM「カオスチャレンジの世界」[53]
  • 2010年6月24日- カオス*ラウンジ ライブドローイング(pixiv画面端フェスタ) [54]
  • 2010年7月1日-6日 黒瀬陽平「ミステリー・ツアー」[55]
  • 2010年7月22日-27日 梅沢和木「カオス見てから画像余裕でしたコア」 [56]
  • 2010年7月29日-8月3日 一輪社「ドーナッツに穴があったら入りたい」 [57]

pixiv画面端フェスタ[編集]

「CHAOS*LOUNGE フェス」内の企画として、2010年6月24日より、「pixiv画面端フェスタ」としてカイカイキキギャラリー中野ブロードウェイ1号店にて、ライブドローイングが「カオス*ラウンジ」のメンバーによって行われた。ライブドローイングは、屋内のテナントとして入居しているギャラリーの外側壁面にて行われ、約3か月の間に十数回行われている[58][59][60]

カオス*ハウス プロジェクト[編集]

2010年9月に、展覧会「"ゼロ年世代"の都市・建築・アート「CITY2.0--WEB世代の都市進化論」」内の企画として参加[61]。「破滅*ラウンジ」や、「カオス*ラウンジ」のメンバーが生活する住居を、ギークハウスからも情報を得ながら設計を行った[62][63]

GENESIS*ラウンジ[編集]

アスキー・メディアワークス刊行の漫画雑誌『電撃大王GENESIS』と共同の連載企画。2010 AUTUMN(2010年12月号)より連載。「カオス*ラウンジ」のメンバーが漫画原稿持ち込みの過程に則って、本誌への漫画掲載に挑戦する[49]

カオスラ*ッシン[編集]

裏原宿セレクトショップ「ミキリハッシン」とのコラボレーションにより、ファッションブランド「カオスラ*ッシン」を立ち上げ、同店内の特設ブースにて2011年2月11日-17日の期間中、展示販売が行われた [64][65][66]

ホテル カオス*サンライン[編集]

ビジネスホテルホテルサンライン蒲田にて、「カオス*ラウンジ」のメンバーが客室の内装に全面的にアートを施した企画。2011年4月より予約受付開始。3室が対象となっており、宿泊が可能であったが、2012年5月13日を以って企画は終了した[67][68]

iPhone4ケース[編集]

iPhone4用のケースを「カオス*ラウンジ」のメンバーがデザインしている。黒瀬陽平、梅ラボ(梅沢和木)、藤城嘘、他11名のメンバーが参加し、計48種類のケースがある。それらのケースは、2011年5月より富士フイルムが運営するオンラインサイトにて販売されていたが[69][70][71]、一部商品にオンラインサイトが定める「アートワークのガイドライン」に抵触する表現があり、翌月、全商品が販売中止となった[72][73]

トークイベント[編集]

2012年9月17日に、阿佐ヶ谷ロフトAにて、トークイベント「風雲メディア城!!〜毎度お騒がせします。〜」が行われる予定であったが、公演中止となった。本イベントでは、「カオス*ラウンジ」主要作家の黒瀬陽平藤城嘘梅沢和木のほか、「うしじま*ラウンジ(仮)撮影会in破滅night」にてコラボレーションを行ったことのあるコスプレイヤーのうしじまいい肉や、ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹などが参加する予定であった。

ちなみに、本イベントへの参加者には、一切のイベント中の電子機器を用いた記録行為や、情報送信行為、事後のイベント内容の記録物の作成が禁じられる条件であった[74][75]

福島第一原発麻雀化計画[編集]

2013年12月27日に、「カオス*ラウンジ」の新作として『福島第一原発麻雀化計画』が、株式会社ゲンロン主催、ゲンロンカフェにて開催された「「フクシマ」へ門を開く――福島第一原発観光地化計画展 2013」にて、公開された[76][77]。本作は、麻雀のルール、および、麻雀牌のデザインをアレンジしたものであり、プレイヤーは、それぞれ東京電力、九州電力、関西電力、北海道電力の電力会社を演じ、原発事故を発生させ、寄付金や、賠償金をやり取りするという設定となっている。また、役の名前や、役が成立する条件も福島第一原子力発電所事故にちなんだ設定がなされている。

展示[編集]

ポストポッパーズ[編集]

  • 2008年9月14日 ポストポッパーズ IN GEISAI #11(GEISAI #11)[78]
  • 2008年11月28日-29日 ポストポッパーズin横浜(横浜アート&ホームコレクション展)[79]
  • 2009年5月12日-30日 post poppers個展(art project frantic)[80]
  • 2009年10月18日 ポストポッパーズ GEISAI #13(GEISAI #13)[81]
  • 2010年3月14日 ポストポッパーズ GEISAI #14(GEISAI #14)[82]

カオス*ラウンジ[編集]

  • 2009年3月19日-22日,26日-29日 カオス*ラウンジ(mograg garage)[83][84]
  • 2009年8月18日-30日 カオス*ラウンジ(夏)(ビリケンギャラリー)[85][86]
  • 2010年4月10日-18日 カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷(高橋コレクション日比谷)[87]
  • 2010年5月8日-23日 破滅*ラウンジ・再生*ラウンジ 〜アーキテクチャ時代のイメージ〜(NANZUKA UNDERGROUND 渋谷)[88]
  • 2010年5月20日-30日 カオス*ラウンジ(春)(ビリケン商会)[89]
  • 2010年5月22日-30日 カオス*ラウンジvol.2(mograg garage)[90]
  • 2010年6月19日-25日 かおすら!(0000gallery)[91]
  • 2010年6月21日-27日 はめつら!(コーポ北加賀屋)[92]
  • 2010年7月3日-25日 カオス*ラウンジ in アートバトルロワイアル(トーキョーワンダーサイト本郷)[93]
  • 2010年7月31日-8月24日 カオス*ラウンジ2010 in 台湾(台北 ARKI GALLERY)[94]
  • 2010年9月3日-10月2日 再生する崩壊する自我する梅沢和木するラウンジする画像コアする*ラウンジ(CASHI)[95]
  • (2010年10月5日-10月26日 ネオコス展(原宿ラフォーレ) ※コラボレーション企画の一員としての参加)[96]
  • 2010年12月4日-20日 【新しい】カオス*ラウンジ【自然】(高橋コレクション日比谷)[97]
  • 2011年1月13日-2月13日 荒川智則個展 presented by カオス*ラウンジ(トーキョーワンダーサイト渋谷)[98]
    • 2011年1月22日、2月6日、13日 生ドラマ「1983年の荒川智則」[99][100][101]
  • 2011年3月3日-27日 カオス*ラウンジ vol,03(mograg garage)[102]
  • (2011年3月22日-4月3日 『(≠ゃラ>∀<ナニ=)ノシ』[ k'ærəktɚ ]展(ゲイツインギャラリー宇) ※『カオス*ラウンジ』のスピンオフ企画)[103]
  • (2011年3月24日,26日-4月17日 「『カオス*ラウンジ』お絵かきオフinラフォーレ原宿」および、インスタレーション展示(ラフォーレ原宿) ※『初音ミク Project in Laforet』内の企画)[104][105]
  • 2011年8月16日-28日 カオス*ラウンジ(盆)(ビリケンギャラリー)[106]
  • 2011年9月3日,5日-8日 カオス*ラウンジ げんじつ!(FORESTLIMIT)[107][108][109]
  • 2011年10月22日-11月6日 カオス*イグザイル(フェスティバル/トーキョー11)[110][111]
  • 2012年2月28日-3月18日 GENDAI*ART(六本木ヒルズA/Dギャラリー)[112]
  • 2012年5月31日-6月17日 カオス*ラウンジ vol,4(mograg garage)[113]
    • 2012年6月12日-16日 ラウンジ*カオス*ラウンジ(FORESTLIMIT)
    • 2012年6月17日 ラウンジ*カオス*ラウンジPARTY!!(FORESTLIMIT)
  • 2012年8月18日-31日『カオス*ラウンジ 「受け入れ」』展(ザムザ阿佐ヶ谷)[114]
    • 2012年8月28日 お絵かきオフ*ラジカルナイト(ザムザ阿佐ヶ谷)[115]
    • 2012年8月31日 カオス*アンサンブル(ザムザ阿佐ヶ谷)
  • 2012年9月7日-23日 【G*A】受け入れの国のカオス【原画】(ビリケンギャラリー)[116]
  • (2012年12月23日 【クリスマス】うしじまいい肉 × カオス*ラウンジ【忘年会】(随園別館 新宿店2階) ※トークショー)[117]
  • 2013年8月17日-28日 カオス*ラウンジV(ビリケンギャラリー)[118]
  • 2013年12月8日-22日 LITTLE AKIHABARA MONUMENT ――アヴァンギャルドでもキッチュでもないもののためのモニュメント――(みどり荘 /MIDORI.so みどり荘ギャラリー)[119]
  • 2014年5月10日-25日 LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興(ROPPONGI HILLS A/D GALLERY)[120]
  • 2014年8月22日-9月7日 カオス*ラウンジSIX 〜イメージの他力本願〜(ビリケンギャラリー)[121]
  • 2014年10月11日-11月2日 キャラクラッシュ!(取り壊し前の活動拠点だったアトリエ(東京都文京区湯島))[122]
  • 2015年8月22日-9月2日 カオス*ラウンジ7「 穏やかじゃない」(ビリケンギャラリー)[123]
  • 2015年9月19日-10月4日 カオス*ラウンジ新芸術祭2015 市街劇「怒りの日」(もりたか屋、平廿三夜尊御札受所、菩提院(浄土宗 涅槃山 袋中寺))[124]

物販[編集]

書籍・雑誌[編集]

  • カオス*ラウンジi(2011年2月)
  • GENDAI*ART 創刊ゼロ号(2012年3月)
  • GENDAI*ART Vol.01(2012年8月)[125]

同人誌[編集]

ほか[編集]

その他に、一部の作品の販売を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 萌えアートを斬る!(アライ=ヒロユキ)週刊金曜日ニュース、2010年11月2日。
  2. ^ ポストポッパーズ
  3. ^ 藤城 嘘」 ポストポッパーズ、2011年6月19日閲覧。
  4. ^ 50人の作展示とライブペインティング空間『カオス*ラウンジ』POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年2月10日。
  5. ^ Info」 カオス*ラウンジ、2012年11月28日閲覧。
  6. ^ 2008年3月ポストポッパーズ、2008年3月。
  7. ^ a b c 連載 椹木野衣 美術と時評:6 カオス*ラウンジ ———— 萌えいづる自由・平等とその行方」 ART iT、2010年4月28日。
  8. ^ a b c ネットの「熱さ」、現代アートに――藤城嘘とカオス*ラウンジ」(ページ3) ASCII.jp、2011年6月9日。
  9. ^ 日本式ARTの次の射程が見えてきた!!」(ページ6) カイカイキキ、2010年3月21日。
  10. ^ http://d.hatena.ne.jp/geisaicritical/20100311
  11. ^ GEISAIありのまままとめ(時系列半無視)」 ダストポップ(藤城嘘)、2010年3月14日。
  12. ^ 現代美術の新たなヴィジョンを提示するグループ展 『カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷』」 CBCNET、2010年4月12日。
  13. ^ Info」 CHAOSLOUNGE official web、2011年5月27日閲覧。
  14. ^ 日本式ARTの次の射程が見えてきた!!カイカイキキ、2010年3月21日。
  15. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/chaosin_taiwan
  16. ^ CHAOSLOUNG展覧会」 Kaikai Kiki Gallery Taipei、2012年1月1日閲覧。
  17. ^ BOME個展+CHAOS LOUNGE+pixiv共同開幕」 Kaikai Kiki Gallery Taipei、2010年8月11日閲覧。
  18. ^ 「破滅*ラウンジ・再生*ラウンジ 〜アーキテクチャ時代のイメージ〜」(NANZUKA UNDERGROUND 渋谷)にて展示されたインスタレーション作品
  19. ^ NANZUKA UNDERGROUND | 破滅*ラウンジ→再生*ラウンジ | 「NANZUKA AGENDA」Vol.1」 PUBLIC-IMAGE.ORG、2010年7月2日。
  20. ^ http://twitter.com/#!/takashipom/status/27163810590621696
  21. ^ 50人の作展示とライブペインティング空間『カオス*ラウンジ』POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年2月10日。
  22. ^ 黒瀬陽平 (kaichoo) は Twitter を利用しています」 黒瀬陽平、2011年5月28日閲覧。
  23. ^ 季刊・電撃大王GENESIS最新号、芸術の秋も攻め姿勢コミックナタリー、2010年10月19日。
  24. ^ 「キメこな問題」について・カオス*ラウンジ藤城嘘の見解」 ダストポップ、2011年6月25日。
  25. ^ 斎藤環 『キャラクター精神分析 マンガ・文学・日本人』 筑摩書房、2011年、147頁。
  26. ^ 梅沢和木、ワンダーウォール賞受賞!POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年6月17日。
  27. ^ Twitter - @黒瀬陽平 近々、カオスラウンジを法人化します。そしていくつか ...黒瀬陽平、2011年5月12日。
  28. ^ 黒瀬陽平(@kaichoo)-2011年05月12日 - Twilog黒瀬陽平、2011年5月12日。
  29. ^ a b 特許電子図書館 商標出願・登録情報 独立行政法人工業所有権情報研修館(※直接リンクが出来ないため登録番号から検索)
  30. ^ 特許電子図書館 商標公報DB 独立行政法人工業所有権情報研修館(※直接リンクが出来ないため登録番号から検索)
  31. ^ ツイッター発の猫型イヤホンジャックが商品化-広島のイラストレーターが考案 広島経済新聞、2012年7月30日
  32. ^ ただし、商標出願の時点で、その商標が需要者に広く認識されていたことが必要である(商標法第32条)。
  33. ^ http://chaosxlounge.biz/
  34. ^ http://chaosxlounge.net/
  35. ^ http://chaosxlounge.org/
  36. ^ http://chaosxlounge.info/
  37. ^ http://chaosxlounge.jp/
  38. ^ 連載 椹木野衣 美術と時評:9 破滅へ至るカオス、循環するカオスモス−−−『破滅*ラウンジ』以後」 ART iT、2010年7月28日。
  39. ^ a b イラストSNS「pixiv」に批判殺到!カオス*ラウンジって、どんな集団”. ITライフハック (2011年7月28日). 2011年7月29日閲覧。
  40. ^ pixivが一連の騒動を釈明 「創作活動が快適に行える場でありたいという基本に立ち戻る」”. ITmedia (2011年7月27日). 2011年7月29日閲覧。
  41. ^ http://twitter.com/#!/kaichoo/status/96594574797049856
  42. ^ http://twitter.com/#!/umelabo/status/96598376245768192
  43. ^ http://twitter.com/#!/lie_/status/96595057452388352
  44. ^ a b 再生する崩壊する自我する梅沢和木するラウンジする画像コアする*ラウンジ」 カオス*ラウンジ、2011年6月27日閲覧。
  45. ^ キュレーター村上隆によるステートメント | Nightmare Is A Dream Come True - Part 5」 Kaikai Kiki Gallery、2012年10月22日閲覧。
  46. ^ 日本式ARTの次の射程が見えてきた!!」(ページ2) カイカイキキ、2010年3月21日。
  47. ^ 仲山ひふみ | CHAOS*LOUNGE official web」 カオス*ラウンジ、2012年12月29日閲覧。
  48. ^ a b ARTIST LIST」 Hidari Zingaro、2011年6月27日閲覧。
  49. ^ a b c カオス*ラウンジ×電撃大王GENESIS共同企画 GENESIS*ラウンジ〜カオス絵師電撃デビュー余裕でした大王〜」 カオス*ラウンジ、2011年6月27日閲覧。
  50. ^ うしじま*ラウンジ撮影会 in 破滅night撮影会」 changefashion.net、2010年5月23日。
  51. ^ CHAOS*LOUNGE フェス」 Hidari Zingaro、2011年6月27日閲覧。
  52. ^ http://hidari-zingaro.jp/2010/05/uso_fujishiro_biography/
  53. ^ http://hidari-zingaro.jp/2010/06/3chaos/
  54. ^ http://hidari-zingaro.jp/2010/06/livedrowing_chaos/
  55. ^ http://hidari-zingaro.jp/2010/05/kurose_biography/
  56. ^ http://hidari-zingaro.jp/category/art/kazuki_umezawa/
  57. ^ http://hidari-zingaro.jp/category/art/ichirinsha/
  58. ^ 中野1号店 「pixiv画面端フェスタ(ライブドローイング)」」 Hidari Zingaro、2011年6月1日閲覧。
  59. ^ pixiv画面端フェスタ(ライブドローイング)at 中野1号店」 kaikaikikigallery(YouTube)、2010年7月15日。
  60. ^ Hidari Zingaro CHAOS*フェス」 kaikaikikigallery(YouTube)、2010年7月16日。
  61. ^ 【展覧会】"ゼロ年世代"の都市・建築・アート「CITY2.0--WEB世代の都市進化論」CHAOS*LOUNGE Blog、2010年9月9日。
  62. ^ 「都市に目を向けよ」──ウェブ世代が問う建築展日経BP社 ケンプラッツ、2010年10月16日。
  63. ^ CITY2.0カオス*ラウンジ参加企画第一回会議CHAOS*LOUNGE Blog、2010年9月24日。
  64. ^ http://chaosxlounge.com/archives/817
  65. ^ カオスラウンジ×ミキリハッシン!ファッションブランドとしてついにカオスが展開!CHAOS*LOUNGE Blog、2011年2月8日。
  66. ^ 『カオス*ラウンジ』のファッションブランド『カオスラ*ッシン』デビュー!ウェブダカーポ、2011年2月14日。
  67. ^ ホテル カオス*サンライン予約本格開始!」 カオス*ラウンジ、2011年4月27日。
  68. ^ カオス*サンライン」 カオス*ラウンジ、2012年5月11日閲覧。
  69. ^ 黒瀬陽平、藤城嘘、梅ラボら「カオス*ラウンジ」参加者デザインのiPhoneケース登場」 CINRA.NET、2011年5月26日。
  70. ^ iPhone4ケース発売!」 カオス*ラウンジ、2011年5月26日。
  71. ^ 全部で48種類! 「カオス*ラウンジ」のiPhone4ケース発売開始!」 News2u.net、2011年5月26日。
  72. ^ 「カオス*ラウンジのiPhone4ケース」販売中止に関するお詫びとお知らせ」 カオス*ラウンジ、2011年6月7日。
  73. ^ 【お詫び】カオス*ラウンジのiPhone4ケース販売中止のお知らせ」 デザインガーデン、2011年6月7日。
  74. ^ 2012年9月スケジュール」 阿佐ヶ谷ロフトA、2012年8月18日閲覧。
  75. ^ 阿佐ヶ谷ロフトA 2012年9月17日の夜スケジュール」 阿佐ヶ谷ロフトA、2012年9月7日閲覧。
  76. ^ https://twitter.com/genroninfo/status/417202066809815041
  77. ^ https://twitter.com/hazuma/status/417276827753672704
  78. ^ はじめまして!ポストポッパーズです!POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2008年8月1日。
  79. ^ 展示情報 ポストポッパーズin横浜!!POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2008年11月17日。
  80. ^ 【展示告知】p o s t p o p p e r sPOST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年5月1日。
  81. ^ GEISAI#13 : No.161 ポストポッパーズです。POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年10月13日。
  82. ^ GEISAIありのまままとめ(時系列半無視)ダストポップ、2010年3月14日。
  83. ^ 50人の作展示とライブペインティング空間『カオス*ラウンジ』POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年2月10日。
  84. ^ カオス*ラウンジ、アフターレポート」 ピクシブ通信、2009年3月31日。
  85. ^ 『カオス*ラウンジ(夏)』開催!POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年7月18日。
  86. ^ クリエイターたちの個性がぶつかり合うグループ展、「カオス*ラウンジ(夏)」が8月18日より開催」 ピクシブ通信、2009年8月8日。
  87. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_chaos2010intakahashi
  88. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_hametsusaisei
  89. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_chaosvol2andharu
  90. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_chaosvol2andharu
  91. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_hametsurachaosra
  92. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_hametsurachaosra
  93. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/ex_artbattleroyale
  94. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/chaosin_taiwan
  95. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/jigaohu
  96. ^ http://chaosxlounge.com/archives/735
  97. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/atarashiishize
  98. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/arakawatomonori
  99. ^ 生ドラマ「1983年の荒川智則」
  100. ^ ニコ動開発スタッフが原作者のニコ生ドラマ「1983 年の荒川智則」を22 日18 時30 分より生放送!」(PDFファイル) ニワンゴ、2011年1月21日。
  101. ^ 原作「二人の切っ先」(糸柳和法)
  102. ^ http://chaosxlounge.com/exhibition/chaosxlonge_vol03
  103. ^ http://chaosxlounge.com/archives/882
  104. ^ 『(≠ゃラ>∀< ナニ=)ノシ』 [ kˈærəktɚ ]展、開催。」 ダカーポ、2011年3月29日。
  105. ^ http://p.twipple.jp/knQ4C
  106. ^ GALLERY SCHEDULE」 BILLIKEN SHOKAI、2011年8月6日閲覧。
  107. ^ http://chaosxlounge.com/archives/972
  108. ^ カオス*ラウンジ げんじつ! 会期変更のお知らせ」 カオス*ラウンジ、2011年8月5日。
  109. ^ カオス*ラウンジ げんじつ!」 カオス*ラウンジ、2011年8月21日。
  110. ^ カオス*イグザイル フェスティバル/トーキョー FESTIVAL/TOKYO トーキョー発、舞台芸術の祭典」 フェスティバル/トーキョー11、2011年8月6日閲覧。
  111. ^ http://chaosxlounge.com/chaosexile/
  112. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1164
  113. ^ 【次回展覧会】2012.5.31(thu) - 6.17(sun) 藤城嘘企画「カオス*ラウンジ vol,4」」 mograg garage、2012年5月24日。
  114. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1281
  115. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1292
  116. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1297
  117. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1306
  118. ^ http://d.hatena.ne.jp/lie_fujishiro/20130802
  119. ^ カオス*ラウンジ展覧会 – オタク/ネットカルチャーのひとつの可能世界『LITTLE AKIHABARA MONUMENT』- 12月8日より、みどり荘ギャラリーにて開催」 CBCNET、2013年12月4日。
  120. ^ カオス*ラウンジが展覧会「LITTLE AKIHABARA MARKET ―― 日本的イコノロジーの復興」開催を発表」 Zigg、2014年4月16日。
  121. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1341
  122. ^ http://chaosxlounge.com/archives/1347
  123. ^ http://d.hatena.ne.jp/lie_fujishiro/20150804
  124. ^ http://chaosxlounge.com/diesirae/
  125. ^ GENDA*ART 01、2012年8月16日閲覧。
  126. ^ 無事画集ができそうです。POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2008年9月5日。
  127. ^ COMITIA「わ16b」です!!!!!CHAOS*LOUNGE Blog、2010年11月4日。
  128. ^ ジェネシス*ラウンジネット販売決定!」 カオス*ラウンジ、2011年4月18日。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]