カウンテスアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カウンテスアップ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1981年6月6日
フェートメーカー
カウンテスドレスアップ
母の父 ドレスアップ
生国 日本北海道新冠町
生産 渕瀬健一
馬主 佐藤三男[1]
→佐橋五十雄
調教師 千葉忠一(岩手
→福永二三雄(大井
→後藤保(愛知
赤間清松(大井)
競走成績
生涯成績 41戦29勝
獲得賞金 3億589万円
テンプレートを表示

カウンテスアップ日本競走馬である。1980年代地方競馬において東北南関東東海の3地区に渡り活躍を見せた。

出自[編集]

フェートメーカーアメリカ合衆国の名馬スワップスハイペリオン系)の仔で、当時としては珍しい外国産馬として南関東公営競馬で出走したが大成はしなかった。種牡馬としてはカウンテスアップの他にフェートノーザン、リバーストンキング、カズノタンポポなど地方競馬の活躍馬を出したが、コースを苦手としたため中央競馬の活躍馬はほとんどいなかった。

半姉フドウゴールドはしらさぎ賞戸塚記念の優勝馬で、その孫にオリオンザサンクスがいる。

戦績[編集]

2000年以前の馬齢は旧表記を用いる。

当初は岩手競馬の千葉忠一厩舎に所属。3歳の1983年8月盛岡競馬場でのデビュー戦は2着だったが、その後は年を挟んで11連勝。1戦2着を挟んだのち特別戦を勝って上山競馬場東北優駿へ駒を進めた。迎え撃った新潟県競馬グレートローマンを1馬身半差の2着に退け、東北4歳馬の頂点に立った[2]。その後も連勝を重ね、暮れの桐花賞古馬相手に優勝[1]、岩手ナンバーワンとなった。

現在ならば地方競馬でも岩手に所属したまま南関東や中央競馬の大レースを狙えるが、当時は移籍しなければならなかったため賞金の高い南関東の大井に移籍することとなった。岩手競馬での戦績は18戦16勝(2着2回)[3]

年が明けて5歳となり、1985年1月大井競馬場の特別戦で転入緒戦を飾り、続く川崎記念ではテツノカチドキを下して優勝した[3]が、当時の南関東は他にもロツキータイガーなどがおり、その後は3連敗したため、今度は東海愛知に移籍することとなった。南関東での戦績は5戦2勝。

愛知で待ち受けていたのはグレートローマンであった。彼も新潟から賞金の高い愛知に移籍していたのであった。転入緒戦のゴールド争覇は中京競馬場コースということもあり、2頭揃って惨敗したものの、ダートに戻ってからは再びグレートローマンと名勝負を繰り広げた。東海菊花賞名古屋大賞典を含む3連勝でこの年を終え、再び南関東に戻ることになった。愛知での戦績は4戦3勝。

6歳となった1986年は前年と同じようなローテーションで3連勝するも、同年から中央地方全国交流競走となった帝王賞では南関東の伏兵トムカウントの3着同着(デッドヒート)に敗れた。次の大井記念も4着だったが、報知オールスターカップを勝って、中央競馬のオールカマーに駒を進めたが芝は苦手だったため7着に敗れた。その後は60kgを超える斤量となり、苦しいレースが続いたが、56kgで出走できた暮れの東京大賞典を優勝した。

1987年も緒戦の川崎記念を優勝したが(3連覇)、2戦目の帝王賞はテツノカチドキの3着に終わり、引退した。2度目の南関東での戦績は14戦8勝。

競走成績[編集]

種牡馬[編集]

引退後は種牡馬となり、スプリングステークス3着のダッシュフドーなどを送り出した。ブルードメアサイアーとして南関東G2黒潮盃を優勝、ジャパンダートダービー3着と好走したキョウエイプライドがいる。この時に騎乗していたのはカウンテスアップの南関東時代の主戦騎手でもあった的場文男だった。

血統表[編集]

カウンテスアップ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ケーレッド系
[§ 2]

*フェートメーカー
Fate Maker
1972 栗毛
父の父
Swaps
1952 栗毛
Khaled Hyperion
Eclair
Iron Reward Beau Pere
Iron Maiden
父の母
A-bee Ba-bee
1964 栗毛
*Nadir Nasrullah
Gallita
Stay Smoochie Alquest
Paigle

*カウンテスドレスアップ
Countess Dress Up
1967 青毛
*ドレスアップ
Dress Up
1957 鹿毛
Khaled Hyperion
Eclair
Blue Cloth Blue Larkspur
War Cloth
母の母
Countess Lautrec
1961 栗毛
Toulouse Lautrec Dante
Tokamura
Miss Stakes Priam
Miss Mommy
母系(F-No.) (FN:16-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Khaled 3×3、Nearco 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [5]
  3. ^ [4]
  4. ^ [4]
近親
近親には上記の2頭ほか、全姉カウンテスメーカーの産駒に北海優駿優勝馬リバーストンホープがいる。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 『優駿』1985年3月号、日本中央競馬会、159頁
  2. ^ 『優駿』1985年1月号、日本中央競馬会、158頁
  3. ^ a b 『優駿』1985年4月号、日本中央競馬会、158頁
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|カウンテスアツプ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月9日閲覧。
  5. ^ 小林皓正(編) 『サラブレッド血統マップ'93』 コスモヒルズ、1993年、24-25頁。

外部リンク[編集]