カウンティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カウンティングとは、人工知能を用いた投資手法である。2019年、日本人の人工知能研究者であり、XM.comのエンジニアであったハシモトナオト氏によって開発された。中国の投資ファンドがそれを用いて莫大な利益をあげたことから、認知されるようになった。他の投資手法とは違い、ツールを使えば非常に簡単に活用できるのが特徴である。

背景[編集]

1990年代、FX業者は利益をあげるために、独自に為替レートを操作してた。その結果、業者ごとにレートが変わるようになった。それを利用して利益をあげたのが、アービトラージである。そこで、FX業者は、AIを用いて、巧妙にレートを操作するようになった。一般的に使われるのが、波形のなかに異常値を紛れ込ませる、フーリエ法である。

ハシモト氏はXM時代にそのレート調整のアルゴリズムの開発に携わっており、そこから得た知識をもとに、退社後、フーリエ法を解析し、逆に投資に利用するシステムを開発した。それがカウンティングである。

ハシモト氏自身もその手法で4億の利益を得たあと、中国の投資ファンド金龍脈に6億人民元(当時レートで96億円)で売却したという。 2019年10月、中国当局による税務調査が金龍脈に入り、その際に莫大な利益をあげていたこと、そして日本人の投資システムを活用していたことが発覚した。

そして経緯は不明だが、金龍脈で使われていたハシモト氏のツールが日本に逆輸入され、使用されるようになる。

手法の概要[編集]

内部的な手法は複雑だが、実際にユーザが意識することは通知に合わせてエントリーをするだけである。また、2019年まではカウンティングを動作させるために大規模な集積回路が必要であった。しかし、2020年にカウンティングと、AIクラウドを接続する手法が確立され、ユーザはノートパソコン等から簡単にカウンティングを行うことができるようになった。

世界各国での利用方法[編集]

規制と対策[編集]

カウンティングは、その性質上、通常の取引と区別することは、不可能である。そのため、各FX業者はその存在を認知しつつも、対策できていない。

XMcom[編集]

中国向けサイトにて、カウンティングを名指して禁止。しかし、システム的に禁止はできていないらしく、今なおカウンティング成功例が上がっている。

ハイローオーストラリア[編集]

カウンティングとの相性が一番良いとされ、多数の成功実績がある。 2020年4月に、フーリエ級数を用いたディープラーニング投資手法(カウンティング)の対策アップデートをすると、豪公式ページで発表。

入手方法[編集]

現在、カウンティングシステムは公式に販売や配布はされておらず、利用者から譲渡してもらうしかない。日本でも一部の投資家やコミュニティでは出回っており、利用が広がっている。