カイル・ケンドリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カイル・ケンドリック
Kyle Kendrick
ボストン・レッドソックス (マイナー)
Kylekendrick.jpg
フィリーズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1984-08-26) 1984年8月26日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 MLBドラフト7巡目(全体205位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2007年6月13日
年俸 $5,500,000(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
2008年

カイル・ロドニー・ケンドリックKyle Rodney Kendrick, 1984年8月26日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBボストン・レッドソックス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ケンドリックはワシントン州マウントバーノンマウントバーノン高等学校英語版時代にアメリカンフットボールバスケットボール野球の3つのスポーツを掛け持ちした。

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

2003年MLBドラフト7巡目(全体205位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、プロ入り。このためケンドリックは、ワシントン州立大学クォーターバックとしてプレーする機会を断念した。

4年間のマイナー生活を経て2007年フレディ・ガルシア故障者リストに入った後、ケンドリックはメジャー初昇格。6月13日シチズンズ・バンク・パークで行われたシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビューを飾り、初打席でメジャー初安打となる右前打を放った。この試合では6回を投げ3失点という内容だった。

6月18日ロサンゼルス・ドジャース戦で初敗戦を記録。その後の18試合の登板でフィリーズは13試合に勝利し、ケンドリック自身も10勝4敗を記録してフィリーズの地区優勝に貢献した。ナショナルリーグディビジョンシリーズではコロラド・ロッキーズ相手に2試合目で先発した。

この年の新人王投票では7ポイントで5位となり、新人王は128ポイントを獲得したライアン・ブラウンの手に渡った[1]

2008年2月のスプリングトレーニング初日、フィリーズはブレット・マイヤーズが中心となって「お前はコバヤシ・イワムラとの交換トレードで日本(読売ジャイアンツ)へ移籍することになった」とケンドリックにドッキリを仕掛けた。これには彼の代理人や球団の監督であるチャーリー・マニエルなど、球団全員がマイヤーズのグルとなった状態で行われ、まんまと引っ掛かったケンドリックはショックを受けたが、グルの報道陣から日本行きについてコメントを求められていた際に、マイヤーズがMTVの番組パンクトから引用した「punked」と叫んだことでようやくジョークだと気づいた[2] 。なお「コバヤシ」はホットドッグ大食いで有名な小林尊、「イワムラ」はタンパベイ・レイズ岩村明憲からとったとされる。ちなみに、この時の模様がテレビで放送されケンドリックとマイヤーズは共にインタビューを受けていたが、その際に背後から迫ってきたチームメイトに、マイヤーズはパイを顔に付けられ、一応の仕返しとしている。

この年はフィリーズの先発4番手を務めることになった。4月は2勝2敗、5月は2勝0敗、6月は3勝1敗を記録し、この3ヶ月の防御率は4.59だった。しかし7月はその前の3ヶ月間と同じ5本塁打を浴び、防御率も5.02と落ち込んだ 。20試合で8勝4敗は昨季の20試合先発時点での10勝5敗を下回る成績となった[3]。この不調が響き、ケンドリックはポストシーズンのロースターから外れることとなり、その間フロリダ教育リーグでチェンジアップを学ぶこととなった。ワールドシリーズでも引き続きロースターは外れたものの、ベンチ入りは果たした[4]。このシリーズの間はケンドリックは共著でワールドシリーズの日記を連載していた[5]

2009年は怪我の影響で9試合の登板に終わったが、2010年は11勝を挙げて復活。

2011年からは先発陣の状況によっては、リリーフに回ることも多くなっている。

2014年オフにFAとなった。

ロッキーズ時代[編集]

2015年2月4日に1年550万ドルでロッキーズと契約を結んだ[6]。この年は27試合に先発登板して7勝13敗・防御率6.32・80奪三振の成績を残した。同年11月2日にFAとなった[7]

エンゼルス傘下時代[編集]

2016年1月7日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加したが、3回23を投げて被安打14、失点10と振るわず、3月12日に自由契約となった[8]

その後、4月23日ロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結んだ。この年はメジャーでの登板は無く、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・エンゼルスとAAA級ソルトレイク・ビーズでプレーし、2球団合計で20試合(先発19試合)に登板して7勝6敗・防御率4.46・70奪三振の成績を残した。オフの11月7日にFAとなった[9]

レッドソックス時代[編集]

2017年1月18日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[10]。開幕は傘下のAAA級ポータケット・レッドソックスで迎え、5月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。同日のボルチモア・オリオールズ戦で先発したが、4回6失点で敗戦投手となった[11]5月11日にAAA級ポータケットへ降格となり、6月22日に40人枠外となった[9]

投球スタイル[編集]

フォーシームはほとんど投げず、88~92mph(約141.6~148.1km/h)のツーシームが中心である。次いで、85~88mphのカッター、80~84mphのチェンジアップの割合が高い。カーブも投げるが、頻度は高くない。かつてはスライダーもよく投げていたが、2010年頃からは投げなくなった[12]。奪三振率は低く、打たせて取る投球スタイル。2012年には初めて奪三振数が100を超えた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 PHI 20 20 0 0 0 10 4 0 0 .714 499 121.0 129 16 25 3 7 49 0 0 53 52 3.87 1.27
2008 31 30 0 0 0 11 9 0 0 .550 722 155.2 194 23 57 2 14 68 4 1 103 95 5.49 1.61
2009 9 2 0 0 0 3 1 0 0 .750 112 26.1 27 1 9 0 1 15 0 1 11 10 3.42 1.37
2010 33 31 1 0 0 11 10 0 0 .524 771 180.2 199 26 49 4 3 84 1 2 103 95 4.73 1.37
2011 34 15 0 0 0 8 6 0 0 .571 478 114.2 110 14 30 5 7 59 1 1 50 41 3.22 1.22
2012 37 25 1 1 1 11 12 0 2 .478 674 159.1 154 20 49 4 7 116 1 0 76 69 3.90 1.27
2013 30 30 2 1 0 10 13 0 0 .435 800 182.0 207 18 47 4 7 110 3 1 104 95 4.70 1.40
2014 32 32 0 0 0 10 13 0 0 .435 865 199.0 214 25 57 4 11 121 5 0 108 102 4.61 1.36
2015 COL 27 27 0 0 0 7 13 0 0 .350 629 142.1 172 33 45 2 7 80 4 0 102 100 6.32 1.52
通算:9年 253 212 4 2 1 81 81 0 2 .500 5550 1281.0 1406 176 368 28 64 702 19 6 710 659 4.63 1.38
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 38(2007年 - 2015年)
  • 25(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Braun named NL Rookie of the Year Brewers third baseman edges Colorado's Tulowitzki”. MLB.com. 2009年2月9日閲覧。
  2. ^ Milici, Michael; title=Brett Myers is the new Ashton Kootcher (2008年2月16日). Bugs & Cranks. http://www.bugsandcranks.com/philadelphia-phillies/michael-milici/brett-myers-is-the-new-ashton-kootcher/+2008年10月19日閲覧。 
  3. ^ “Kyle Kendrick 2008 Pitching Gamelogs”. Baseball-Reference. http://www.baseball-reference.com/pi/gl.cgi?n1=kendrky01&t=p&year=2008 2008年10月20日閲覧。 
  4. ^ Murphy, David (2008年10月18日). “His changeup improved, Kendrick returns to Phillies”. Philadelphia Daily News. http://www.philly.com/philly/sports/phillies/20081018_His_changeup_improved__Kendrick_returns_to_Phillies.html 2008年10月19日閲覧。 
  5. ^ Kendrick, Kyle; Randy Miller (2008年10月28日). “Kyle Kendrick's World Series diary”. phillyBurbs.com. http://www.phillyburbs.com/pb-dyn/news/102-10282008-1612070.html 2008年11月3日閲覧。 
  6. ^ Kyle Kendrick joins Rockies
  7. ^ Transactions | rockies.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2016年3月14日閲覧。
  8. ^ Creg Stephenson (2016年3月12日). “Atlanta Braves release RHP Kyle Kendrick, demote several top prospects” (英語). AL.com Alabama. Alabama Media Group. 2016年3月14日閲覧。
  9. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年6月23日閲覧。
  10. ^ Adams, Steve (2017年1月18日). “Red Sox Sign Kyle Kendrick To Minor League Deal”. mlbtraderumors.com. 2017年2月13日閲覧。
  11. ^ Machado homers, O's end strained series vs Red Sox with win
  12. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Kyle Kendrick

関連項目[編集]

外部リンク[編集]