カイスハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Kaisheim COA.svg Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
緯度経度: 北緯48度46分
東経10度48分
[1]
標高: 海抜 470 m
面積: 41.56 km²
人口:

3,833人(2015年12月31日現在) [2]

人口密度: 92 人/km²
郵便番号: 86687
市外局番: 09099
ナンバープレート: DON
自治体コード: 09 7 79 169
行政庁舎の住所: Markt Kaisheim
Münsterplatz 5
86687 Kaisheim
ウェブサイト: www.kaisheim.de
首長: マルティン・シャル (Martin Scharr)
郡内の位置
Kaisheim in DON.svg

カイスハイム (Kaisheim) はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す市場町

地理[編集]

カイスハイムはアウクスブルク開発計画地域に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には12の地区 (Ort) からなる[3]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • アルティスハイム
  • ベルクシュテッテン
  • グンツェンハイム
  • ハーフェンロイト
  • カイスハイム
  • ライトハイム
  • ノイホーフ
  • ズルツドルフ

歴史[編集]

カイスハイム修道院教会

カイスハイムは上級代官所とカイスハイム帝国修道院の所在地であった。この修道院は1133年にレヒスゲミュント伯ハインリヒ3世とその婦人であるリウカルディスによって創設された。この修道院は1370年までには帝国修道院となっていたが、帝国直轄となったのは1656年になってからであった。1803年帝国代表者会議主要決議以降、この町はバイエルン領となった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令によって現在の自治体が成立した。1934年にこの町は市場町に昇格した。

この町のラテン名は"Caesarea"、「皇帝の家」を意味する。

人口推移[編集]

  • 1970年 2,657人
  • 1987年 3,378人
  • 2000年 4,144人

行政[編集]

2014年5月1日から、マルティン・シャル (PWG) が町長を務めている。

姉妹都市[編集]

経済と社会資本[編集]

公共施設[編集]

  • カイスハイム刑務所

教育[編集]

  • 国民学校
  • 特別学校(アプト・ウルリヒ・シューレ・カイスハイム)

引用[編集]