カイシェドリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイシェドリース
Kaišiadorys
Kaisiadorys.jpg
カイシェドリースの市章
市章
位置
カイシェドリースの位置(リトアニア共和国)の位置図
カイシェドリースの位置(リトアニア共和国
座標 : 北緯54度52分 東経24度27分 / 北緯54.867度 東経24.450度 / 54.867; 24.450
歴史
文献に登場 1782年 [1]
市に制定 1946年 [1]
行政
 リトアニア
 地方 アウクシュタイティヤ
  カウナス県
 自治体 カイシェドーリス地区自治体
 市 カイシェドリース
人口
人口 2010年現在)
  市域 9,642[1]
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 LT-56001
カイシェドーリス大聖堂

カイシェドーリスリトアニア語: Kaišiadorysポーランド語: Koszedary)は、リトアニア中部の都市。国内の二大都市ヴィリニュスカウナスのほぼ中間に位置する。リトアニア国内にある6つのカトリック教区のうち1つはこの街を中心としている。また、街にはリトアニア獣医学研究所がある。

都市名[編集]

「カイシェドーリス」という都市名は、16世紀にこの地域に住んでいたタタール人貴族のカイシャダルに由来する。

歴史[編集]

1871年にヴィリニュスとリエパーヤを結ぶ鉄道が敷設され、沿線にあったカイシェドーリスは発展をし始める。第一次世界大戦が始まると、1915年、街はドイツによって占領され、この辺りの地域の中心都市となった。1919年にはカイシェドーリスからラドヴィリシュキスまでを走る列車が運行を始める。その後ヴィリニュストラカイポーランド共和国領となると、カイシェドーリスはトラカイ県の中心都市となった。

著名な出身者[編集]

独立回復後初の大統領となったアルギルダス・ブラザウスカスは、幼少時代をカイシェドーリスで過ごした。現在街には彼の名を冠した中学校がある。ヨーロッパで活躍するバスケットボール選手ラムーナス・シシュカウスカスはカイシェドーリスに生まれた。国際的に活躍するリトアニア人初のレーサーカジミエラス・ヴァシリャウスカスもカイシェドーリス出身である。

人口[編集]

カイシェドーリスの人口の変遷は以下の通りとなっている。

  • 1970年 - 4,618人
  • 1974年 - 5,900人
  • 1976年 - 8,100人
  • 1979年 - 9,022人
  • 1989年 - 10,964人
  • 2001年 - 10,002人

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c "Lietuvos statistikos metraštis 2010." Statistikos departamentas. 2010. ISSN 2029-3631. pp.17-20.

関連項目[編集]