カイコウオオソコエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイコウオオソコエビ
Hirondellea gigas.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : フクロエビ上目 Peracarida
: 端脚目 Amphipoda
亜目 : ヨコエビ亜目 Gammaridea
上科 : フトヒゲソコエビ上科 Lysianassoidea
: Hirondelleidae
: Hirondellea
: カイコウオオソコエビ H. gigas
学名
Hirondellea gigas
(Birstein and Vinagradov, 1955)
和名
カイコウオオソコエビ

カイコウオオソコエビ学名Hirondellea gigas)は、節足動物門 甲殻亜門 軟甲綱 端脚目 フトヒゲソコエビ上科に属するヨコエビの一種[1][2]

生息地[編集]

北西太平洋海溝に分布し[3]マリアナ海溝フィリピン海溝ヤップ海溝パラオ海溝日本海溝伊豆・小笠原海溝カムチャッカ海溝で採集されている[4]。水深6000メートル以深の超深海底にのみ生息し、世界で最も深い海であるマリアナ海溝のチャレンジャー海淵(水深10920メートル)にも分布する[4]

特徴[編集]

体は淡い茶色[3]、またはピンクがかった白と描写される[5]。ヨコエビとしては大型の部類になり、体長4.5センチメートル程の大きさになる[3][5]は完全に退化している[3]。触角は短い[要出典]。フトヒゲソコエビ類に共通する特徴であるが、腹部の遊泳脚が発達しており高い遊泳力を持つ[6]

体内に多量の脂肪トリグリセリド)を貯め込んでおり、餌の少ない環境において重要なエネルギー源として機能している。さらに、この脂肪は密度が低く、水中を移動する際に浮力を与えていると考えられる[6]。気温と圧力の変化により、深海底から引き上げると、体内からその脂肪分が溶け出して、抜け落ちてしまうという[5]

深海の水圧条件ではカルシウムが海水中へ溶け出してしまうことが知られている。とりわけ甲殻類貝類にとって、体表構造の主成分たるカルシウムの溶出は致命的であり、これが深海に大型生物が少ない一因と考えられてきた。カイコウオオソコエビの体表を分析したところ、カルシウムでできた外骨格の表面にアルミニウムを多く含む膜のような構造があることが分かった。これは浅海域で得られたヨコエビには見られなかった。分析の結果、カイコウオオソコエビは海底の堆積物に含まれるアルミニウムを抽出して、アルミニウム化合物を含んだゲル状の物質として身にまとい、カルシウムの溶出を防いでいることが明らかになった[7]

フィリピン海溝、マリアナ海溝、パラオ海溝の3か所で採集された標本を比較した研究によれば、海溝によって形態に差がみられる[8]。マリアナ海溝の超深海に生息する種は、他の種とは違い隔絶して独自の種へと変わりつつある進化の途上ではないかともいわれている。

生態[編集]

生息域が深海底のため、詳しい生態は不明である。日本JAMSTECが行った調査によれば、他の生物の遺骸や植物片を餌としていると考えられ、植物性多糖を分解するセルラーゼなど数種類の酵素を持っていることが明かとなった[9]。 ベイトランダーを使用した調査においては、群れをなして魚肉を食べる様子や、他のヨコエビPrincaxelia jamiesoniに捕食される様子が観察されている[10]

世界最深部での発見[編集]

1995年に、日本の海洋研究開発機構の無人探査機かいこうによって、マリアナ海溝チャレンジャー海淵深度10920m付近において、採集された[11]

当初、これほどの深度に大きな生物は生息していないと思われたが、餌を仕掛けたところ多数が集まってきたという。超深海の高水圧と暗黒の中で進化し生息していることは、当時の研究者達を驚かせた。

その後1998年にも調査が行われ、地球最深部に住む動物の一つとして有名になった[5]

参考文献[編集]

  1. ^ Species: Hirondellea gigas (Birstein & Vinogradov, 1955) カイコウオオソコエビ”. Biological Information System for Marine Life. 国際海洋環境情報センター. 2012年2月15日閲覧。
  2. ^ Lowry, J.K.; Stoddart, H.E. (2010). “The deep-sea scavenging genus Hirondellea (Crustacea: Amphipoda: Lysianassoidea: Hirondelleidae fam. nov.) in Australian waters” (PDF). Zootaxa 2379: 37-55. ISSN 1175-5334. http://www.mapress.com/zootaxa/2010/f/zt02329p055.pdf. 
  3. ^ a b c d 千葉県立中央博物館 (2006年6月20日). “世界一深い海にすむカイコウオオソコエビ”. 千葉県立中央博物館平成18年度企画展「驚異の深海生物 未知の深世界を探る」展示品の一部紹介. 2012年1月18日閲覧。
  4. ^ a b 土田真二「カイコウオオソコエビ」『潜水調査船が観た深海生物 深海生物研究の現在』藤倉克則・奥谷喬司・丸山正(編著)、東海大学出版会、2008年、253頁。ISBN 978-4-486-01787-5
  5. ^ a b c d 北村雄一『深海生物ファイル』ネコ・パブリッシング、2005年、210頁。ISBN 978-4777051250
  6. ^ a b K. L. Smith Jr., R. J. Baldwin (1982). “Scavenging Deep-Sea Amphipods: Effects of Food Odor on Oxygen Consumption and a Proposed Metabolic Strategy”. Marine Biology 68 (3): 287-298. 
  7. ^ Kobayashi, H.; Shimoshige, H.; Nakajima, Y.; Arai, W.; Takami, H. (2019). “An aluminum shield enables the amphipod Hirondellea gigas to inhibit deep-sea environments”. PlosOne: 17. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0206710. 
  8. ^ France, Scott C. (1993). “Geographic variation among three isolated population of the hadal amphipod Hirondellea gigas (Crustacea: Amphipoda: Lysianassoidea)” (PDF). Marine Ecology Progress Series 92: 277-287. doi:10.3354/meps092277. ISSN 01718630. http://www.int-res.com/articles/meps/92/m092p277.pdf. 
  9. ^ マリアナ海溝世界最深部に生息する超深海性ヨコエビの特異な生態の解明と新規セルラーゼの発見 海洋研究開発機構
  10. ^ NHKスペシャル ディープ オーシャン超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦 2017年8月27日(日)午後9時00分~9時49分放送
  11. ^ 久保川勲『深海』誠文堂新光社、2001年、71頁。ISBN 4416201060

外部リンク[編集]