オーヴァーキル (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーヴァーキル
OVERKILL
Overkill Party.San Metal Open Air 2017 20.jpg
ドイツ・シュロトハイム公演 (2017年8月)
Overkill logo.svg
バンド ロゴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州オールド・ブリッジ・タウンシップ
ニューヨーク州ブロンクス
ジャンル スラッシュメタル[1]
スピードメタル
グルーヴ・メタル
ヘヴィメタル[1]
活動期間 1980年 - 現在
レーベル メガフォース・レコード
アトランティック・レコード
CMCインターナショナル
スピットファイア・レコード
リゲイン・レコード
Bodog
ニュークリア・ブラスト
Entertainment One Music
公式サイト wreckingcrew.com
メンバー ボビー・エルズワース (Vo)
D.D.ヴァーニ (B)
デイヴ・リンスク (G)
デレク・テイラー (G)
ジェイソン・ビットナー (Ds)
旧メンバー 別記参照

オーヴァーキルOVERKILL) は、アメリカ合衆国出身のスラッシュメタルバンド

米東海岸を代表するスラッシュメタル・バンドとして、同地域の「アンスラックス」らと並び黎明期から活動する先駆者的グループ[2]

概要[編集]

初期はNWOBHMの影響を受けつつも、パンク・ロック出身のメンバーによるスピードとアグレッシブが加えられ、パワー・メタルからスラッシュメタルへ移行し、同シーンの確立に大きく寄与した。

多くのスラッシュメタル・バンドが、1990年代初頭を境に路線変更したり解散したりする中、当バンドも1993年発表の6thアルバム『I Hear Black』で、スピードを抑えたグルーヴ路線に変更したものの、その後は再びスラッシュメタル路線に回帰。以来、コンスタントに活動を続けている[3]

略歴[編集]

USA.ロサンゼルス公演 (2005年9月)
ドイツ・ベルリン公演 (2010年)
ドイツ・ゲルゼンキルヒェン公演 (2015年5月)
  • 1982年、D.D.ヴァーニ(B)とラット・スケイツ(Ds)が在籍していたパンク・ロックバンドLUBRICUNTSにボビー“ブリッツ”エルズワース(Vo)、ボビー・ガタフソン(G)が加入し、オーヴァーキルと改名し、1983年にデモ・テープ『Point in Black』を制作、その後『Metal Massacre V』などのコンピレーションに参加する。
  • 1984年、アズラ・レコードよりEP『Overkill』をリリース。
  • 1985年、メガフォース・レコードより、1stアルバム『Feel the Fire』でアルバム・デビューを行う。
  • 1987年、アトランティック・レコードよりメジャー・デビューとなる、2ndアルバム『Taking Over』をリリース。
  • 1988年、3rdアルバム『Under the Influence』をリリース。
  • 1989年、テリー・デイトのプロデュースによる4thアルバム『The Years of Decay』をリリース。
  • 1990年、5月に初来日公演を行う(ウドー音楽事務所が招聘)。オリジナル・ギタリストのボビー・グスタフソンが脱退し、後任に元フェイス・オア・フィアーのメリット・ギャントとロブ・キャナヴィーノが加入し、ツイン・ギター編成となる。
  • 1991年、9月に再びテリー・デイトのプロデュースによる5thアルバム『Horrorscope』をリリース。
  • 1992年、ボブ“シド”ファルクが脱退し、後任としてティム・マレアーが加入。
  • 1993年、6thアルバム『I Hear Black』をリリース。
  • 1994年、7thアルバム『W.F.O.』をリリース。
  • 1995年、ライブアルバム『Wrecking Your Neck』をリリース。
  • 1996年、8thアルバム『The Killing Kind』をリリース。
  • 1997年、9thアルバム『From The Underground And Below』をリリース。
  • 1999年、10thアルバム『Necroshine』及びカバー集『Coverkill』をリリース。
  • 2000年、11thアルバム『Bloodletting』をリリース。
  • 2001年、2月に来日公演を行う。
  • 2002年、ライブアルバム『Wrecking Everything』をリリース。
  • 2003年、コリン・リチャードソンのプロデュースによる12thアルバム『Kill Box 13』をリリース。
  • 2004年9月、日本の音楽フェス「THRASH DOMINATION 04」出演で来日し、デス・エンジェルフロットサム・アンド・ジェットサムと共演を行った。
  • 2005年、セルフ・プロデュースによる13thアルバム『ReliXIV』をリリース。ドラムスのティム・マレアーが脱退し、後任としてロン・リップニッキが加入。
  • 2007年、14thアルバム『Immortalis』をリリース。
  • 2010年、15thアルバム『Ironbound』をリリース。「THRASH DOMINATION」出演の来日公演[4]
  • 2012年、16thアルバム『The Electric Age』をリリース[5]
  • 2014年、17thアルバム『White Devil Armory』をリリース[6]。翌年に「THRASH DOMINATION」出演の来日公演[7]
  • 2016年、ロン・リップニッキ(Ds)が脱退。
  • 2017年、18thアルバム『The Grinding Wheel』をリリース[8]。ジェイソン・ビットナー(Ds)が加入。

備考[編集]

  • ニュージャージー州出身であるが、ニューヨーク州ブロンクスを拠点に活動している。
  • バンド・ロゴでは「OVER KILL」と2ワードに見えるが、正式な綴りは1ワードの「OVERKILL」である。
  • バンド名はモーターヘッドのアルバム『OVERKILL』(1979年)より命名された。
  • オーヴァーキルの前身バンドLUBRICUNTSには、短期間であるが後にアンスラックスに加入するダン・スピッツが在籍していた。
  • ボビーはインタビューで『Ironbound』、『Horrorscope』、『Feel the Fire』を特に気に入っているアルバムとして挙げている[3]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

ギター

  • ロバート・ピサレック Robert "Riff Thunder" Pisarek (1980-1981)
  • アンソニー・アメンドーラ Anthony Ammendola (1981)
  • ダン・スピッツ Dan Spitz (1981) アンスラックスに加入
  • リッチ・コンテ Rich Conte (1981-1982)
  • マイク・シェリー Mike Sherry (1981-1982)
  • ジョー Joe (1982)
  • ボビー・グスタフソン Bobby Gustafson (1982-1990)
    脱退後はカナダのスクリューへ加入する。1993年頃はスレイヤーを脱退したドラムのデイヴ・ロンバードのバンドクリップ・インクに参加し、2001年から2005年にはフロリダのレスポンス・ネガティブに在籍していた。
  • ロブ・キャナヴィーノ Rob Cannavino (1990-95)
  • メリット・ギャント Merritt Gant (1990-95)
    加入前はベイエリア・スラッシュメタルバンドのフェイス・オア・フィアーに在籍していた。
  • ジョー・コミュー Joe Comeau (1995-99)
    オーヴァーキル脱退後、アナイアレーターにヴォーカルとして加入する(現在は脱退)。
  • セバスチャン・マリノ Sebastian Marino (1995-2000)

ドラムス

  • ラット・スケイツ Rat Skates aka Lee Kundrat (1980-87)
  • マーク・アーチボル Mark Archibole (1987)
  • ボブ“シド”ファルク Bob 'Sid' Falck (1987-1992)
    デンマーク人。オーヴァーキル加入前は、元アイアン・メイデンポール・ディアノのバンド、バトルゾーンに在籍していた。
  • アンディ・ジョーンズ Andy Jones (1992-1993)
  • ティム・マレアー Tim Mallare (1993-2005)
  • ロン・リップニッキ Ron Lipnicki (2005-2016)

サポート・メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

シングル・ミニアルバム[編集]

  • 1984年 Overkill
  • 1988年 !!!Fuck You!!!
  • 1988年 Hello from the Gutter
  • 1992年 Live to the core
  • 1992年 Infectious
  • 1993年 I Hear Black
  • 1993年 Spiritual Void
  • 1994年 Fast Junkie
  • 1997年 The Rip 'n Tear

ライブ[編集]

ベスト[編集]

  • 2002年 Hello from the Gutter
  • 2002年 Then and Now
  • 2004年 Unholy
  • 2005年 Devil by the Tail

上記4枚は非公認アルバム。

コンピレーション[編集]

デモ[編集]

  • 1983年 Power in Black
  • 1984年 Feel the Fire
  • 1984年 Rotten to the Core

ビデオ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]