オーレオマルギナータ (ギボウシ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーレオマルギナータ
P7205446オーレオマルギナータ.jpg
夏に咲く花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : リュウゼツラン亜科 Agavoideae
: ギボウシ属 Hosta
: H. fortunei
変種 : H. f. var. aureomarginata
学名
Hosta fortunei var. aureomarginata[1]

オーレオマルギナータは、ギボウシの一種Hosta fortuneiの一変種である。

濃いオリーブがかったクリーム色の縁取り()が入り、鮮明な葉脈が見られる。葉長は20cm前後とギボウシとしては中型だが、株は株分け後、数年で直径1m以上、草丈も50cm以上となることもあり、大型化し見ごたえがあり春から秋までの期間、美しく庭を彩る。一般にギボウシは半日陰または日陰を好みシェードガーデンに好まれるが、本品種は比較的日射しにも強く、暑さ、寒さにも強い強健種だが、乾燥には弱い。

脚注[編集]

  1. ^ Hosta fortunei var. aureomarginata in RHS”. 2012年8月14日閲覧。