オール三菱ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オール三菱ライオンズ
基本情報
メインスポンサー 三菱UFJ銀行
東京海上日動火災保険
三菱電機
創設年 2001年
所属リーグ
リーグ Xリーグ・X1 SUPER
本拠地
本拠地 東京都八王子市
組織
ヘッドコーチ 林顕
成績
2018シーズン BATTLE9 2位
BATTLE9優勝 5回 (2013年・2014年・2015年・2016年・2017年)
獲得タイトル
※獲得タイトルなし
外部リンク
公式サイト

オール三菱ライオンズALL MITSUBISHI LIONS)は、日本アメリカンフットボールチーム(クラブチーム)でXリーグ1部に所属する。本拠地は東京都八王子市

概要[編集]

三菱グループのアメフトチームのうち、2001年東京三菱銀行センチュリアンズ東京海上ドルフィンズの2チームが統合して「LIONS」発足。2003年には三菱電機ソシオテックスが合流し、現在の「オール三菱ライオンズ」となった。

なお、同じ三菱グループの明治安田生命保険相互会社にもアメフット部「明治安田PentaOceanパイレーツ」があるが、元々は旧安田生命保険相互会社(安田財閥芙蓉グループ系列)時代の「安田生命ワイズレッドライオンズ」として発足し、明治安田合併後の「明治安田L.A.クレイドルズ」を経た後、同じ芙蓉グループの「五洋建設パイレーツ」との合併により「明治安田パイレーツ」となり、後に現行のチーム名となったものである。そのため現在もライオンズには参加せず、独自のチームとして活動している。また、三菱商事もライオンズには参加せず、三菱商事CLUB TRAIAXのスポンサーとして加わっている。

歴史[編集]

2001年三菱グループ東京三菱銀行センチュリアンズ東京海上ドルフィンズが合併して「LIONS」が創部[1]

2003年三菱電機ソシオテックスが加わり、「オール三菱ライオンズ」となる。

2011年度シーズンは初のセカンドステージに進出。オービックシーガルズアサヒ飲料チャレンジャーズに連敗するも、初のプレーオフ出場を果たす。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]