オールドマン累層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オールドマン累層(オールドマン層とも)は、カナダアルバータ州にある後期白亜紀カンパニアン期の地層。主に河川氾濫洪水によって堆積された砂岩で構成されている。名前はレスブリッジセントマリー川の間に位置するオールドマン川に由来する。恐竜化石を産出する地層として有名である。[1]

堆積学[編集]

オールドマン累層は、主に明るい黄色みがかった色の細かい砂岩で構成されている。露頭は表面が粗く、濃淡にむらがある。 構成にはわずかにシルトと泥砂も含まれている。[2]

保存環境[編集]

オールドマン累層の沈殿物は河川の氾濫その他の川に関するイベントにより堆積されたものである。40mの厚みがあり、アルバータ州南部の州立恐竜公園に位置する。南西に向かって厚みを増す。モンタナ州北西部が堆積物の主な起源であったと思われる。[2]

年代[編集]

オールドマン累層はカンパニアン期中期(約7750万~7650万年前)の化石を保存している。[3] 地磁気極性年代表(火山岩の放射年代と古地磁気極性の変化の組み合わせによる年代測定から作られた年代表)では完全に Chron 33n に該当する。[4]

動物相[編集]

オールドマン累層で発見された動物のリスト:[3][5]

獣脚類[編集]

オールドマン累層から報告されている獣脚類
場所 層序 標本 メモ 画像

ダスプレトサウルス

D. torosus

上部から下部

複数の標本

ティラノサウルス類

ダスプレトサウルス
ドロマエオサウルス
ヘスペロニクス

ドロマエオサウルス

不確定

ドロマエオサウルス類

ヘスペロニクス

H. elizabethae

後肢の爪

ドロマエオサウルス類

パロニコドン

不確定

トロオドン類

プリスマトーリトゥス[6]

P. levis

12個の卵を含む断片的な巣(clutch)

リカルドエステシア

不確定

ドロマエオサウルス類

サウロルニトレステス

S. langstoni

断片的な化石

ドロマエオサウルス類

トロオドン

T. formosus

歯、卵、胚

トロオドン類。ダイナソーパーク累層ジュディスリバー累層トゥーメディスン累層からも産出。

鳥盤類[編集]

オールドマン累層から報告されている鳥盤類

場所 層序 標本 メモ 画像

アルベルタケラトプス

A. nesmoi

下部

ケラトプス類

アルベルタケラトプス
ブラキロフォサウルス
カスモサウルス
コロノサウルス
コリトサウルス
パラサウロロフス
スコロサウルス

アルベルタドロメウス[7]

A. syntarsus

上部

テスケロサウルス類

アンキケラトプス

不確定

ケラトプス類

ブラキロフォサウルス

B. canadensis

上部

ハドロサウルス類

カスモサウルス

C. russelli

上部

ケラトプス類。ダイナソーパーク累層からも産出。

コロノサウルス

C. brinkmani

上部

ケラトプス類

コリトサウルス

C. casuarius

上部

ハドロサウルス類。ダイナソーパーク累層からも産出。

パラサウロロフス

P. walkerii

上部

ハドロサウルス類。ダイナソーパーク累層からも産出。

スコロサウルス

S. cutleri

上部

アンキロサウルス類。恐らくダイナソーパーク累層からも産出。

ウェンディケラトプス

W. pinhornensis

下部

2015年発見のセントロサウルス亜科

脚注[編集]

  1. ^ Eberth, D.A. and Hamblin A.P. 1993. Tectonic, stratigraphic, and sedimentologic significance of a regional discontinuity in the upper Judith River Group (Belly River wedge) of southern Alberta, Saskatchewan, and northern Montana. Canadian Journal of Earth Sciences 30: 174-200.
  2. ^ a b Eberth, D.A. 2005. The geology. In: Currie, P.J., and Koppelhus, E.B. (eds), Dinosaur Provincial Park: A Spectacular Ancient Ecosystem Revealed. Indiana University Press: Bloomington and Indianapolis, p. 54-82. ISBN 0-253-34595-2.
  3. ^ a b Arbour, V. M.; Burns, M. E.; Sissons, R. L. (2009年). “A redescription of the ankylosaurid dinosaur Dyoplosaurus acutosquameus Parks, 1924 (Ornithischia: Ankylosauria) and a revision of the genus”. Journal of Vertebrate Paleontology 29 (4): 1117–1135. doi:10.1671/039.029.0405. 
  4. ^ Lerbekmo, J.F. 1989. The position of the 33-33r (Campanian) polarity chron boundary in southeastern Alberta. Bulletin of Canadian Petroleum Geology 37: 43-47.
  5. ^ Weishampel, D.B., Barrett, P.M., Coria, R.A., Le Loueff, J., Xu X., Zhao X., Sahni, A., Gomani, E.M.P., & Noto, C.N. 2004. Dinosaur distribution. In: Weishampel, D.B., Dodson, P., & Osmólska, H. (Eds.). The Dinosauria (2nd Edition). Berkeley: University of California Press. Pp. 517-606.
  6. ^ Zelenitsky, Darla K.; Hills, L.V. (1996年). “An egg clutch of Prismatoolithus levis oosp. nov. from the Oldman Formation (Upper Cretaceous), Devil's Coulee, southern Alberta”. Canadian Journal of Earth Sciences 33 (8): 1127–1131. doi:10.1139/e96-085. 
  7. ^ Brown, C. M.; Evans, D. C.; Ryan, M. J.; Russell, A. P. (2013年). “New data on the diversity and abundance of small-bodied ornithopods (Dinosauria, Ornithischia) from the Belly River Group (Campanian) of Alberta”. Journal of Vertebrate Paleontology 33 (3): 495. doi:10.1080/02724634.2013.746229.