オールスター赤面申告!ハプニング大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オールスター赤面申告ハプニング大賞』(オールスターせきめんしんこくハプニングたいしょう)は、TBS系列1993年春から2008年春にかけて、毎年春と秋と年末・正月の番組改編期に放送された特別番組。いわゆるNG集番組である。

オールスター感謝祭の姉妹番組で、ほぼ同時期(春と秋は金曜テレビの星!スーパーフライデー金スペ!水トク!枠)に放送されていた。

略称は赤面申告、もしくはハプニング大賞

なお、2008年春の放送を以て終了し、同年秋からは同じような趣旨の番組として『ハプニング名珍場面 日本全国プレミア映像スペシャル』が放送された。

番組概要[編集]

  • 毎回恒例の人気番組のハプニングが勢ぞろい、テレビドラマバラエティ番組報道JNN系列のローカル番組が至るまで数々の爆笑シーンを徹底的に盛りだくさんである。賞は小ハプニング大賞(20万円)と中ハプニング大賞(50万円)そしてグランプリにあたる大ハプニング大賞(200万円)の3つだが、中と大の大賞発表の間には時々、特別ハプニング大賞(特別賞)という賞もある。
  • そして、ハプニング大賞の発表する時に選定委員長の堺正章マイクで頭を突付いて演出。また、ハプニング大賞を発表しようとすると、堺正章のボケが連発し、スタジオで意図的なハプニングを起こす。有名なネタとして、「さかさまです(または“でした”)!」「ゴン!!(マイクに激突)「う〜ら〜め〜し〜や〜〜」、その他、大賞受賞番組の書かれた冊子を誤って投げ飛ばすあるいは落とすなど。ある意味、番組制作費をもっとも使っている部分ともいえる(これに関しては司会の渡辺徹が「この部分に一番お金かけてます!」と発言したこともある。プレゼンターのボケは、同局で放送された『クイズまるごと大集合』のビートたけし譲り)。のちに、小ハプニング大賞の時に冊子を大げさに広げるボケを野際陽子もやるようになった(ただ、これは一定)。一時期に制作費をコレに使いすぎた為豪華だった時期があった。春は続けて“大ハプニング大賞”が発表されるが、秋は一旦CMが入る。大賞発表の際、様々な仕掛けが組まれ、2006年秋からはお笑い芸人がサプライズゲストとして登場する。2006年秋には渡米前のなかやまきんに君2007年新春は獅子舞にサングラス姿のたむらけんじ、2007年春は小梅太夫、2007年秋はULTRASEVEN X(芸人以外が登場した例外パターン)、2008年新春は藤崎マーケットの2人、2008年春は芋洗坂係長がサプライズゲストとして出演した。他にも、『関口宏の東京フレンドパークII』のフランキー為谷が現れて、「ウオールクラッシュ」の如くスタジオの壁に貼り付くシーンも有った。
  • 「JNN各局面白ハプニング」というコーナーがあるが、2000年代に入り特に女性アナウンサーのハプニングが多かった事から、2005年春の放送からは竹山隆範が女性アナウンサーの評論家となり、TBSやJNN各局の女性アナウンサーのハプニングを紹介する「JNN女子アナハプニング集」というコーナーが放送されている(のちにTBSアナウンサーのハプニングは「TBS女子アナハプニングコレクション」として独立)。2006年春からは南海キャンディーズ山里亮太がキャスター、山崎静代がコメンテーターとなり、JNN各局を擬似リレーで結んだ「JNNハプニングニュース」というコーナーが放送された。2008年新春及び春は「TBS女子アナハプニングコレクション」と「JNNハプニングニュース」が合体した「JNN女子アナハプニングコレクション」として放送された。

系列局の対応[編集]

  • 同特番の春季放映分でMBSほか一部放送局ではプロ野球中継のため、別の日に放映されるか、あるいは放映されない(番組返上になる)ことがある。但し、北海道放送北海道日本ハムファイターズ)と福岡のRKB毎日放送福岡ソフトバンクホークス)では協定の関係から、TBSが対巨人戦の放送がある日時でない限り、ローカルでの野球中継の放送を避けている関係上、野球中継の有無に関係なく、同特番の春季放映分もTBSと同時ネットで予定通り放送されるため、北海道、福岡県地方で放送されなくなることは全くない。
  • また、2005年の春の放送では、TBC東北楽天ゴールデンイーグルスホーム開幕戦放送の関係で同時放送されなかった。(別の日に放送してほしいと言う意見がTBCに殺到したが、結局、放送されることはなかった。TBCがTBSのバラエティ番組放送時に野球中継に差し替えとなったのは2005年度では唯一この回のみである)。2006年春季放映分(2006年3月31日放送)は野球中継を行うCBC(ナゴヤドームの中日・広島戦 東海3県のローカル放送のみで相手局RCCへのネットは巨人戦差し替えでないためネット受け・自社での実況差し替え共行われなかった)を除き、すべての地域で放送された。
  • また、秋季放送分ではCBCが2003年と2005年に中日ドラゴンズ戦中継のため放映されない予定だったが、いずれも直前で他チームが優勝を決めたため放送された。

出演者[編集]

司会[編集]

基本的に渡辺徹と女性アナウンサー2名による3人体制。以下は現時点の最終回である2008年春の回のもの。

過去には雨宮塔子久保田智子小林麻耶も司会を務めていた。
また、2007年正月分は他番組収録との兼ね合いで小林アナが本番組の収録に参加できず(「TBS女子アナハプニングコレクション」への出演はあり)、出水アナが代行で出演した。

ハプニング大賞選定委員[編集]

ナレーター[編集]

JNN各局ハプニング集[編集]

(2006年新春)

  • OBS大分放送 小野亜希子(アナウンサー) イカの漁師体験をしている最中に、イカに墨を顔に吹きかけられる
  • SBC信越放送 山崎昭夫 (アナウンサー)"ベニズワイガニ"と紹介しなければいけないのにベニズワイガメと紹介してしまった
  • SBS静岡放送 静岡県の金谷町で、小学生が"お茶のがぶ飲み大会"でチャレンジしたけど、あふれた事
  • MRT宮崎放送 山田舞 デザートを紹介している時に、歯にチョコレートがついてしまった
  • TUTチューリップテレビ 槙谷茂博(キャスター)バッティングセンターで予告ホームランを宣言して、実際にホームランをして、次の打球が右胸に、当たってしまった

過去の大ハプニング大賞受賞番組(受賞者)[編集]

なお、飯島がNGを出した際にスタッフの反応がなく織田裕二も苦笑いだけしており、飯島が詫びるとスタッフからあえなく“ハプニング大賞行き”を宣告された。
同じシーンで、「X線検査場が混雑」がなかなか言えず5回噛んだシーン。TAKE5は言えたもののニヤケが止まらずNG。TAKE6はクリアしたが竹中直人がアドリブの歌を間違えてNG。
6:58の時刻アナウンスのシーンで、洪英姫が「まもなく6時58分、まもなくろく"ごじ"…ろくじごじゅうはちふん。」と時刻読みを噛んだ。
獲得した賞金100万円は同番組の「ハプニング大賞受賞記念 生活応援 毎日現金10万円プレゼント」として現金10万円が10名に当たる視聴者プレゼント(2008年1月14日〜18日、21日〜25日に実施)に廻された。

スタッフ[編集]

TBS系列 NGバラエティ番組
前番組 番組名 次番組
オールスター赤面申告!
ハプニング大賞