オーラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Auramine O

固体

水溶液
識別情報
CAS登録番号 2465-27-2 チェック
PubChem 17170
ChemSpider 16254 チェック
特性
化学式 C17H22ClN3
モル質量 303.83 g mol−1
融点

267 °C, 540 K, 513 °F

危険性
Rフレーズ R22 R24 R40
Sフレーズ S36/37 S45
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オーラミン(Auramine O)は、蛍光染色に用いられるジアリルメタン色素である。純粋なものは黄色の針状結晶となる。水に非常に溶けやすく、エタノールにも溶ける。

オーラミンは、抗酸染色と同様に、細胞壁ミコール酸を含むマイコバクテリウム属等の抗酸菌の染色にも用いることができる[1]。また、蛍光のシッフ試薬としても用いることができる[2]

また、ローダミンBとともに結核菌オーラミン-ローダミン染色に用いたり[3][4]殺菌剤としても用いられる。

かつて日本ではたくあんなどの着色料に用いられていたが、毒性の強さが問題視されて1953年に使用禁止となっている[5]

出典[編集]

  1. ^ Kommareddi S, Abramowsky C, Swinehart G, Hrabak L (1984). “Nontuberculous mycobacterial infections: comparison of the fluorescent auramine-O and Ziehl-Neelsen techniques in tissue diagnosis”. Hum Pathol 15 (11): 1085–9. doi:10.1016/S0046-8177(84)80253-1. PMID 6208117. 
  2. ^ Khavkin T, Kudryavtseva M, Dragunskaya E, Polotsky Y, Kudryavtsev B (1980). “Fluorescent PAS-reaction study of the epithelium of normal rabbit ileum and after challenge with enterotoxigenic Escherichia coli”. Gastroenterology 78 (4): 782–90. PMID 6986320. 
  3. ^ Truant J, Brett W, Thomas W (1962). “Fluorescence microscopy of tubercle bacilli stained with auramine and rhodamine”. Henry Ford Hosp Med Bull 10: 287–96. PMID 13922644. 
  4. ^ Arrowood M, Sterling C (1989). “Comparison of conventional staining methods and monoclonal antibody-based methods for Cryptosporidium oocyst detection”. J Clin Microbiol 27 (7): 1490–5. PMC: 267601. PMID 2475523. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC267601/. 
  5. ^ 消費者問題と消費者行政の歩み、関西消費者協会

外部リンク[編集]