オープン・ウォーター2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オープン・ウォーター2
Open Water 2: Adrift
監督 ハンス・ホーン
脚本 アダム・クルートナー
ディヴィット・ミッチェル
製作 ダン・マーグ
フィリップ・シュルツ=ダイル
製作総指揮 ステファン・バース
音楽 グイド・ツェッティア
撮影 ベルンハルト・ヤスパー
編集 クリスチャン・ロンク
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ショウゲート
公開 ドイツの旗 2006年8月10日
イギリスの旗 2006年9月1日
日本の旗 2007年7月28日
アメリカ合衆国の旗 劇場未公開
上映時間 94分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
前作 オープン・ウォーター
テンプレートを表示

オープン・ウォーター2』(Open Water 2: Adrift)は、2007年公開のドイツ映画である。ハンス・ホーン監督。

前作『オープン・ウォーター』はアメリカ映画だったが、本作はドイツ制作になっている。また前作同様、実話をもとにした海上サスペンス作品である。

ストーリー[編集]

大型ヨットでのクルーズ中、泳ごうとして乗客6名全員が海へと入るが、不注意で甲板に上がるためのハシゴを下ろしていなかった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

関連項目[編集]

この映画の状況で自分達なら生還できると思うので試したい、という依頼があり、竹山探偵が依頼者らが提案した生還方法を試した、しかし水中に入った時点で脱落する参加者などもい、行き当たりばったりなやり方の為誰一人として「生還」を果たすことは出来なかった。(そもそもバラエティ番組なので十分な検証をもって行ったわけではない)

外部リンク[編集]