オードトワレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オードトワレのボトル

オードトワレ: eau de toilette、フランス語: [o d(ə) twalɛt])は、香りが薄めのコロンで、芳香剤として肌につけられる[1][2][3]。文字通りには「トイレの水」という意味だが、ここでの「トイレ」は「身づくろい」を意味する[4]。アルコール度数は高い[5]。通常は、入浴やひげ剃りの後に直接肌に塗って使われる[6][7]。元々はアルコールと様々な精油で作られていた[8]。伝統的にはこれらの製品はその主成分に因んで名前がつけられており、ゼラニウム水、ラベンダー水、ライラック水、スミレ水、スピリット・オブ・ミルキアなどがある[9]。このため、オードトワレは英語で「花の水 (flower water)」と呼ばれることもあった[10]

現代の香水においては、オードトワレという用語は一般的に芳香の濃度を表すのに用いられる。オードトワレはオードパルファンよりも弱く、オーデコロンよりは強い[11][12]

種類[編集]

香水の調合(1910年)

オードトワレは純粋な香水よりも芳香の濃度が薄い[13][14]。芳香成分の濃度は通常以下の通りである(濃度昇順)

  • スプラッシュ、アフターシェイブ:1–3% 芳香族
  • オーデコロン:約2–6%の香料濃度芳香族の柑橘系香水[15]
  • オードトワレ:5–15% (普通は10%前後)
  • オードパルファン、パルファンドトワレ:10–20% (普通は15%前後)「オードパフューム」や「ミレジム」と書かれることもある。
  • パフュームエクストラクト:15–40%(IFRA(国際香粧品香料協会) によると普通は20%)

香油は溶媒で希釈されることが多いが、必ずしもされるわけではなく、その必要性が論じられている。香油希釈に最も一般的な溶媒はエタノールまたはエタノールと水の混合物である。パルファンは約10–20%の香油をアルコール(芳香臭を運ぶ拡散剤として機能する)と微量の水に混合したものである。コロンには混合物中に80-90%のアルコールと約3-5%の香油、5-15%の水を含んでいる。元々、オーデコロンはレモン、オレンジ、タンジェリン、ライム、グレープフルーツなどの果物から作られる柑橘油を混合したものであった。これらはラベンダーやネロリ(オレンジフラワー油)のような物質と組み合わされた。トワレに含まれる何らかの香油成分は2-8%で、分散剤のアルコールが60-80%残りは水である[16]。トワレは上記のアルコールを基本とする香水の中では濃度が低目である。伝統的にコロンは普通柑橘油と香料でできているが、トワレはこの仕様に縛られない[17][18]

歴史[編集]

多くの本では、14世紀にオーデコロンの前進にあたるハンガリーのオードトワレが作られた、となっている[19]。あるハンガリー人が、最初のアルコールベースの香水として知られるものを、70代のハンガリー女王エルジェーベト (1305–1380) のために作ったという[20]。隠者または天使が女王にレシピを授けたという人もいる[21]。「女王の水(eau de la reine de hongrie)」またはハンガリー水として知られるこのオードトワレは、ローズマリーを含み、肌につけて香りをゆっくり揮発させて使った[22][23]。しかし、ヨハン・ベックマン英語版によると、女王エルジェーベトのために14世紀のハンガリーで作られたというのは、ありそうもないことである[21]。箔付けのための宣伝文の可能性が高いと考えられている[21]

フランス王ルイ14世(1638–1715)は衣服に香りをつけるために「天上の水」と呼ばれる香りの調合品を用いた。これはアロエウッドムスク、オレンジフラワー、バラ水、その他の香辛料からなっていた[24]

オードトワレのいくつかは、かつて医学的なメリットを有する肌修復化粧水と考えられていた[25][26][27]。ジャーナルMedical Recordは1905年に、オードトワレを肌に吹きかけると、職場や社会、家庭で消耗した精力を回復させると報告している[28][29]。14世紀から16世紀の間には「ペスト水」という種類のオードトワレが腺ペストを駆逐すると考えられていた[30][31]

バリエーション[編集]

現代のオードトワレの条件に合致しているとは限らない。

  • カルメル会のメリッサ水フランス語版 – 14世紀(1379年という情報もある)にカルメル会修道院の修道女たちによって作られた芳香性のアルコール溶液。修道院は広大な薬草園を持ち、気付け薬(嗅ぎ薬)として専売していた[32]シャルル5世が使用したと言われる。レモンバーム、オレンジの花、アンジェリカの根、香辛料からなる[33][34][35][36]
  • アンバーラベンダー水(Eau de lavand ambre) –スペイン女性に人気がある。入浴後に、肌だけでなく髪にも用いる[37]
  • フロリダ水 – 19世紀に売られていた、花の精油を材料とするオードトワレの調合法に基づいている[38]
  • ハニーウォーター[16] – 昔のイギリスのトワレ水。イギリス調合公定書注解 (British Pharmaceutical Codex) に調合法が示されている[39]
  • カナンガ水 – 復活式の浄化に用いられる「聖水」である[40]
  • バラ水トワレ水 – バラのエキス1パイント、チュベローズ1パイント、カシア1パイント、ジャスミン4オンス、シベットのチンキ3オンス。中東、特にエジプトで人気があり'maward'と呼ばれている[41]
  • Hugh C. Muldooninは、1917年に自身で"Own-make Toilet Specialties"と名づけた様々なトワレ水調合法をBulletin Of Pharmacyに投稿した[42]

脚注[編集]

  1. ^ The Free Dictionary definition
  2. ^ MacMillan Dictionary
  3. ^ Definition of "toilet water"”. Collins English Dictionary. 2015年11月27日閲覧。
  4. ^ Murray, James (1926). “toilet sb. §§7,9b”. Oxford English Dictionary. Vol.10 Part 1: Ti–U (1st ed.). Oxford: Clarendon Press. p. 108. https://archive.org/stream/oedxaarch#page/n119/mode/1up. 
  5. ^ Cristiani, p. 117
  6. ^ toilet water term meaning
  7. ^ Distinguishing Colognes, Perfumes, Scents, & Toilet Waters
  8. ^ Cox, p. 118
  9. ^ Ebert, p. 304
  10. ^ Lawless, p. 39
  11. ^ Lacey. “Fragrance Defined: Parfum vs. EDP vs. EDT vs. Cologne”. bellsugar.com. Bell Sugar. 2014年7月27日閲覧。
  12. ^ Aug 8 2010. “What is the difference between eau de parfum and eau de toilette in perfumes and colognes?”. gildedlife.com. Gilded Life. 2014年7月27日閲覧。
  13. ^ Baker, p. 262
  14. ^ Fettner, p. 102
  15. ^ Cologne”. Encyclopædia Britannica. 2019年2月閲覧。
  16. ^ a b Groom, p. 329
  17. ^ Grolier, p. 154
  18. ^ Consumer reports, pp. 409–411
  19. ^ Müller, p. 348
  20. ^ Sherrow, p. 211
  21. ^ a b c Beckmann, pp. 102-110
  22. ^ Sherrow, p. 125
  23. ^ The History of Perfume Archived 2015-02-08 at the Wayback Machine.
  24. ^ Sherrow, p. 125 King Louis XIV (1638–1715) had his shirts scented with toilet water that included aloewood, rosewood, orangle flower, musk, and spices. The concoction was called "heavenly water" ...
  25. ^ Better Nutrition magazine, Nov 1999, p. 34
  26. ^ Hiss, pp. 918–919
  27. ^ Frank, p. 414
  28. ^ Dewey, p. 55
  29. ^ Interstate druggist, Volume 7, page 333
  30. ^ Stoddart, p. 154
  31. ^ Dictionary of Traded Goods and Commodities, 1550–1820 by Nancy Cox and Karin Dannehl
  32. ^ P.クールティヨンフランス語版 著、金柿宏典 訳注 「パリ : 誕生から現代まで XV Pierre COURTHION : Paris de sa naissance a nos jours XV」 福岡大學人文論叢 38(2), 609-628, 2006-09, 福岡大学
  33. ^ Booth, p. 157
  34. ^ Reader's Digest – Make your own Fragrance
  35. ^ Halpern, p. 37
  36. ^ Booth, p. 82
  37. ^ Fletcher, p. 219
  38. ^ Miller, p. 99
  39. ^ Hiss, p. 915
  40. ^ kananga water
  41. ^ Beauty—its attainment and preservation, p. 494
  42. ^ Bulletin of pharmacy, p. 317

参考文献[編集]

  • Beckmann, Johann, A History of Inventions and Discoveries: In Four Volumes 2, 1817
  • Baker, William Henry, A dictionary of men's wear..., W. H. Baker, 1908
  • Better Nutrition magazine, Nov 1999, Vol. 61, No. 11, ISSN 0405-668X, Published by Active Interest Media, Inc.
  • Booth, Nancy M., Perfumes, splashes & colognes: discovering & crafting your personal fragrances, Storey Publishing, 1997, 0-88266-985-0
  • Bulletin of pharmacy, Volume 36, E.G. Swift, 1922
  • Beauty—its attainment and preservation, Butterick Pub. Co., Ltd., 1892
  • Consumer reports, Volumes 25–26, Consumers Union of United States, 1960
  • Cox, Nancy C., Perceptions of retailing in early modern England, Ashgate Publishing, Ltd., 2007, ISBN 0-7546-3771-9
  • Cristiani, Richard S., Perfumery and kindred arts: A comprehensive treatise on perfumery, H. C. Baird, 1877
  • Current opinion, Volume 32, The Current Literature Publishing Co., 1902
  • Dewey, Willis Alonzo, Medical century, Volume 14, Medical Century Company., 1906
  • Ebert, Albert Ethelbert, The Standard formulary, G.P. Engelhard & Co., 1897
  • Fettner, Ann Tucker, Potpourri, incense, and other fragrant concoctions, Workman Pub. Co., 1977, ISBN 0-911104-97-6
  • Fletcher, Ella Adelia, Woman Beautiful, Kessinger Publishing, 1998, ISBN 0-7661-0380-3
  • Frank, Marc Henry, Eugenics and Sex Relations for Men and Women, Kessinger Publishing, 2005, ISBN 1-4179-8913-0
  • Griffin, Judy, Flowers That Heal: Aromas, Herbs, Essences and Other Secrets of the Fairies, Cosimo, Inc., 2002, ISBN 1-931044-35-X
  • Grolier, The New book of knowledge, Grolier, 1986, ISBN 0-7172-0517-7
  • Groom, Nigel, The new perfume handbook, Springer, 1997, ISBN 0-7514-0403-9
  • Halpern, Georges M., The Healing Trail: Essential Oils of Madagascar, Basic Health Publications, Inc., 2003, ISBN 1-59120-016-4
  • Hiss, A. Emil, The new standard formulary:, G.P. Engelhard, 1910
  • Keithler, William R., The formulation of cosmetics and cosmetic specialties, Drug and Cosmetic Industry, 1956
  • Hopkins, Albert Allis, The Scientific American cyclopedia of formulas: partly based upon the 28th ed. of Scientific American cyclopedia of receipts, notes and queries, Munn & co., inc., 1910
  • Lawless, Julia, The illustrated encyclopedia of essential oils: the complete guide to the use of oils in aromatherapy and herbalism, Barnes & Noble, 1995, ISBN 1-56619-990-5
  • Lillard, Benjamin, Practical druggist and pharmaceutical review of reviews, Volume 40, Lillard & Co., 1922
  • Martin, George R., The mentor-world traveler, Volume 10, George R. Martin, 1922
  • Miller, William Tyler, Garden & home builder, volume 13, Doubleday, Page and Company, 1911
  • Müller, Peter M., Perfumes: art, science, and technology, Springer, 1994, ISBN 0-7514-0157-9
  • Sherrow, Victoria, For appearance' sake: the historical encyclopedia of good looks, beauty, and grooming, Greenwood Publishing Group, 2001, ISBN 1-57356-204-1
  • Stoddart, David Michael, The scented ape: the biology and culture of human odour, Cambridge University Press, 1990, ISBN 0-521-39561-5
  • The National Druggist, Volume 42; H. R. Strong, 1912

関連項目[編集]