アウトモビリ・トゥーリズモ・エ・スポルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウトモビリ・トゥーリズモ・エ・スポルト
1963 ATS badge - Flickr - exfordy.jpg
活動拠点 イタリアの旗 イタリア エミリア=ロマーニャ州ボローニャ県サッソ・マルコーニ
創設者 カルロ・キティ
ジオット・ビッザリーニ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル
イタリアの旗 ジャンカルロ・バゲッティ
出走回数 5
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1963年ベルギーグランプリ
最終戦 1963年イタリアグランプリ
テンプレートを表示

アウトモビリ・トゥーリズモ・エ・スポルト (Automobili Turismo e Sport, ATS) は、イタリアスポーツカーメーカー、レーシングカーコンストラクター、レーシングチーム。フェラーリの有名な社内紛争「宮廷の反乱」で退社したメンバーによって創設され、1963年から1965年まで活動した。

歴史[編集]

1961年末、フェラーリ社長のエンツォ・フェラーリと営業部長ジローラモ・ガルディーニが衝突(理由はエンツォの妻ラウラの干渉に異を唱えたため、とされる[1])。ガルディーニと彼を支持したレースチーム代表ロモロ・タヴォーニ、チーフデザイナーのカルロ・キティ、エンジニアのジオット・ビッザリーニら幹部クラスの計8名が一斉に退社するという「お家騒動」が起きた(うち2名はのちに復帰)。フェラーリのカスタマーチームとして活動していたスクーデリア・セレニッシマのオーナー、ジョヴァンニ・ヴォルピ伯爵が退社メンバーを支援し、実業家のハイメ・オルティス-パティーノやジョルジョ・ビッリが出資して、1962年2月11日にATSを設立した[2]。ロードゴーイングカーおよびフォーミュラ1マシンを生産し、レース場およびストリートでのフェラーリの直接のライバルを目指した。

1963年3月に先進的なミッドシップロードカー2500GTを発表し、元チャンピオンのフィル・ヒルを擁して同年のF1世界選手権にTipo 100で参戦した。しかし、オーナー間の対立やレース活動の成績不振、イタリア国内の景気減速によって経営は傾き、プロジェクトは未完成に終わった。

ビッザリーニはATSを去った後、イソ・グリフォランボルギーニV12エンジンを手がけ、のちに自身のブランドビッザリーニ (Bizzarriniを立ち上げた。一方のキティは元フェラーリのエンジニア、ロドヴィコ・チッツォーラと共にアウトデルタ英語版を設立、アルファロメオと緊密な関係を持って活動した。

車種[編集]

ATS 2500GT[編集]

ATS・2500GT英語版は1963年春のジュネーヴ・モーターショーで発表された小型グランツーリスモで、"GTS"というコンペティションモデルもあった。わずか12台が製造され、うち6台が現存する[2]

クーペボディのスタイリングフランコ・スカリオーネシャシ設計と開発はキティとビッザリーニ、コーチワークカロッツェリア・アレマーノがそれぞれ担当した。史上初の公道用ミッドシップカーの座こそルネ・ボネジェット1962年)に譲ったものの、キティが設計した245 hp (180 kW) を発揮する2.5リッターSOHCV型8気筒エンジンを搭載し、時速257 km(160 mph)まで加速できる性能を誇った。そのフラットプレーンクランクシャフトを持つ90度V8エンジンは後にDOHC化され、アルファロメオ・ティーポ33英語版に搭載された。

ATS Tipo100[編集]

ATSのF1マシンはTipo 100(ティーポ100)と名付けられ、1.5リッターV8エンジンが搭載されたが、実際には時代遅れのフェラーリ・156コピーであった。ドライバーのフィル・ヒルジャンカルロ・バゲッティもフェラーリの政治的混乱から逃げ出しATSとサインしたが、悲惨なシーズンを送り、キティはレーシングチームの運営を諦めざるを得なかった。

1964年ロブ・ウォーカー・レーシングチームの元メカニックであったアルフ・フランシスがATS・ティーポ100を引き取って改造を施し、デリントン・フランシスの名でイタリアGPに出場した。

ヴォルピ伯爵は後のセレニッシマにATSによく似た技術を導入した。1966年マクラーレンチームがF1に初参戦した際、いくつかのグランプリでセレニッシマエンジンを使用した。

ブランド復活[編集]

ATS・GT

設立から50年後の2012年、新たな投資家によるATS復活計画がスタートし、オリジナルの名を継いだロードカー「ATS・2500GT」[3]や、サーキット専用の「ATS・スポーツ」[4]、2シーターのレトロスタイルスパイダー「ATS・レジェッラ」の開発を発表した[5]

2017年、ATS Automobiliは3.8L V8ツインターボを搭載するスーパーカー「ATS・GT英語版」を発表し、2018年にローンチエディション(約9500万円)を限定12台で発売した[6]マクラーレンMP4-12C650Sをベースにして開発されたとみられる。

2019年にはモータースポーツ部門ATS Corsaを設立し、ホンダ製2.0L 直4ターボを搭載するGTレース専用「ATS・RRターボ」を発表した(2020年以降デリバリー予定)[7]

F1での成績[編集]

凡例

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ポイント 順位
1963年 ATS 100 ATS V8 D MON BEL NED FRA GBR GER ITA USA MEX RSA 0 18位
フィル・ヒル Ret Ret 11 Ret Ret
ジャンカルロ・バゲッティ Ret Ret 15 Ret Ret
典拠:[8]

参照[編集]

  1. ^ 完璧にレストアされた最高にエキゾチックな1台│強烈で肉体的なドライビング体験”. Octane Japan (2019年4月29日). 2019年12月16日閲覧。
  2. ^ a b Phil Hill 「ATS2500GT 消えた夢」『SUPER CAR GRAPHIC No.17 SPRING 1993』、二玄社、1993年、115-116頁。
  3. ^ 2013 ATS 2500 GT SUPERCARS.NET(2016年4月20日)
  4. ^ ATSのスポーツカーが公開 AUTOCAR JAPAN(2014年6月10日)
  5. ^ Ingram, Antony (2013年11月6日). “ATS 300 Leggera Sports Car Revealed”. Motor Authority. 2016年1月3日閲覧。
  6. ^ ATS introduces Launch Edition of its rare GT supercar autoblog(2018年10月16日)
  7. ^ “欧州GTシリーズに向けて、ATSがリーズナブルなサーキット専用モデルを投入”. GENROQ Web. (2019年9月22日). https://genroq.jp/2019/09/44214/ 2019年12月17日閲覧。 
  8. ^ Small, Steve (1994). The Guinness Complete Grand Prix Who's Who. Guinness. pp. 40-41 and 188. ISBN 0851127029. 

典拠[編集]

外部リンク[編集]