オートマット (美術)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『オートマット』
Automat-edward-hopper-1927.jpg
作者エドワード・ホッパー
製作年1927年
種類キャンバス・油彩
寸法71.4 cm × 91.4 cm (28.1 in × 36.0 in)
所蔵デモイン・アート・センター、デモイン

オートマット』(Automat)は、アメリカ合衆国画家エドワード・ホッパーによる1927年の絵画。オートマットとは自動販売機による軽食の販売摂食施設のことである。

概要[編集]

絵は71.4cm×91.4cmで、キャンバスに油彩で描かれている。絵は最初、1927年のバレンタインデーニューヨークのレーン・ギャラリーズ(Rehn Galleries)で、ホッパーの2回目の個展の開幕とともに展示され、4月までに1,200ドルで売られた[1]。現在は、アイオワ州デモインデモイン・アート・センター英語版(Des Moines Art Center)が所有している。

作品の構成[編集]

夜のオートマットでコーヒーカップのなかをじっと見つめる女性が描かれている。画面の殆どを占めるほどの大きな窓が背景にあり、夜のせいで黒くなり店内の天井から下がる、2列の照明器具の反射像が奥へと伸びている。この女のモデルはホッパーの妻ジョーであるが[2]、ホッパーは女をより若くするために(1927年にジョーは44歳であった)顔も体つきも変えていて(実際はジョーは豊満な体つきであった)、ある批評家は絵の女を「『少年らしい』(すなわち、胸が平ら)」と記述している[3]

脚注[編集]

  1. ^ Carol Troyen, Hopper in Gloucester, in Carol Troyen, Judith Barter, Janet Comey, Elliot Bostwick Davis and Ellen Roberts (eds.), Edward Hopper. Boston: MFA Publications (Museum of Fine Arts), 2007, p. 72.
  2. ^ Gail Levin, Edward Hopper: An Intimate Biography. New York: Rizzoli, (1995) 2007, p. 201.
  3. ^ Carol Troyen, 'The Sacredness of Everyday Fact': Hopper’s Pictures of the City. In Carol Troyen, Judith Barter, Janet Comey, Elliot Bostwick Davis and Ellen Roberts (eds.), Edward Hopper. Boston: MFA Publications (Museum of Fine Arts), 2007, p. 118.