オートチャージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オートチャージとは、電子マネーICカード乗車券の残高が一定額を下回った場合に、決済時などに自動的に金融機関口座等からチャージ(入金)を行う仕組みのことである。 なお、オートチャージは和製英語であり、英語ではこのような使い方はしない。

概要[編集]

このサービスは、非接触IC方式による電子マネーと乗車カードのみで実施されている。あらかじめオートチャージをするための設定が必要であり、支払い方法や入金金額を事前に登録しておかなければならない。

電子マネーの残額が少なくなり、一定の金額を下回ると、あらかじめ設定されていた金額が自動的にチャージされる。このため、ユーザーはその都度手動でチャージをしなくて良い。但し、1日の利用限度額と1ヶ月の利用限度額は設定されている(サービス事業者によって異なる)。また、手動でチャージする方式に比べて、ユーザーが「チャージされた(それだけ電子マネーを使った)」と思う気持ちや、どれだけ電子マネーを使ったかという認識が薄くなりやすいので、使いすぎには注意が必要である。ユーザーが使いすぎた場合の債権問題が複雑にならないよう、支払い方法はオートチャージサービス事業者と同一(あるいは系列)金融機関発行のクレジットカードに限定されている[1](SAPICAを除く)。後日クレジットカード会社からチャージ金額分が請求され、銀行口座からの引き落としや振込などで支払う。

オートチャージ機能のある電子マネー[編集]

特筆するものを除き、オートチャージの設定にはクレジットカードが必要。

交通系[編集]

通常、自動改札機(一部除く)で入場する時に入金される。

  • Suica - 開始当初はVIEW Suicaカードのみ利用可能であった。その後、2009年7月25日より記名式のSuica(事前のビューカードとの紐付けが必要)で、また2010年3月13日よりモバイルSuica(決済カードはビューカードのみ)でも利用可能になった。
  • PASMO - サービスイン時は親子型(紐付け型)という、クレジットカード(親)とPASMOカード(子)を別々に発行する方式のみであった。のちにクレジットカード一体型も発行されるようになった。親子型の場合、他のPASMO事業者の定期券の搭載も可能(例えば西武プリンスカードに紐付けられた子カードPASMOに小田急線の駅で購入した定期券を載せることも可能である)。紐付けできるクレジットカードはPASMO加盟各社系のものに限定されている。
    • SuicaとPASMOは、Suica・PASMOの相互利用エリアに限り他社路線でもオートチャージができる。ICOCAエリアなどではオートチャージできない。
  • PiTaPa - 事前の登録により、PiTaPaエリア内各社局の自動改札機(PiTaPa定期区間内・大阪市営バス・JR西日本のICOCA対応の自動改札機(鶴橋駅の近鉄連絡口・三国ヶ丘駅の南海連絡口も含む)は除く)にて、残高1000円以下の場合2000円(小人料金では残高500円以下の場合1000円)が自動的にチャージされる。なお、チャージされたSFの利用は、JR西日本ICOCAエリア、JR東日本SuicaエリアなどPiTaPaエリア以外の交通系ICカード相互利用エリアでの交通機関利用に限られる。電子マネーとして利用することは一切できない。
  • nimoca - 西鉄グループのクレジットnimoca(JMB nimocaを含む)が必要。
  • ナイスパス-遠鉄バスの運賃箱でもオートチャージできる。また、鉄道では改札入場時のみならず改札出場時もオートチャージ出来る。えんてつカード〈ポイント&クレジットカード〉が必要。
  • SAPICA - VISAMasterJCBAMEXの各ブランドのクレジットカードに対応。これらのカードの会員であれば、記名式のSAPICAへのオートチャージサービスを申し込める。SAPICA一体型のカードもある。
  • SUGOCA - JR九州グループのJQ CARD(各種JQ SUGOCAを含む)、AOYAMAマスターカードSUGOCAイオンSUGOCAカード福岡銀行アレコレSUGOCA・熊本銀行アレコレSUGOCA・親和銀行アレコレSUGOCAが必要。

流通系他[編集]

  • WAON - WAONカードプラス・イオンカード(WAON一体型)ではクレジットカードによるオートチャージ、イオンカードセレクト・イオンバンクカードでは、同行の銀行口座からの引き落としによるオートチャージとなる。
  • 楽天Edy - Android Edyアプリ限定のサービス。紐付けしたクレジットカードでチャージする。以前は「am/pm Earth Edy Card」が対応していた。
  • 大学生協電子マネー - 所属大学生協で使用する組合員証一体型ICカードで、一部の大学生協のみ利用可能なサービス。残高が一定金額以下になった場合に、大学生協の提供するクレジットカードTuoカードからのチャージが可能。

海外[編集]

オイスターカード

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 手動チャージ時にクレジットカードが使用可能な場合は、複数社のカードが利用できることが多い

外部リンク[編集]