オースミタイクーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オースミタイクーン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1991年3月23日
死没 不明
登録日 1993年10月14日
抹消日 1999年1月20日
ラストタイクーン
Doff the Derby
母の父 Master Derby
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Barronstown Stud
馬主 山路秀則
調教師 武邦彦栗東
競走成績
生涯成績 31戦10勝
獲得賞金 3億2445万円
テンプレートを表示

オースミタイクーンとは日本の元競走馬種牡馬である。おもな勝ち鞍は1997年マイラーズカップセントウルステークス年齢は旧表記とする。

半兄に1991年ダービーステークスアイルランドダービーキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス優勝のジェネラス(父カーリアン)、半妹に2001年アイリッシュ1000ギニーイギリスオークス優勝のイマジン(父サドラーズウェルズ)がいる。

戦績[編集]

その血統面からデビュー前より評判となり[1]、圧倒的人気の中1994年1月の新馬戦を6馬身差の大勝。前評判通りの走りを見せる。しかし次走後に骨折を発症、1年以上に及ぶ戦線離脱となり4歳シーズンを棒に振る。

1995年4月の復帰後は順調に条件戦を勝ち進み12月にオープン昇格を果たす。翌1996年東京新聞杯では落馬の影響を受け10着大敗、さらにマイラーズカップでは道中不利から6着敗退など不運もあったが、昇格後も勝ち鞍を重ねた。

しかし栗東ステークス1着以降、GI級馬の揃ったレースではいずれも相手にならず3連続2桁着順と苦戦、7月の宝塚記念10着後放牧休養へと出された。

1997年マイラーズカップにて戦線復帰も、休み明け・重賞未勝利等不安要素から11番人気と人気を下げていた。だが、周りをあざ笑うかのように直線鋭く抜け出し優勝、鞍上の武幸四郎は前日にデビューしたばかりで、初勝利が初重賞制覇として当時のメディアで話題になる[2]。同馬の手綱は以後全て武幸四郎により取られ、この年の秋にセントウルステークスも制し2つ目の重賞タイトルを獲得、有馬記念では5着に入り健闘した1年となる。

現役最終年となる1998年は勝ち鞍こそ上げられなかったが、京王杯SCでGI馬タイキシャトルに僅差の2着まで迫るレースぶりを見せ中距離路線の一員として長く活躍する。最後は有馬記念にてレース中に右前屈腱炎を発症し高齢のためそのまま現役引退[3]、静内スタリオンステーションで種牡馬入りとなった。

良血馬であったが、父ラストタイクーンの日本での産駒成績が期待外れだったこと、重賞2勝がともに人気薄だったことなどから種牡馬としての人気は低く、2年目以降は毎年一桁の種付け数にとどまった。2004年に静内スタリオンステーションが閉鎖されて以降の動向は判然としないが、配合相手が青森県の牧場の所有馬に集中していることから、青森で繋養されていたと見られる。2007年に種付け頭数がゼロになり、同年10月1日付で用途変更となった。活躍馬は出せなかったが、2005年生まれの牝馬トレジャースマイルは、ハート型の流星があったことから、「ハート馬」として岩手競馬アイドル的人気を得た[4][5]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
1994 1. 9 阪神 新馬 13 4 4 1.3 (1人) 1着 武豊 55 芝1600m(良) 1:37.6 (36.7) -1.0 (テイスティタッチ)
1. 29 阪神 こぶし賞 13 4 6 1.5 (1人) 3着 武豊 55 芝1600m(良) 1:37.9 (36.3) 0.3 メルシーステージ
1995 4. 30 京都 500万下 16 5 10 3.6 (1人) 1着 安田康彦 56 ダ1200m(稍) 1:12.5 (36.5) 0.6 ロイヤルモナーク
7. 16 小倉 由布院特別 11 7 9 3.6 (1人) 1着 武豊 57 芝1800m(良) 1:47.4 (35.5) -0.4 (キンザンスター)
9. 24 中山 印旛沼特別 12 1 1 1.5 (1人) 1着 武豊 57 芝1800m(良) 1:49.4 (35.2) -0.2 (バンダムナイト)
10. 8 京都 保津峡特別 12 8 11 4.5 (2人) 5着 武豊 57.5 芝1600m(良) 1:35.1 (36.0) 0.4 プログラム
10. 22 東京 900万下 9 7 7 2.8 (1人) 1着 武豊 57 芝1400m(良) 1:22.4 (34.3) -0.4 (セイカカラーラ)
11. 5 京都 東山特別 11 6 6 1.4 (1人) 1着 武豊 57 芝1600m(良) 1:34.8 (34.7) -0.5 (ポピーデイ)
12. 16 阪神 オークランドトロフィー 16 6 12 1.7 (1人) 1着 武豊 57 芝1600m(良) 1:34.8 (36.4) -0.7 (エイシンヴォウクス)
1996 1. 7 京都 洛陽S OP 15 6 10 1.5 (1人) 2着 河内洋 55 芝1600m(良) 1:34.8 (36.4) 0.2 フジワンマンクロス
2. 4 東京 東京新聞杯 GIII 16 1 1 4.6 (2人) 10着 小島太 55 芝1600m(良) 1:35.4 (34.2) 1.0 トロットサンダー
3. 3 阪神 マイラーズC GII 14 2 2 2.5 (1人) 6着 田原成貴 57 芝1600m(良) 1:34.2 (35.0) 0.7 ニホンピロプリンス
3. 23 中山 韓国馬事会杯 OP 15 5 9 2.8 (1人) 1着 的場均 56 芝1800m(良) 1:49.4 (35.8) 0.0 サクラキャンドル
4. 20 京都 栗東S OP 15 6 10 1.7 (1人) 1着 武豊 57 芝1800m(良) 1:46.2 (35.5) -0.3 (ベッスルキング)
5. 11 京都 京阪杯 GIII 16 7 13 6.2 (2人) 10着 幸英明 57.5 芝2200m(良) 2:13.6 (34.5) 0.8 ダンスパートナー
6. 9 東京 安田記念 GI 17 7 13 63.7 (15人) 11着 岸滋彦 58 芝1600m(良) 1:33.9 (34.8) 0.8 トロットサンダー
7. 7 阪神 宝塚記念 GI 13 7 11 26.4 (7人) 10着 武豊 58 芝2200m(良) 2:13.5 (35.8) 1.5 マヤノトップガン
1997 3. 2 阪神 マイラーズC GII 14 4 6 52.2 (11人) 1着 武幸四郎 57 芝1600m(良) 1:35.0 (35.2) -0.1 ロイヤルスズカ
4. 5 中山 ダービー卿CT GIII 13 4 5 12.8 (5人) 4着 武幸四郎 58 芝1600m(重) 1:36.1 (36.9) 0.6 ロイヤルスズカ
5. 31 東京 エプソムC GIII 13 2 2 8.8 (3人) 2着 武幸四郎 58 芝1800m(良) 1:46.7 (34.2) 0.1 タイキマーシャル
7. 20 小倉 北九州記念 GIII 11 1 1 3.7 (2人) 8着 武幸四郎 58 芝1800m(良) 1:47.2 (36.6) 0.7 ダンディコマンド
9. 28 阪神 セントウルS GIII 14 1 1 17.0 (8人) 1着 武幸四郎 59 芝1400m(良) 1:21.0 (35.4) -0.1 スギノハヤカゼ
10. 25 京都 スワンS GII 16 7 13 14.6 (6人) 5着 武幸四郎 58 芝1400m(良) 1:21.3 (34.4) 0.6 タイキシャトル
11. 16 京都 マイルCS GI 18 7 13 29.1 (8人) 10着 武幸四郎 57 芝1600m(良) 1:35.0 (36.9) 1.7 タイキシャトル
12. 21 中山 有馬記念 GI 16 5 9 74.4 (11人) 5着 武幸四郎 56 芝2500m(良) 2:35.5 (37.2) 0.7 シルクジャスティス
1998 2. 15 京都 京都記念 GII 11 8 10 14.8 (7人) 8着 武幸四郎 57 芝2200m(良) 2:17.2 (36.9) 1.7 ミッドナイトベット
3. 8 阪神 マイラーズC GII 11 2 2 10.8 (5人) 2着 武幸四郎 58 芝1600m(良) 1:33.9 (34.6) 0.0 ビッグサンデー
5. 16 東京 京王杯SC GII 16 2 4 38.7 (8人) 2着 武幸四郎 58 芝1400m(良) 1:20.3 (34.6) 0.2 タイキシャトル
6. 14 東京 安田記念 GI 17 5 9 25.0 (7人) 14着 武幸四郎 58 芝1600m(不) 1:41.4 (40.4) 3.9 タイキシャトル
11. 22 京都 マイルCS GI 13 4 5 39.8 (7人) 7着 武幸四郎 57 芝1600m(良) 1:34.3 (36.8) 1.0 タイキシャトル
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 4 7 105.2 (16人) 16着 武幸四郎 56 芝2500m(良) 2:36.4 (39.8) 4.3 グラスワンダー

血統表[編集]

オースミタイクーン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

Last Tycoon
1983 鹿毛
父の父
*トライマイベスト
1975 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Sex Appeal Buckpasser
Best in Show
父の母
Mill Princess
1977 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Irish Lass Sayajirao
Scollata

Doff the Derby
1981 鹿毛
Master Derby
1961 栗毛
*ダストコマンダー
Dust Commander
Bold Commander
Dust Storm
Madam Jerry Royal Coinage
Our Kretchen
母の母
Margarethen
1962 鹿毛
Tulyar Tehran
Neocracy
Russ-Marie Nasrullah
Marguery
母系(F-No.) 4号族(FN:4-n) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco 5×5×5×5=12.5%、Nasrullah 5×4=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ オースミタイクーン 5代血統表2017年9月4日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com オースミタイクーン 5代血統表2017年9月4日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ オースミタイクーン 5代血統表2017年9月4日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com オースミタイクーン 5代血統表2017年9月4日閲覧。

脚注[編集]

外部リンク[編集]