オーストリア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリア連邦軍
Österreichisches Bundesheer
Roundel of the Austrian Air Force.svg
本部 オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
指揮官
最高司令官 連邦大統領 ハインツ・フィッシャー
国防・スポーツ大臣 ゲーラルト クルーク
総人員
兵役適齢 17
徴兵制度 あり
適用年齢 16-49
-適齢総数 男性 1,941,110、年齢 16-49
女性 1,910,434、年齢 16-49
-実務総数 男性 1,579,862、年齢 16-49
女性 1,554,130、年齢 16-49
-年間適齢
到達人数
男性 48,108
女性 45,752
現総人員 25,963
財政
予算 24億ユーロ (2012年度)
軍費/GDP 0.8%
産業
国内供給者 シュタイヤー・マンリヒャー
グロック
国外供給者 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
スウェーデンの旗 スウェーデン
イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

オーストリア連邦軍(オーストリアれんぽうぐん、ドイツ語: Österreichisches Bundesheer)は、オーストリアの国軍。最高指揮官は大統領であるが、実質的な権限は首相が有する。オーストリア軍の管理・運営は国防・スポーツ省が行う。

歴史[編集]

オーストリア軍は、陸軍空軍の二軍種から成る。オーストリア・ハンガリー帝国時代はアドリア海沿岸を支配していたため海軍を保有していたが、第一次世界大戦敗北に伴う帝国の解体後は完全な内陸国となったため海軍は保持しておらず、ドナウ川の警備を担当する警備艇部隊も2006年に解散した。

機構[編集]

二軍[編集]

河川警備[編集]

1958年にドナウ川の治安維持を目的とし、陸軍に小型の警備艇(Oberst Brecht)を運用する小規模の水上部隊を編成した。主に水上交通の監視を行っていたが、1994年に警備艇を製造した会社が倒産し維持が困難になったことに加え、任務内容が警察でも可能な範囲にとどまっていたことから、2006年に部隊を解散し河川警備は警察に一本化された。部隊解散後もリッサ海戦の戦勝記念行事などで航行を行っていたが、現在はウィーン軍事史博物館で展示されている。一部の警備艇にはダズル迷彩風の塗装が施されていた。

ホーフブルク宮殿を前を行進する連邦軍兵士 
オーストリア空軍のユーロファイター タイフーン 
リッサ海戦の戦勝記念行事でドナウ川を航行するOberst Brecht(2008年) 

統制機関[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]