オーストリア・ロシア・トルコ戦争 (1735年-1739年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリア・ロシア・トルコ戦争
露土戦争
Surrender of Azov (1736).jpg
アゾフの降伏、1740年作。
1735年 - 1739年9月1日
場所 バルカン半島東ヨーロッパ
結果 引き分け
ニシュ条約ベオグラード条約締結
衝突した勢力

ロシアの旗 ロシア帝国

ハプスブルク君主国 ハプスブルク帝国

オスマン帝国 オスマン帝国

指揮官
ロシアの旗 アンナ女帝
ロシアの旗 ブルクハルト・クリストフ・フォン・ミュンニヒ
ロシアの旗 ピョートル・ラシ英語版
ハプスブルク君主国 カール6世
ハプスブルク君主国 ヴィルヘルム・ラインハルト・フォン・ナイペルク
オスマン帝国 マフムト1世
クリミア自治共和国 カプラン1世ギレイフランス語版
クリミア自治共和国 フェトフ2世ギレイフランス語版
クリミア自治共和国 メングリ2世ギレイフランス語版

オーストリア・ロシア・トルコ戦争(オーストリア・ロシア・トルコせんそう、英語: Austro-Russian–Turkish War1735年 - 1739年)は、18世紀ロシア帝国オーストリアハプスブルク帝国)とオスマン帝国東ヨーロッパバルカン半島を主戦場として衝突した戦争である。

開戦まで[編集]

開戦事由は1735年末にクリミア・ハン国ヘーチマン国家ウクライナ)を襲撃したことと、クリミア・ハン国のカプラン1世ギレイフランス語版カフカース地方に攻撃を仕掛けたことであった。1736年にはロシア軍がアゾフクリミアの奪取を目論んだ。

戦争直前の1735年、ロシアはアフシャール朝ペルシアの支配者ナーディル・シャーギャンジャ条約を締結し、1722年から1723年までのロシア・ペルシャ戦争で獲得した領土を返還した[1]

経過[編集]

ロシア軍の1736年戦役

1736年5月20日、ブルクハルト・クリストフ・フォン・ミュンニヒ元帥率いるドニエプル軍6万2千はクリミア領ペレコープ英語版要塞を強襲し、6月17日にバフチサライを占領した[2]。クリミア軍はロシア軍の撃退に失敗し、1736年、1737年、1738年と次々に撤退に追い込まれ、クリミア貴族は山間部へ、フェトフ2世ギレイフランス語版は海上への逃亡を余儀なくされた[3]。ロシア軍によりゴズレフカラスバザール英語版バフチサライ宮殿英語版が焼き討ちに遭い、さらにアゾフの要塞が陥落すると[3]、カプラン1世ギレイとフェトフ2世ギレイは無能だとしてオスマン帝国に廃位された[3]。しかし1737年から1739年までは疫病が流行した年であり、全ての交戦国が影響を受けた[4]。ミュンニヒは戦場上では勝ったものの[3]、疫病と補給の不足により[5]ウクライナへの撤退を余儀なくされる。6月19日、ピョートル・ラシ英語版将軍率いるドン軍2万8千はピョートル・ブレダール(Peter Bredahl)率いるドン川小艦隊英語版の援護の元、アゾフ要塞を奪取した[2]。1737年7月にはオチャコフ英語版を強襲して落とした。ラシの軍4万人は同月クリミアに進軍してカラスバザール英語版を占領したが、補給の不足でクリミアから撤退した。結局、1736年のクリミア戦役はロシアが3万人の損失(うち2千人は戦死、残りは疫病と飢饉により死亡)を蒙ってウクライナへ撤退する結果に終わった[6]

オーストリアはロシアの緒戦での勝利を見て、1737年7月に参戦したが、1737年8月4日のバニャ・ルカの戦い英語版[7]、1739年7月のグロッカの戦い英語版で敗北し[8]、さらに1739年7月から9月にかけてのベオグラード包囲戦英語版ベオグラードまで占領された。1737年8月、三国はネミーロフで平和交渉を開始したが不調に終わった。1738年は大規模な戦闘がなかったが、ロシア軍は疫病によりオチャコフやキンブルン半島英語版からの撤退を余儀なくされた。

講和へ[編集]

1739年、ミュンニヒ元帥率いるロシア軍はドニエプル川を渡って8月17日のスタヴチャヌィの戦い英語版でオスマン軍に勝利、19日にホティン英語版の要塞を占領、続いてヤシの要塞も占領した。しかし、オーストリア軍はグロッカの戦い英語版で敗北、8月21日にベオグラード条約でオスマン帝国と単独講和した[9]。これはロシアの勝利を警戒した可能性もある[10]。オーストリアが脱落した上にスウェーデンによる侵攻の恐れもあって[11]、さらにオスマン帝国がスウェーデン、プロイセンポーランドと同盟を締結したため[12]、ロシアは9月29日のニシュ条約でオスマン帝国との講和を余儀なくされた[13]。講和により、ロシアはアゾフの領有を確定し、ザポリージャへの支配を強固にした[14]。しかしアゾフの領有は要塞建築の禁止という条件付きだった。

オーストリアにとって、戦争は大敗に終わり、1718年のパッサロヴィッツ条約で得たオスマン領を全て返還するという散々な結果となった[4]。ロシア軍は戦場ではより成功したが、疫病で数万人を失った[15]。オスマン軍の死傷者と脱走者は概算が不可能だった[4]。ミュンニヒが立てた計画は懸念を無視した大胆すぎたものだったが、彼の近代化したロシア軍は旧態依然なオスマン軍に対して優勢であるとする見込みは正しかった[16]

ニシュ条約の後、オスマン帝国は30年間の和平を享受した。というのも、隣国や伝統的な敵国がほかの戦争に手を焼いていたからであった。東のアフシャール朝とはナーディル・シャーが暗殺されるまで数度戦ったが、西と北のオーストリアとロシアは1740年から1748年までのオーストリア継承戦争、続いて1756年から1763年までの七年戦争に忙殺された。しかし、30年間の和平はオスマン軍をヨーロッパの戦場から追い出し、戦争中に進歩していった戦法、発明などから置いてけぼりになり、軍事的にはマイナスだった[17][18]

戦争はまた、ロシアとクリミア・タタールの力関係を明らかにした。戦争中、クリミア軍はロシア領への襲撃をうまくできず、逆に伝統的に使われてきた守備ラインのペレコープ地峡を1736年から1738年まで3度も突破され、山間部への逃亡を余儀なくされ、コズロフベロゴルスク英語版バフチサライ宮殿英語版が焼き討ちに遭う結果となった[19]。1768年から1774年までの露土戦争ではロシア軍が再びクリミア半島に侵攻、講和においてクリミア・ハン国をオスマン帝国の保護から切り離した後、1784年にクリミアを正式に併合した。

脚注[編集]

  1. ^ Mikaberidze 2011, p. 329.
  2. ^ a b Tucker 2010, p. 732.
  3. ^ a b c d Davies L. B. The Russo-Turkish War, 1768–1774: Catherine II and the Ottoman Empire. 2016
  4. ^ a b c The Seven Years' War: Global Views. BRILL. 2012. P. 184
  5. ^ Stone D. R. A Military History of Russia: From Ivan the Terrible to the War in Chechnya. Greenwood Publishing Group. 2006. P. 66
  6. ^ Aksan 2007, p. 103.
  7. ^ Ingrao, Samardžić, Pesalj 2011, p. 136-137.
  8. ^ Ingrao, Samardžić, Pesalj 2011, p. 29.
  9. ^ Mikaberidze 2011, p. 210.
  10. ^ Cook Ch., Broadhead Ph. The Routledge Companion to Early Modern Europe, 1453–1763. Routledge. 2006. P. 126
  11. ^ Grinevetsky S., Zonn I., Zhiltsov S., Kosarev A., Kostianoy A. The Black Sea Encyclopedia. Springer. 2014. P. 661
  12. ^ Somel S. Historical Dictionary of the Ottoman Empire. Scarecrow Press. 2003. P. 169
  13. ^ Mikaberidze 2011, p. 647.
  14. ^ Encyclopedia of Ukraine. Volume 4. 1993. P. 476
  15. ^ Black. J. European Warfare, 1660–1815. Routledge. 2002
  16. ^ Stone, David R. (2006). A Military History of Russia: From Ivan the Terrible to the War in Chechnya. Greenwood Publishing Group. 
  17. ^ L. S. Stavrianos, Traian Stoianovich (2000 2.p.). The Balkans since 1453. C. Hurst & Co. Publishers. pp. 183-187. ISBN 1850655510. 
  18. ^ Suraiya Faroqhi, Virginia Aksan (2006). The Cambridge history of Turkey: the later Ottoman Empire, 1603-1839 (vol.3). Cambridge University Press. p. 102. ISBN 0521620953. 
  19. ^ Brian L. Davies (2016). The Russo-Turkish War, 1768-1774: Catherine II and the Ottoman Empire. Bloomsbury Publishing. p. 47. ISBN 1472514157. 

参考文献[編集]

  • Mikaberidze, Alexander (2011). Conflict and Conquest in the Islamic World: A Historical Encyclopedia. ABC-CLIO. 
  • Stone, David R. (2006). A Military History of Russia: From Ivan the Terrible to the War in Chechnya. Greenwood Publishing Group. 
  • Tucker, Spencer C. (2010). A Global Chronology of Conflict: From the Ancient World to the Modern Middle East, Vol. II. ABC-CLIO. 
  • Ingrao, Charles W.; Samardžić, Nikola; Pesalj, Jovan (2011). The Peace of Passarowitz, 1718. Purdue University Press. 
  • Aksan, Virginia H. (2007). Ottoman Wars 1700–1870: An Empire Besieged. Routledge. 
  • Riasanovsky, Nicholas; Steinberg, Mark (2010). The History of Russia. Oxford University Press. 

関連項目[編集]