オースチン・A40サマーセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オースチン A40 サマーセット
サルーン(本国生産車)
Austin A40 Somerset (ca 1953) at Schaffen-Diest 2013.JPG
コンバーチブル
Austin A40 Somerset convertible ca 1954.jpg
乗車定員 5/6人
ボディタイプ 4ドア セダン
2ドア コンバーチブル
エンジン 直4ガソリンOHV1200cc 42馬力/4400rpm
変速機 3速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前: 独立 ダブルウィッシュボーン コイル
後: 固定 半楕円リーフ
全長 3,971mm
全幅 1,600mm
ホイールベース 2,350mm
車両重量 872kg
生産台数 173,306台
先代 オースチン A40 デヴォン
後継 オースチン A40 ケンブリッジ
-自動車のスペック表-

 

オースチン A40 サマーセット (Austin A40 Somerset) は、イギリスの自動車メーカーブリティッシュ・モーター・コーポレーション (BMC) のオースチン部門が1952年から1954年まで生産した乗用車である。日本では日産自動車がノックダウン生産したことで知られる。

概要[編集]

1947年から生産されていたA40デヴォン(2ドアは「ドーセット」)の後継モデルで、ボディスタイルが近代化された以外は、セパレートフレームのシャシー、1200ccエンジン[1]とも、先代の機構を流用していた。

ボディデザインはフェンダーラインのふくらみを残した過渡的なもので、同社の大型6気筒車A70ヘリフォードと非常に良く似ていた。また、当時の欧州車にも流行していたベンチシートやコラムシフトを採用していた。4ドアセダンに加え、カーボディーズ社製の3人乗りの2ドアコンバーチブルも作られ、こちらにはセパレートシートが装備されていた。

1954年9月にA40ケンブリッジと世代交代するまでに173,306台が生産され、内7,243台がコンバーチブルだった。

日産製A40[編集]

1952年12月24日、BMC日産自動車は、「『オースチンA40』の組立てと国産化に関する技術提携契約」を締結、7年間の有効期限内に、年間2,000台のA40サマーセットを組み立て、国産化する計画を結んだ。1952年の時点で日本国内に1,000台以上のオースチン車[2]が稼動しており、知名度と信用のあるブランドだったこと、部品を日産車に流用することが認められたことなどが、契約締結の背景であった。

参考文献[編集]

 

注釈[編集]

  1. ^ 最高出力はデヴォンの40馬力から42馬力に向上したが、車両重量の増加で最高速度は111km/hで、デヴォンとほとんど同じだった。
  2. ^ 大半は戦争を生き延びた1930年代のオースチン・7であった。