オーギュスト・モンフェラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Montferrand on St.Isaac cathedral.jpg
聖イサアク大聖堂
アレクサンダー・コラム

オーギュスト・リッカルド・デ・モンフェラン(August Ricard de Montferrand、O.Montferrand、1786年1月23日-1858年7月10日) は、18世紀にロシアで活躍したフランス人建築家聖イサアク大聖堂の再建で、建築史にその名を刻んだ人物。聖イサク聖堂の石柱や宮殿広場のアレクサンダー・コラムなどの複雑な大事業も多く手がけた。

その他の代表作として、ロバーノフ=ロストーフスキー公邸宅、自邸、ニコライ1世像、ロストーフビルコチュベーイハウスの再構とインテリアデザイン、ロシア海軍地内の教会塔、カウントリッタハウス、旧デミドーフ邸(のちにイタリア大使館に。内装は改修)、レルヒ邸、冬の宮殿インテリア、ベタンコートの墓、パリのルイーズ(母)の墓、などがある。

参考文献[編集]

  • ロシア建築三つの旅 [ユーラシア・ブックレット] (No.61) 浜野アーラ著 浜野道博 訳 東洋書店 2004年6月
  • 零の形態 [叢書・二十世紀ロシア文化史再考] マレーヴィチ/著 宇佐見多佳子/訳 水声社 2000年11月
  • ロシアビザンチン [建築巡礼] (19) 内井昭蔵 丸善
  • ロシアの木造建築-民家・付属小屋・橋・風車 A.B.オポローヴニコフ 井上書院 1986年
  • 壊れかた指南/筒井康隆 文藝春秋 2006年