オーギュスト・エルバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オーギュスト・エルバン
Auguste Herbin
Auguste Herbin, c.1909.jpg
生誕1882年4月29日
フランス、キエヴィー(Quiévy)
死没1960年1月30日/31日
フランス、パリ
Le Canigou (1913)

オーギュスト・エルバン(Auguste Herbin, 1882年4月29日 - 1960年1月30日/31日)は、フランス画家抽象絵画を多く制作した。

略歴[編集]

ノール県のフランスとベルギーの国境の町、キエヴィー(Quiévy)の職人の息子に生まれた。1899年から1901年までリールの国立高等美術学校で学び、1901年にパリに移った。同じ時期、ベルギーのブルッヘをしばしば訪れ、ベルギーの芸術家とも交流した。1905年からアンデパンダン展に出展し、多くの前衛画家が作品を出展し、「フォーヴィズム」が誕生したといわれる1905年のサロン・ドートンヌにも作品を出展した。フアン・グリスと出会った後、キュビスムの作品を描くようになり、グリスやピカソ、モディリアーニが活動していたモンマルトルの共同スタジオ、「洗濯船」に移った。

1918年、1921年、1924年にパリの画廊で個展を開いた。ピュトー・グループのセクション・ドール展にも出品した。さらに、その大きな影響のもと、幾何学的な純粋抽象絵画へと到達した。

1930年代には「アプストラクシオン=クレアシオン」で活躍。色彩豊かな抽象絵画を多く制作した。

第二次世界大戦後も抽象絵画の制作を続けた。

関連する日本での展覧会[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Auguste Herbin, mit Notizen von Wieland Schmied, Ausstellungskatalog, Kestner-Gesellschaft, Hannover 1967
  • Dictionnaire de la peinture française. Larousse, Paris 1991, ISBN 2-03-740011-X.