オーガフミヒロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オーガ フミヒロ(本名:大鋸 史浩(おおが ふみひろ)1971年3月15日 - )は、日本画家

経歴[編集]

愛媛県松山市生まれ。3人兄弟の長子。1989年愛媛県立松山南高等学校砥部分校卒、1991年大阪総合デザイン専門学校絵本科修了。

高校時代はグラフィックデザインを専攻していたが、卒業制作展においてパステルを使用した心象画を発表、ハルオ・ミヤウチ(松山市出身)賞を受賞し絵画の世界に目覚める。

その後、大阪総合デザイン専門学校絵本科に特待生として入学し、かねてより夢であった絵本作家に向けての勉学に勤しむが、京都大丸で開催されたホアン・ミロの大原画展に感銘を受け絵本的な作品から次第に絵画性の強い作品に強い興味を持つようになった。しかし専門学校の卒業制作展で発表した塗り絵絵本『ぬりるん』が同校で金賞を受賞し副賞として絵本出版が決定されたこともあり、将来的には絵本作家を目指す思いは変わってはいなかった。

ところがバブル崩壊の煽りを受けて急遽出版が中止になってしまったことを受けて、多くの人が介在して発表される絵本での表現より一枚の絵で勝負する世界をめざすべきではないかと、次第に心が傾くこととなった。専門学校を終了後はデザイン業界に一時身を置くも、その後は定職を決めず関西各地を転々としながら、ただひたすらに絵を描き溜めることに専念していた。

94年に帰郷し翌年初個展を開催。愛媛県の美術関係者の間で特に好評を博し、この頃より画家としての志を持ち始める。初個展後、専門学校時代の恩師の勧めもあって公募団体の近代美術協会、美術文化協会に出品も始め数多くの賞を受賞したが、あくまでも個人としての活動に重点を置くことに主眼を置いていたため、97年には両会から退会している。

06年に松山市とフライブルク市との芸術交流の一環として渡独し海外での初個展を開催し、09〜11年には京都蔵丘洞画廊で個展、またART TAIPEIを中心に各国のアートフェアに出品、10年にはStar Crystal gallery(台北市)にて個展を開催している。

08年に関東へ拠点を移し、この頃よりパステル画から水性アルキド樹脂絵具を使用した作品が中心となり抽象性の高い作品から、人物、動物などをモチーフとした寓話的な作品へ移行している。絵本から飛び出してきたようなユーモラスなフォルムと、温かみのある色調の中に日常に潜む哀しみを内包した作品は老若男女を問わず幅広い層に人気がある。

表紙画制作などにも取り組みがあり2009年に三好典彦「漱石の病と『夢十夜』」(創風社出版)や2003年に松谷みよ子「現代民話考」全12巻の表紙を担当している。

2013年 美術出版社発刊の美術手帖12月号にて画材ガイドに掲載された。

著作[編集]

  • 『オーガフミヒロ詩画集 夜烏の手帳』(2016年、ギャラリー枝香庵出版企画部)

受賞歴[編集]

  • 1999年8月「日本の自然を描く展」 彫刻の森美術館賞 上野の森美術館(東京)
  • 2000年3月 西脇市サムホール大賞展」 入選  西脇市岡之山美術館(兵庫)
  • 2000年11月「熊日総合美術展 21世紀アート大賞」 入選  熊本県立美術館(熊本)
  • 2002年3月「若き画家たちからのメッセージ展」 大賞 すどう美術館(東京)
  • 2002年9月「GEISAI-2」 スカウト賞 (イラストレーション誌より) ビッグサイト(東京)

個展[編集]

  • 1999年2012年 オーガフミヒロ展 ギャラリーかわにし(愛媛)
  • 2006年 Zwischen dem Himmer und Mir フライブルク市庁舎(フライブルク)
  • 2010年 オーガフミヒロ展 ギャラリーしらみず美術(東京)
  • 2011年 「編織異境」 Fumihiro Oga展 Star Crystal gallery(台北市)
  • 2009年2012年 オーガフミヒロ展 蔵丘洞画廊(京都)
  • 2013年 オーガフミヒロ展 マスダ画廊(福岡)
  • 2013年 オーガフミヒロ展 いつき美術画廊 銀座(東京)
  • 2013年 オーガフミヒロ展 ギャラリーかわにし(愛媛)
  • 2013年 オーガフミヒロ洋画展 渋谷・東急百貨店本店8階 美術画廊(東京)
  • 2014年 彼方からの手紙 大丸札幌店 美術画廊(北海道)
  • 2014年 オーガフミヒロ展 ギャラリー島田(兵庫)
  • 2014年 新世界 ギャラリーかわにし(愛媛)
  • 2014年 emerging wind いつき美術画廊(東京)
  • 2015年 オーガフミヒロ展 蔵丘洞画廊(京都)
  • 2015年 オーガフミヒロ展-うつつうた- ギャラリーかわにし(愛媛)
  • 2015年 「空空漠夜」展 さくらさくギャラリー(東京)
  • 2015年 「八年想起」展 ギャラリーアビアント(東京)

所蔵画廊[編集]

  • ギャラリー アビアント
  • いつき美術画廊
  • ギャラリー枝香庵
  • ギャラリーかわにし
  • すどう美術館
  • 蔵丘洞画廊
  • ギャラリー名画堂

表紙画[編集]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]