プランタン (フランスの百貨店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オ・プランタンから転送)
移動先: 案内検索
プランタン
Printemps
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ
設立 1965年11月3日
業種 小売業
事業内容 百貨店業
外部リンク http://www.printemps.com/
テンプレートを表示
オ・プランタン本店
ドーム状のガラス天井

プランタンフランス語: Printemps)は、フランスパリに本店を置く百貨店。プランタンはフランス語での意。

本店は、パリ9区のオースマン大通りにある。かつてはアンドラサウジアラビアジッダアメリカ合衆国デンバー日本東京プランタン銀座)などでも展開していたが、現在はフランス国内でのみ営業を行っている。

歴史[編集]

プランタンは、ボン・マルシェ百貨店の元店員であったジュール・ジャリュゾにより1865年に開業した。建設地は当時はまだ開発途上の地区であったが、パリと地方を結ぶサンラザール駅が新設されたばかりで、その将来性を見込んでのオープンだった[1]。建物を設計したポール・セディーユは、ガラス工芸アール・ヌーヴォーの丸い屋根に囲んだ近代建築な百貨店に仕上げた。1975年には、建物と丸い屋根が歴史上の記念碑として登録された。

1991年にはグッチの親会社として知られるピノー・プランタン・ルドゥート (PPR、現在のケリング)に買収されたが、2006年、高級ブランドに集中するPPRの戦略から独REEFFと伊Borlettiグループのコンソーシアムに売却された。

2008年に本店で2008年パリ爆弾脅迫事件が発生した。

関連項目[編集]

  • ギャラリー・ラファイエット - フランスの大手百貨店で同じパリのオースマン大通りに本店を構える
  • ダイエー - 日本における提携法人。1980年4月に合弁会社「オ・プランタン・ジャポン」を設立(1986年清算)したほか、2000年まで「プランタン」の名称使用契約を結んでいた。(詳細
  • プランタン銀座 - 日本で1984年4月27日から2016年12月31日まで営業していた百貨店。運営は名称使用契約を結んでいた同名法人(1983年から2002年まではダイエーグループ、2002年から2016年までは読売グループが行っていた。法人は2016年12月末まで名称使用契約を結んでいたが、契約終了後の2017年1月にマロニエゲートに改称した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 19世紀後半パリにおける草創期百貨店の女店員福本逸美、Etudes francaises 22, 109-142, 1987-03-30

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度52分27秒 東経2度19分42秒 / 北緯48.874076度 東経2.328469度 / 48.874076; 2.328469