オ・グローベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
O Grove

{{{市章説明}}}

自治体庁舎
自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ オ・サルネス
面積 21.9 km²
人口 11,250 人 (2009年)
人口密度 512.6 人/km²
住民呼称 grovense、groveiro/-a、meco/-a
ガリシア語率 96.93% (2011年[1]
O Groveの位置(スペイン内)
O Grove
O Grove
スペイン内オ・グローベの位置
O Groveの位置(ポンテベドラ県内)
O Grove
O Grove
ポンテベドラ県内オ・グローベの位置

北緯42度30分 西経8度52分 / 北緯42.500度 西経8.867度 / 42.500; -8.867座標: 北緯42度30分 西経8度52分 / 北緯42.500度 西経8.867度 / 42.500; -8.867

Situacion O Grove.PNG

オ・グローベO Grove)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体。リア・デ・アロウサ(アロウサ湾)の南岸に位置する。コマルカ・ド・サルネスを構成する自治体のひとつ。ガリシア統計局によると2009年の人口は11,250人(2007年:11,226人)、男女別では男性5,549人、女性が5,677人となっている。カスティーリャ語による表記はEl Grove エル・グローベ。

住民呼称は男女同形のgrovense、またはgroveiro/-a、meco/-a。

ガリシア語話者は自治体人口の96.93%(2001年)。

地理[編集]

オ・グローベは、オ・バオとして知られる地峡とつながり、小さな半島になっており、面積は21.89平方km。オ・バオ地峡の西側はランサーダ海岸、東側はエンセアーダ・ド・バオの入江となっている。この地峡でオ・グローベはサンシェンショとつながっている。

この地峡は、長さが2kmあり、中央部が幅およそ500m、北側の最も広い所で幅約1kmとなっており、ウミア川と南からの海流によって堆積されたものである。この地峡の形成は比較的新しく、1632年の地図では島であったオ・グローベが、半島として初めて地図に描かれたのは1784年のことである。

オ・グローベの最高地点はシラデージャ山で167m、次いで、コン・ダ・ガルダ山の95mとなっている。

川については、半島の各所に小さな小川があるのみで、市街地にあるラソエイロ川口には、今日水道管が敷設されている。

また、半島部の北側には淡水池のボデイラ池がある。

人口[編集]

オ・グローベの人口は11,264人(2008年、スペイン統計局)で、市街地とトシャ島と市域の大部分を含むサン・マルティーニョ教区と半島部の西側のサン・ビセンテ教区に分かれて暮らしている。住民の多くはサン・マルティーニョ教区に居住しており、その数は10,147人、一方サン・ビセンテ教区の人口はわずか1,117人である。

オ・グローベの人口推移 1910-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

政治[編集]

2007年の自治体選挙の結果、自治体首長はガリシア社会党(PSdeG-PSOE)のホセ・アントーニオ・カカベーロス・リコ(José Antonio Cacabelos Rico)、自治体評議員は、ガリシア国民党(PPdeG):7、ガリシア社会党:4、ガリシア民族主義ブロック(BNG):3、その他:3(統一左翼ガリシアEU-IU、ガリシア主義党PG、Alternativa Meca(A MECA)、各1)となっている。

経済[編集]

教区[編集]

オ・グローベは2つの教区に分けられる。

  • オ・グローベ(サン・マルティーニョ)
  • サン・ビセンテ・ド・グローベ(サン・ビセンテ)

脚注[編集]

外部リンク[編集]