ベイリーズ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オレンジ賞から転送)
移動先: 案内検索
ベイリーズ賞
Baileys Women's Prize for Fiction
受賞対象 女性(国籍不問)が英語で執筆した長編小説
主催 Women's Prize for Fiction
イギリスの旗 イギリス
初回 1996年
公式サイト www.womensprizeforfiction.co.uk
テンプレートを表示

ベイリーズ賞(ベイリーズしょう、: Baileys Women's Prize for Fiction)は、イギリスで最も権威ある文学賞の一つ[1][2][3]。女性作家(国籍不問)が英語で執筆し、前年にイギリスで刊行された創作長編小説のうち、最も優れたものに与えられる[4]

1996-2012年はオレンジ賞(Orange Prize for Fiction または Orange Broadband Prize for Fiction)、2013年は女性小説賞(Women's Prize for Fiction)という名称だった。

概要[編集]

この賞は、主要な文学賞でしばしば女流作家が軽視されていることを鑑み、女流作家の貢献を認知させるために設立された[5][6]。受賞者には賞金3万ポンドと、俳優兼作家デヴィッド・ニーヴンの姉グリゼル・ニーヴンが制作した「ベッシー」と呼ばれる銅像が贈られる[5]。受賞者は「5人の先導的女性」からなる選考委員会によって毎年選ばれる[7][5]

この賞は、次のような賞も派生させている[8][9]

  • Harper's Bazaar Broadband Short Story Competition
  • Orange Award for New Writers
  • Penguin/Orange Readers' Group Prize
  • Reading Book Group of the Year

2004年には通常の賞に加え、50冊の現代「読むべき本」リストが発表された。これらはヘイ・フェスティバルの参加者から選ばれた500名が選んだものであり、彼らが存命するイギリス人作家の著作のうちで必読と考えたものが挙げられている。このリストはオレンジ賞の "50 Essential Reads by Contemporary Authors"(読むべき現代作家の本50冊)と呼ばれている[10]

主な受賞者にゼイディー・スミス(2006年)、チママンダ・アディーチェ(2007年)、マリリン・ロビンソン(2009年)、バーバラ・キングソルヴァー(2010年)などがいる。

選考規約[編集]

授賞前年の4月1日からの1年間にイギリスで出版された、女性作家(国籍不問)が英語で執筆した創作長編小説が対象となる。候補作はイギリスの出版社と選考委員が推薦した作品の中から選ばれ、作家自薦はできない。短編集や30000語以下のノヴェラ、単独著書でないもの、大人向けレーベルから刊行されていない児童書(ヤングアダルトなども含む)、自費出版本、翻訳書は対象とならない。電子書籍は対象となるが、最低10冊の紙書籍版を提出すること、および一次候補作リスト発表時点で紙書籍版が全国流通していることが条件となる。[4]

2016年の例では、2015年9月中の3週間で候補作推薦を受け付け、一次候補作リスト(最大20作)が3月8日に、最終候補作リスト(最大6作)が4月11日に発表され、6月8日に受賞作が発表される[11]


スポンサーと賞名の変遷[編集]

1996-2012年はイギリスの通信会社オレンジ英語版が後援し、賞名は"Orange Prize for Fiction"(1996-2006年、2009-12年)または"Orange Broadband Prize for Fiction"(2007-08年)だった。

オレンジは2012年を最後に後援を取り止めた[12]。2013年は企業スポンサーがつかずに、シェリー・ブレアと作家のジョアンナ・トロロープ英語版およびエリザベス・バカン英語版らの個人的出資により、"Women's Prize for Fiction"(女性小説賞)の名称で運営された[13]

その後、酒造企業のベイリーズ・アイリッシュ・クリームがスポンサーとなり、2014年から「ベイリーズ賞」と改称された[14]

脚注[編集]

  1. ^ Pryor, Fiona (2007年12月28日). “Life after Orange Prize success”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7137156.stm 2012年6月1日閲覧。 
  2. ^ Reynolds, Nigel (2008年4月12日). “Small Island voted best Orange prize winner of past decade”. Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/news/1499760/Small-Island-voted-best-Orange-prize-winner-of-past-decade.html 2012年6月1日閲覧。 
  3. ^ Forna, Aminatta (2005年6月11日). “Stranger than fiction”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/books/2005/jun/11/orangeprizeforfiction2005.orangeprizeforfiction 2012年6月1日閲覧。 
  4. ^ a b Baileys Women's Prize for Fiction: Rules”. Baileys Women's Prize for Fiction. 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ a b c Baileys Women's Prize for Fiction: FAQs”. Baileys Women's Prize for Fiction. 2015年3月15日閲覧。
  6. ^ Merritt, Stephanie (2007年10月28日). “The model of a modern writer”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/books/2007/oct/28/fiction.stephaniemerritt 2009年6月10日閲覧。 
  7. ^ Baileys Women's Prize for Fiction: Judgeing”. Baileys Women's Prize for Fiction. 2015年3月15日閲覧。
  8. ^ Patrick O'Donnell (editor). The Encyclopedia of Twentieth-Century Fiction, see "Awards and Prizes" by Richard Todd, pp. 19–22.
  9. ^ Andrew Maunder (editor). The Facts On File Companion to the British Short Story, see "Awards and Prizes" by Vana Avegerinou, pp. 22–24.
  10. ^ Harry's 'must-read' snub”. London Evening Standard (2004年6月7日). 2012年6月1日閲覧。
  11. ^ Baileys Women's Prize for Fiction: Publisher Information”. Baileys Women's Prize for Fiction (2004年6月7日). 2015年3月15日閲覧。
  12. ^ Benedicte Page (2012年5月22日). “Orange to cease sponsorship of Fiction Prize”. The Bookseller. 2012年6月1日閲覧。
  13. ^ Robert McCrum (2012年10月13日). “How prize that used to be Orange was saved – and rebranded”. The Guardian. 2012年10月18日閲覧。
  14. ^ Alison Flood (2013年6月3日). “Baileys all round at Women's Prize for fiction”. The Guardian. 2013年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]