オレンジェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モスクワのクスコボにあるオランジェリー(1760年代)。
アイルランド、フォタ島、フォタハウスオランジェリーのガラス屋根
19世紀半ばにポツダムプロイセンフレデリックウィリアム4世によって建てられたOrangerieschloss。
ベルギーのラーケン王宮のオランジェリー(1820年頃)は、ラーケンの記念碑的な王立温室の最も古い部分

オレンジェリーオランジェリーorangery or orangerieオランジュリーは、ルネサンス庭園以降17から19世紀にかけて、東方からの植物として珍重されたシトロンオレンジなどの果物が実る樹木を、寒い季節の間養成するためにつくられた温室やコンサバトリー。

非常に大規模な形態や、ファッショナブルな住宅の敷地内に建つ専用建物と化した[1]

初期の例[編集]

ベルサイユのオランジュリーは1684年から1686年の間に建てられた。

建材[編集]

屋根ランタン Meuselwitzオランジェリー。ドイツ・Meuselwitz、

初期のオレンジェリー[編集]

レストパークの印象的なオランジェリー

ヨーロッパ大陸の例[編集]

ベルヴェデーレ宮殿のおランジェリー。オーストリア・ウィーン
シャトー・ドゥ・バガテルのオランジェリー
シュヴェリーン城のオランジェリー。ドイツ・シュヴェリーン
グランド・オランジェリー(ペテルゴフ)
スウェーデン、フィンスパン城のオランジュリー(1832)

オーストリア[編集]

フランス[編集]

ベルギー[編集]

  • ラーケン、ラーケン王宮のオランジュリー(1820年頃)

ドイツ[編集]

ポーランド[編集]

  • ワルシャワワジェンキ公園のスタラPomarańczarnia (EN:旧オランジェリー、構築されたのは1786年から1788年)とノワPomarańczarnia (EN:新オランジェリー; 1860年竣工)

ロシア[編集]

スウェーデン[編集]

  • リネアニウム、 Botaniskaträdgården(ウプサラ) –ウプサラ大学オランジェリー植物園 1787年
  • Linnéträdgården 、ウプサラ 1655年
  • FinspångCastleOrangerie 1832年
  • NynäsSlott 、Manorial Estate(Castle)およびOrangery、Nynäs
  • Bergianskaträdgården 、ストックホルム、gamla orangeriet、現在はレストランとして使用されている

イギリスとアイルランド[編集]

ケンジントン宮殿(1761年)のオランジェリー ウィリアム・チェンバーズ卿による最も初期の生き残り作品。28メートル (92 ft)長さがあり建てられたときには英国で最大の温室であった。冬のオレンジのエンドパビリオンを備えたアーケードとして設計されているが、屋根下への光が低すぎて成功しなかった[要出典]

キュー王立植物園のオランジェリー 1761年にウィリアム・チェンバーズ卿によって設計され、かつてはイギリス最大の温室であった[2]

ウェールズのマーガムパークにあるオランジェリー トーマス・マンセルタルボットが受け継いだオレンジ、レモン、柚子の木について大規模なコレクションを収容するために、1787年から1793年の間に建てられた。元の家は取り壊されたが、規模 327フィート (100 m)は、ウェールズで最も長い[3]

ロンドンケンウッドハウス 1700年頃のオレンジリー。なお少し前のオレンジリーはモンタキュートにある。

ナショナルトラストの手にある他のオレンジリーは次のとおり[4]

ドーセット州マッパートンにあるイタリア式庭園のオレンジリー 1970年、ヴィクター・モンタギューが建設[5]

シェフィールドのノートンホールにある19世紀半ばのオランジェリー[いつ?] アパートに変わっている [6]

アイルランド キルラダリーハウスとLoughcrewハウスのオランジェリ [7]

アメリカ[編集]

1937年に撮影されたワイプランテーションオランジェリー。
ジョージ・ワシントンによって設計されたものが再建されたマウントバーノンオランジェリー。

18世紀[編集]

バージニア州マウントエアリーのテイロエハウスのオランジェリー 米国で部分的に無傷で残っている最も初期のオレンジリーとされる。今日では主要壁と他基礎の一部のみで構成され草に覆われた廃墟と化している[8]

バージニア州ノーサンプトン郡のエアホールの庭 台無しにされたオレンジェリーが見られる[9]

メリーランド州チュニスミルズ(イーストン)近くのワイプランテーション アメリカで最も古くから知られている現存するオレンジリーで[10] [11]このオランジェリーは本館の後ろにあり、最初の建設後のある時点で2つの小さな翼が追加された大きなオープンルームと、南向きの壁は大きな三重に吊るされた窓で構成されている。植物が保管されていた主要なセクションをさらに断熱する方法として、18世紀半ばから後半にかけて建設された当時のオレンジリーのスタイルの一部である。現在の居住者であるティルマン(ロイド家の子孫)によると、家族のビリヤードルームとして機能していた。またこのプランテーションは若い奴隷少年であったフレデリック・ダグラスの住処であったことでも注目に値する[12]

バージニア州マウントバーノンジョージ・ワシントン自邸のオレンジェリー ワシントンの設計および建設。ジョージアン様式の建築で設計された大邸宅のすぐ北にあり、上庭に面しており、1787年に完成したマウントバーノンエステートで最大の建物の1つ。ワシントンはそこでレモンとオレンジの木とサゴヤシを育てた。同時代の人々から野心的な構造と見なされていたメインルームは、空気循環のためのアーチ型天井が特徴で、床下の一連の煙道からの放射加熱が組み込まれていた。元の温室は1835年に焼失したが、1951年に基計画を使用して同じ場所に再建された[13]

19世紀[編集]

ワシントンDCダンバートン・オークスエステートのオレンジリー 1810年に建てられた。現在は冬の間はクチナシ、キョウチクトウ、柑橘類の植物を収容するために使用されている[14]

メリーランド州タウソン近くのハンプトン国定史跡にあるオレンジリー。 もともと1820年に建てられ、19世紀半ばまでに米国で最も豊富な柑橘類の木のコレクションを有していたが[15]現在の構造は1926年に焼失したオリジナルを1970年代に再建されたもの[16]

バージニア州ピーターズバーグのバタシー史跡のオランジェリー 現在修復中。もともとは1823年から1841年の間に建てられたが、後の時期にガレージに改造されていた[17]

フェアリーディキンソン大学のフローラムキャンパスにあるオランジェリー。 後半19世紀、フローレンス・アデル・ヴァンダービルト・トゥオンブリーと夫ハミルトン・トゥ・オンブリーが自らの不動産フローハムに構築。マッキムミード&ホワイト事務所による[18]

20世紀[編集]

マサチューセッツ州ボイルストンのタワーヒル植物園内のオランジェリー  18世紀のスタイル、1980年代[19]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gervase Markham, in The Whole Art of Husbandry (London 1631) also recommends protecting other delicate fruiting trees— "Orange, Lemon, Pomegranate, Cynamon, Olive, Almond"— in "some low vaulted gallerie adjoining upon the Garden".
  2. ^ Iconic London Attractions - Visit Kew Gardens”. kew.org. 2004年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2004年10月25日閲覧。
  3. ^ http://www.margamorangery.co.uk/history
  4. ^ The list was given in Stewart-Thomas, loc. cit..
  5. ^ Note by T. E. C. W. in the Quarterly Newsletter of the Garden History Society.
  6. ^ British Listed Buildings. Gives details of orangery at Norton Hall.
  7. ^ Malins, Edward Greenway; Bowe, Patrick (1980). Irish Gardens and Demesnes from 1830. ISBN 9780214206283. https://books.google.com/books?id=uMILAQAAMAAJ&q=Orangery+irish 
  8. ^ Toler, Kathleen Colonial Classic: Mount Airy Virginia Living, Cape Fear Publishing Co. Inc., 2016.
  9. ^ Virginia is for Lovers, Eyre Hall Gardens. Official Tourism Website of the Commonwealth of Virginia, 2018.
  10. ^ Orangery at Wye House. D.O. Garden Stories, accessed October 27, 2018.
  11. ^ Historic American Buildings Survey.Wye House, Orangery, Bruffs Island Road, Tunis Mills, Talbot County, MD 1936.
  12. ^ Wilford, John Noble (2006年9月6日). “An Abolitionist Leads the Way in Unearthing of Slaves' Past”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/09/05/science/05doug.html?ex=1315108800&en=fd78b91d520f5e33&ei=5088&partner=rssnyt&emc=rss 2007年7月13日閲覧。 
  13. ^ Mount Vernon Ladies’ Association. George Washington's Mount Vernon: Greenhouse 2018.
  14. ^ Dumbarton Oaks. “The Orangery”. 2011年3月12日閲覧。
  15. ^ Christopher V. Novelli (2006). Battersea. National Register of Historic Places Registration Form 
  16. ^ Hampton: A Revolutionary Place”. Umbc.edu. 2013年4月27日閲覧。
  17. ^ Ann Milkovich McKee (2007). Images of America — Hampton National Historic Site. Charleston, SC: Arcadia Publishing. ISBN 978-0-7385-4418-2 
  18. ^ Florham: Lives of an American Estate. Friends of Florham. (2011). pp. 55–56. ISBN 978-0615567433 
  19. ^ Tower Hill Botanic Garden: The Orangerie Worcester County Horticultural Society.

参考文献[編集]

  • ウッズ、メアリー(1996)。ガラスの家:温室、オレンジリー、温室の歴史