オレクサンドル・ドヴジェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オレクサンドル・ドヴジェンコ
Олександр Петрович Довженко
Олександр Петрович Довженко
ソビエト連邦の切手の肖像画
生年月日 1894年9月10日
没年月日 1956年11月25日(満62歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ウクライナ
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画

オレクサンドル・ペトローヴィチ・ドヴジェンコアレクサンドル・ペトローヴィチ・ドウジェンコウクライナ語:Олександр Петрович Довженкоロシア語:Александр Петрович Довженко英語:Olexander Petrovych Dovzhenko1894年9月10日 - 1956年11月25日)はウクライナ出身の映画監督脚本家ウクライナ人ソ連時代のウクライナ、ロシアを中心に活躍した。

経歴[編集]

セルゲイ・エイゼンシュテインフセボロド・プドフキンと並んで、ソ連映画界の3大巨匠と称されるが、彼らに比べて映画界に進出した時期が遅かったため、国外では幾分知名度は低い。

14人兄妹の7番目。11歳になるまでに上の兄弟が全て亡くなってしまい、長男として働きに出ざるをえなくなった。

両親は無学だったが、読み書きができる程度の教育を受けていた祖父から修学を勧められ、1914年に師範学校を卒業。19歳でギムナジウムの教師として物理学などの自然科学を教える。

心臓に疾患があったため、第一次世界大戦ロシア革命の両方の兵役を免れる。1920年代前半ごろに共産党入党。

1926年からオデッサの映画撮影所で監督として活動をはじめる。

全ロシア映画大学で教鞭をとった。教え子にセルゲイ・パラジャーノフなどがいる。

1956年11月25日に心臓発作でモスクワで死去した。

亡くなった1年後の1957年には、ソ連映画界におけるその功績を称えてキエフ映画撮影所がドヴジェンコ映画撮影所に改称され、1959年に「海についての詩」の文学脚本でレーニン賞を受賞。1972年には、ドヴジェンコ最優秀戦争愛国映画金メダルが創設された。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • ズヴェニゴーラ(1928年) - 監督
  • 武器庫(1929年) - 監督
  • 大地(1930年) - 監督・脚本
  • イワン(1932年) - 監督・脚本
  • 航空都市(1935年) - 監督
  • シチョールス(1939年) - 監督
  • 戦場(1961年) - 脚本

脚注[編集]

外部リンク[編集]