オレアナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オレアナ』 (Oleanna) は、デヴィッド・マメットが1992年に書いた戯曲である。セクシャルハラスメントをモチーフにした2人の俳優による密室劇。休憩を入れても100分たらずという短い舞台であり、オフ・ブロードウェイで最初に上演された後、世界中で上演されている。

1994年には、劇書房から日本語版戯曲が出版されている。

あらすじ[編集]

大学教授のジョンのもとに、勉強についていけないと訴える女学生キャロルが尋ねてくる。ジョンは紳士的に対応し、肩を抱いて慰めるが、しかし、彼女はジョンをセクシュアル・ハラスメントで大学に訴えるという行動に出た。教授職を失いそうになったジョンは、なんとか誤解を解こうとキャロルと話し合うが、2人のすれ違いは段々激しくなっていく。

海外での上演[編集]

日本での上演[編集]

日本ではパルコ劇場プロデュースで、1994年には長塚京三若村麻由美、1999年には同じく長塚京三と永作博美、2015年には田中哲司志田未来によって上演[1]

題名の由来[編集]

「オレアナ」という名前はどちらの登場人物の名前とも関係がない。これはある歴史上の出来事と結び付けられている。1980年代にノルウェーのヴァイオリニスト、オーレ・ブルペンシルベニアに広大な土地を購入し、そこを「オレアナ」と名づけて同郷人のための理想郷にする計画を立てた。しかし、土地が農耕に適していなかったことなどが原因でこの計画は失敗し、彼や彼の計画に参加した人々は大金を失ってしまった。そのことから転じて、理想郷を追い求める絶望的な状況を示唆するときに「オレアナ」と言う場合があるという。

出典[編集]