オレの息子は元気印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オレの息子は元気印
ジャンル テレビドラマ
脚本 今井詔二
演出 脇田時三佐々木章光
出演者 奥田瑛二
秋野暢子
河合その子
河合康史
関根勤
せんだみつお
松金よね子
広田玲央名
柴田理恵
ほか
オープニング 中原めいこ『UNBALANCE ZONE』
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年1月10日 - 1987年2月7日
放送時間 土曜日21:00 - 21:54
放送枠 土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分 54分
回数 5

オレの息子は元気印』(おれのむすこはげんきじるし)は、日本テレビ系列の『土曜グランド劇場』(毎週土曜日21:00 - 21:54)の枠で、1987年昭和62年)1月10日から同年2月7日まで放送されていたテレビドラマ。全5話。

概要[編集]

松田克也は東京近郊にあるスーパーマーケットの店長、その妻・怜子は労働省に勤める国家公務員。二人は学生時代に同棲した末に結婚し、今は二人の子持ち。15歳の息子・祐太郎は思春期を迎えて女性に興味津々、8歳の娘・さやかも克也が恥ずかしくなりそうなことを平気で言うように。克也は育児に疲れた日々を送っていた中で、美術大学生の佐伯千鶴と出会い、知り合う。しかしそんな一方で、千鶴の下着を盗もうとした男を追い返した祐太郎が、アパートに招かれたことで祐太郎も千鶴に夢中になり、千鶴を巡って克也と祐太郎親子の恋のさや当て合戦に発展する。克也は親の権限を以って抑え付けようとし、祐太郎は母・怜子を巧みに丸め込んで反撃しようとするが…。

1970年代の同棲ブームを経験し、過ごして来たカップルが夫婦となった家庭をコメディータッチで描いた[1][2]。毎回、奥田瑛二演じる克也がオープニングとエンディングに歌を口ずさむシーンがあったのが本作の特徴でもあった(第3話(1987年1月24日)で歌っていたのは『ケメ子の歌』)[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1987年1月10日 一人のオニャンコに亭主と息子が目を付けた、妻は 脇田時三
2 1月17日 君のすべてが欲しいんだ
3 1月24日 ルンルン気分の息子はもう彼女を知ってしまったのか? 佐々木章光
4 1月31日 若い女にうつつをぬかしている間に妻は浮気?
5 2月7日 女ってなんて素敵なんだろう、君をのせてどこまでも 脇田時三

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)1987年「オレの息子は元気印」の項目
  2. ^ 1987年1月10日 読売新聞テレビ欄掲載の本作の紹介記事より。
  3. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1986年1月30日号 p.27掲載の本作の紹介記事より。
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
オレの息子は元気印