オルガン交響曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルガン交響曲は、独奏オルガンのみで「オルガン・ソナタ」よりも規模が大きな交響曲的な響きを創り出すオルガン曲。ヴィエルヌヴィドールの作品が知られており、特にヴィドールの第5番の終楽章「トッカータ」は、欧米では結婚式の際に使用されるなどして親しまれている。ソラブジは同じような意味で「ピアノ交響曲」も生み出している。

主な作曲家と作品[編集]