オリーブ銅鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オリーブ銅鉱
分類 ヒ酸塩鉱物英語版
シュツルンツ分類 8.BB.30
Dana Classification 41.06.06.01
化学式 Cu2AsO4OH
結晶系 単斜晶
対称 P21/n
晶癖 繊維状、ブドウ房状、腎臓状、顆粒状、土状、塊状
双晶 {010}
へき開 {101} {110} 不明瞭
断口 貝殻状断口もしくは不規則
モース硬度 3
光沢 金剛光沢もしくはガラス光沢、繊維状の場合は真珠光沢もしくは絹糸光沢
オリーブ色から黄色、褐色、灰緑色、灰白色
条痕 オリーブ色から褐色
透明度 半透明もしくは不透明
比重 4.46
光学性 二軸性 (+/-)
屈折率 nα = 1.747 - 1.780 nβ = 1.788 - 1.820 nγ = 1.829 - 1.865
複屈折 δ = 0.082 - 0.085
多色性 薄緑色(: Weak green)[訳語疑問点]と黄色
光軸角 2V 測定値: 80° to 90° 計算値: 46° to 84°
分散 強く r > v または r < v
文献 [1][2][3][4]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示
オリーブ銅鉱

オリーブ銅鉱(オリーブどうこう、: Olivenite)は、Cu2(AsO4)(OH)なる化学式のヒ酸塩鉱物英語版単斜晶系[1]である。

概要[編集]

多くの場合、針状晶癖英語版球状凝集体(: globular aggregates )[訳語疑問点]としてみられ、しばしば柔らかい光沢を持つ。 またドーム状末端を持つ単純な柱状晶癖の小さな輝く結晶中にみられることもある。 層状の構造や軟質な土状の構造をとることもある。

名前が示すとおりその特徴はオリーブ色である。しかし実際には、結晶中にみられる黒みがかった緑色から、細かい繊維状晶癖(木銅鉱、: woodcopper)でみられる白色まで幅がある。

このオリーブ銅鉱は、かつてコーンウォール セント・デイ英語版地区の銅山において、奥地の採掘場で、褐鉄鉱石英に混ざってある程度豊富に見られた。 またレッドラス英語版近郊やユタ州ティンティック鉱山地区英語版でも豊富に見られた。 銅鉱石と硫砒鉄鉱酸化することでオリーブ銅鉱が生れるため、 このような銅山はオリーブ銅鉱の副次的な産出地であった。

オリーブ鉱石のヒ素は少量のリンにより部分的に置換されていることがある。 完全にリンに置換した場合、リベセナイト英語版という銅リン酸塩鉱物 Cu2PO4OH にあたる。 リベセナイトは スロバキアリベセン英語版や(少量ではあるが)コーンウォールで産出される小さな濃緑色のオリーブ銅鉱結晶に類似している。 他の同形の鉱物種としては、アダム鉱 Zn2AsO4OHやエヴァイト英語版 Mn2AsO4OHが挙げられる。

オリーブ銅鉱のグループ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Handbook of Mineralogy”. Mineral Data Publishing, version 1. 2009年10月11日閲覧。
  2. ^ http://www.mindat.org/min-2981.html Mindat
  3. ^ http://webmineral.com/data/Olivenite.shtml Webmineral data