オリーコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリーコラ
Oricola
オリーコラの風景
Castello di Oricola
行政
イタリアの旗 イタリア
アブルッツォ州の旗 アブルッツォ
Blank.png ラクイラ
CAP(郵便番号) 67063
市外局番 0863
ISTATコード 066062
識別コード G102
分離集落 Civita
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 1,150 [1](2012-01-01)
人口密度 62.5 人/km2
文化
住民の呼称 oricolani
守護聖人  
祝祭日 5月17日
地理
座標 北緯42度3分1秒 東経13度2分25秒 / 北緯42.05028度 東経13.04028度 / 42.05028; 13.04028座標: 北緯42度3分1秒 東経13度2分25秒 / 北緯42.05028度 東経13.04028度 / 42.05028; 13.04028
標高 810 (571 - 925) [2] m
面積 18.40 [3] km2
オリーコラの位置(イタリア内)
オリーコラ
オリーコラの位置
ラクイラ県におけるコムーネの領域
ラクイラ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

オリーコライタリア語: Oricola)は、イタリア共和国アブルッツォ州ラクイラ県にある、人口約1200人の基礎自治体コムーネ)。

アブルッツォ州西端のコムーネで、ローマの東北東約50kmに位置する。ローマからアドリア海沿岸(ペスカーラなど)へ至る古来の交通路で、古くはティブルティーナ街道、現代は鉄道や高速道路(アウトストラーダ)が当地を通る。

名称[編集]

地名は、岩がちな山を意味する "coriculum" から来ている可能性がある[4]

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ラクイラ県西部、マルシカ地方 (Marsicaに位置する。ラクイラ県西端のコムーネであり、同時にアブルッツォ州西端のコムーネである。オリーコラの集落は、県都・州都ラクイラから南西へ43km、ローマから東北東へ49kmの距離にある[5]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。RMはローマ県所属。

歴史[編集]

ローマ人以前にはアエクイ族が暮らしていた土地である。

アエクイの土地をローマ人が占領した紀元前304年頃、アニエーネ谷とマルシカの境界に築かれたローマの植民市カルシオリ (it:Carsioliは、村域内のチヴィタ集落付近にあったと考えられている(のちにカルシオリの名はカルソーリに引き継がれた)。

当地には9世紀ころにマルシ伯 (it:Conti dei Marsiライノルドによって、この地に山城(ロッカ、のちのオリコーラ城) (it:Castello di Oricolaが築かれた[6]。1096年、この地域の領主となった寡婦 Aldegrina は、オリコーラやカメラータペレートなどの城をモンテカッシーノ修道院 (it:Abbazia di Montecassinoに寄進した[4][7]。12世紀にはノルマン人の支配下にあり、オリコーラに属する土地を、Todino da Ponte とそのおじの Rainaldo が分割して相続した記録が残っている[4]1242年には、シチリア王フェデリーコ1世(神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世)がオリコーラにかくまわれた逃亡者を追討するため、カルソーリを破壊してオリコーラ城を攻撃した[7]

1381年、オリコーラはオルシーニ家の封地となった。15世紀半ばにオリコーラ城は修築され、現在の姿になった。1491年、オリコーラ城はコロンナ家の財産になったが、1528年にナポレオーネ・オルシーニがマリアーノ・デ・マルシでコロンナ家を破り、城はオルシーニ家が奪還した。1557年、オリコーラとその近隣の城は、アルベ公の部隊によって攻撃・略奪された。こうしたオルシーニ家とコロンナ家の争いは、タリアコッツォを中心とする地域全体の動向である[4]

1806年、オリーコラの封建支配が終わり、行政自治権が認められた[4]ペレートロッカ・ディ・ボッテもオリーコラの管轄下に置かれたが、1907年にこの2つの村はコムーネとして独立を回復している[4]

交通[編集]

道路[編集]

高速道路(アウトストラーダ
国道・主要道路

カルソーリとの境界付近にA24のカルソーリ=オリーコラ出入口がある。

鉄道[編集]

トレニタリア (FS)

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年10月7日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - L'Aquila (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年10月7日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - L'Aquila (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年10月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f TerreMarsicane: “Storia di Oricola”. 2017年9月15日閲覧。
  5. ^ 地図上で2地点の方角・方位、距離を調べる”. 2017年9月15日閲覧。
  6. ^ Fortificazioni di Oricola”. 2016年3月31日閲覧。
  7. ^ a b Giuseppe Marini. “Viaggio attraverso i paesi del Carseolano”. 2016年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]