オリンピック航空830便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリンピック航空 830便
MyPhotoYS11-1.jpg
同型機のYS-11
事故の概要
日付 1976年11月23日
概要 CFIT
現場 ギリシャの旗 ギリシャ 西マケドニア地方コザニ県セルビア
乗客数 46
乗員数 4
死者数 50(全員)
生存者数 0
機種 YS-11A-500
機体名 Isle of Milos
運用者 ギリシャの旗 オリンピック航空
機体記号 SX-BBR
出発地 ギリシャの旗 エリニコン国際空港英語版
経由地 ギリシャの旗 ラリサ・ナショナル空港英語版
目的地 ギリシャの旗 コザニ・ナショナル空港英語版
テンプレートを表示

オリンピック航空830便墜落事故(オリンピックこうくう830びんついらくじこ)は、1976年11月23日に発生した航空事故である。エリニコン国際空港英語版コザニ・ナショナル空港英語版行きだったオリンピック航空830便(YS-11A-500)がギリシャのセルビア近くの山に衝突し墜落。乗員乗客50人全員が死亡した[1]

事故機[編集]

事故機のYS-11A-500(SX-BBR)は、製造番号2156として製造され、1971年4月12日に初飛行を行っていた。4月28日にオリンピック航空に納入された[2][3]

事故の経緯[編集]

830便は、エリニコン国際空港英語版からコザニ・ナショナル空港英語版へ向かう途中に、ラリサ・ナショナル空港英語版を経由する予定だった。しかし、ラリサ空港付近の天候が悪化していたため、パイロットは高度5,500フィート (1,700 m)のままコザニ空港へ直行することに決めた。事故機の最後の交信は9時45分に行われ、コザニの南15海里地点を方位318度で飛行中との報告だった。10時19分、管制官は830便から応答がなかったため、緊急事態を宣言した。その後、830便がセルビア近くにある雲に覆われた標高4,265フィート (1,300 m)の山に墜落したことが確認された[1][4]

事故調査[編集]

墜落時、830便は方位310度に向けて飛行していた。最初に山と接触した後、機体は再び浮揚したものの、200mに渡り破片を散乱させながら丘に激突した。墜落の衝撃で出火し、機体は全焼した。事故当時、標高3,000フィート (910 m)以上の山々も雲で覆われていた[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c UK CAA Document CAA 429 World Airline Accident Summary p. 24/76
  2. ^ Roach/Eastwood 1990, p. 331
  3. ^ Flyteam SX-BBR”. 2019年4月30日閲覧。
  4. ^ Accident description Olympic Airlines Flight 830”. 2019年4月30日閲覧。

脚注[編集]