オリンパス・OM-D E-M1 Mark II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オリンパス・OM-D E-M1 Mark IIは、2016年12月22日に発売された、マイクロフォーサーズシステムのデジタルミラーレス一眼カメラである[1]

オリンパス・OM-D E-M1 Mark IIと高倍率ズームレンズ

概要[編集]

オリンパスのマイクロフォーサーズシステムのミラーレス一眼カメラのうち、OM-Dシリーズに属する機種で、同シリーズのフラッグシップモデルであったOM-D E-M1の後継機種である。 E-M1から画素数、AF・連写性能など多くの進化を遂げ、ミラーレスカメラでは最高峰に位置するカメラとなっている。

ボディはブラックのみであるが、2019年2月22日にオリンパス創設100周年を記念してシルバーが限定発売された[2]

E-M1からの主な進化点[編集]

[3]

  1. 有効画素数が2037万画素に
  2. 手ぶれ補正効果が本体のみで5.5段、対応レンズとの併用で6.5段に(発売当時世界最高)。
  3. 液晶モニターがバリアングルモニターに
  4. AF測距エリアが121点に。追従性能も向上。
  5. 連続撮影速度が最大18コマ/秒(AF・AE追従)に
  6. 深度合成撮影が可能に
  7. ハイレゾショット(連続撮影した8枚の画像を合成。最大8000万画素相当)の撮影が可能に
  8. 4K動画の撮影が可能に(フレームレートは約30フレーム/秒)

仕様[編集]

オリンパス・OM-D E-M1 Mark II仕様
撮像素子 形式:4/3型Live MOS センサー

サイズ:17.4 mm x 13.0 mm

カメラ部有効画素数 2037万画素
レンズマウント マイクロフォーサーズマウント
ファインダー アイレベル式液晶ビューファインダー、約236万ドット
液晶モニター 3.0型2軸可動式液晶:約104万ドット(3:2)
ライブビュー 視野率 約100%、

露出補正反映、ホワイトバランス反映、

階調オート反映、顔検出反映(最大8人)、

罫線表示、拡大表示(3倍/5倍/7倍/10倍/14倍)

情報表示:ノーマル、ヒストグラム、ハイライト&シャドウ、水準器、Off

手ぶれ補正 形式:ボディー内手ぶれ補正(撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正)

手ぶれ補正効果:

5.5段(本体のみ)

6.5段(対応レンズ使用時)

AF方式 ハイスピードイメージャAF(イメージャ位相差AF / イメージャコントラストAF 併用)
測距点 121点(クロスタイプ位相差AF)、121点(コントラストAF)
測光方式 324分割デジタルESP測光、中央部重点平均測光、スポット測光、スポット測光ハイライト / シャドウ
ホワイトバランス モード:オート、プリセット(7種)、ワンタッチWB(4件登録可)、CWB(色温度指定)
ISO感度 オートISO:ISO LOW(64相当) - 6400まで自動(初期設定)、200 - 6400まで上限感度変更可

マニュアルISO:LOW(64相当、100相当)、200 - 25600 (1/3、1 EVステップ選択可)

シャッター速度 [電子制御フォーカルプレーンシャッター]

1/8000 - 60秒、ライブバルブ、ライブタイム、ライブコンポジット

[電子先幕シャッター]

1/320 - 60秒、

[電子シャッター]

1/32000 - 60秒

連続撮影 [連写H]:約15コマ/秒(10 - 15コマ/秒に設定可)

[連写L]:約10コマ/秒(1 - 10コマ/秒に設定可)

[低振動連写L]:約8.5コマ/秒(1 - 8コマ/秒に設定可)

[静音連写H(電子シャッター)]:約60コマ/秒(15、20、30、60コマ/秒に設定可)

[静音連写L(電子シャッター)]:約18コマ/秒(1 - 10、15、18コマ/秒に設定可)

最高連続撮影枚数 [連写H・15fps時] RAW:約102コマ、JPEG(LN):約134コマ

[連写L・10fps時] RAW:約321コマ、JPEG(LN):カード容量一杯まで

[静音連写H・60fps時] RAW:約50コマ、JPEG(LN):約51コマ

[静音連写L・18fps時] RAW:約77コマ、JPEG(LN):約91コマ

低振動撮影 シャッター方式:電子先幕シャッター

シャッター速度:1/320 - 60秒(1/320より高速側はメカシャッターに自動切換え)

静音撮影 シャッター方式:電子シャッター

シャッター速度:1/32000 - 60秒

ハイレゾショット 解像力:50M画素相当、25M画素相当(撮像センサーをずらしながら8回撮影して自動合成)

【JPEG(50M)】8160 x 6120、【JPEG(25M)】5760 x 4320、【RAW】10368 x 7776

シャッター方式:電子シャッター

シャッター速度:1/8000 - 60秒

動画 動画記録方式:MOV(MPEG-4AVC/H.264 )

記録画素数/フレームレート/圧縮方式:

[MOV]

4096 x 2160(C4K)/ 24p / IPB(約237Mbps)

3840 x 2160(4K)/ 30p、25p、24p / IPB(約102Mbps)

1920 x 1080(FHD)/ 30p、25p、24p / ALL-I(A-I)、IPB(SF、F、N)

1920 x 1080(FHD)/ 60p、50p / IPB(SF、F、N)

1280 x 720(HD)/ 60p、50p、30p、25p、24p / ALL-I(A-I)、IPB(SF、F、N)

60p:59.94fps、50p:50.00fps、30p:29.97fps、25p:25.00fps、24p:23.98fps、C4K時は24.00fps

FHD ALL-I(A-I:ALL-Intra / 約202Mbps)、FHD IPB(SF:SuperFine / 約52Mbps、F:Fine / 約30Mbps、N:Normal / 約18Mbps)

HD ALL-I(A-I:ALL-Intra / 約102Mbps)、HD IPB(SF:SuperFine / 約26Mbps、F:Fine / 約14Mbps、N:Normal / 約10Mbps)

記録時間制限:[MOV] 約29分

動画撮影時手ぶれ補正:

M-IS1(撮像センサーシフト式&電子式 手ぶれ補正によるマルチモーションIS)、

M-IS2(撮像センサーシフト式によるマルチモーションIS)、OFF

入出力 USB:USB(タイプC)

リモコン端子:φ2.5ミニジャック(別売リモートケーブルRM-CB2使用可能)

HDMI端子:HDMIマイクロコネクター (タイプD)

フラッシュ端子:ホットシュー 、シンクロ端子

無線LAN:内蔵(IEEE 802.11b/g/n)

外部マイク入力端子:φ3.5 ステレオミニジャック(プラグインパワーOn/Off可)

ヘッドホン端子:φ3.5 ステレオミニジャック

パソコンインターフェース:Super Speed(USB3.0)

記録媒体 SD / SDHC/ SDXCメモリーカード、Eye-Fiカード対応
電源 使用電池:専用リチウムイオン充電池 BLH-1

撮影可能コマ数:

約440枚(BLH-1、TOSHIBA SDHC UHS-Iカード EXCERIA 32G 使用時、IS ON、フラッシュ非装着、CIPAの試験基準による)

約950枚(低消費電力撮影モード時、CIPA試験基準をベースにした当社試験法による)

本体サイズ

(W×H×D)

134.1mm×90.9mm×68.9mm(CIPA準拠 幅×高さ×奥行き 突起部含まず)
質量

(本体のみ)

約574g(CIPA準拠、付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写を実現したフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」および各種アクセサリー発売日決定のお知らせ” (プレスリリース), オリンパス株式会社, (2016年12月5日), https://www.olympus.co.jp/news/2016/if161205em1mk2j.html 2019年6月22日閲覧。 
  2. ^ “「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II (シルバー)」を発売” (プレスリリース), オリンパス株式会社, https://www.olympus.co.jp/news/2019/nr01033.html 2019年7月17日閲覧。 
  3. ^ 主な仕様 | OM-D | E-M1 Mark II”. オリンパス株式会社. 2019年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]