オリガ・フョードロヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリガ・フョードロヴナ
Ольга Фёдоровна
Великая княгиня Ольга Фёдоровна (Цецилия Баденская).jpg

出生 1839年9月20日
Flagge Großherzogtum Baden (1891–1918).svg バーデン大公国カールスルーエ
死去 (1891-04-12) 1891年4月12日(51歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ウクライナハルキウ
埋葬 ロシア帝国の旗 ロシア帝国首座使徒ペトル・パウェル大聖堂
配偶者 ミハイル・ニコラエヴィチ大公
子女 ニコライ
アナスタシア
ミハイル
ゲオルギー
アレクサンドル
セルゲイ
アレクセイ
父親 バーデン大公レオポルト1世
母親 ソフィア・ヴィルヘルミナ・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示

オリガ・フョードロヴナロシア語: Ольга Фёдоровна, ラテン文字転写: Olga Feodorovna, 1839年9月20日 - 1891年4月12日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。皇帝ニコライ1世の四男ミハイル・ニコラエヴィチ大公の妃。

生涯[編集]

バーデン大公レオポルト1世とその妃ゾフィー・ヴィルヘルミーネの末娘として、カールスルーエで生まれた。ドイツ語名はツェツィーリエ・フォン・バーデンCäcilie Auguste von Baden)。

1857年8月28日、サンクトペテルブルクでミハイルと結婚。7子を生んだ。

オリガはウクライナハルキウで没した。