オリエント急行殺人事件 (1974年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリエント急行殺人事件
Murder on the Orient Express
230-G-353 1987.JPG
映画に登場した230G 353号蒸気機関車
監督 シドニー・ルメット
脚本 ポール・デーン
製作 ジョン・ブラボーン
リチャード・グッドウィン
出演者 アルバート・フィニー
音楽 リチャード・ロドニー・ベネット
撮影 ジェフリー・アンスワース
編集 アン・V・コーテス
配給 イギリスの旗 EMI Films
アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 CIC/Par
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年11月24日
日本の旗 1975年5月17日
上映時間 128分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $35,000,000
テンプレートを表示

オリエント急行殺人事件』(オリエントきゅうこうさつじんじけん 原題:Murder on the Orient Express)は、1974年製作のイギリス映画

アガサ・クリスティの『オリエント急行の殺人』を映画化した作品で、豪華なキャストが話題になったシドニー・ルメット監督によるミステリ映画

映画は1974年11月24日に北米で公開されヒットを記録、アメリカ国内でおよそ3500万ドルの興行収入を挙げた。同年度の第47回アカデミー賞では、主演男優賞助演女優賞脚色賞撮影賞作曲賞衣装デザイン賞の6部門でノミネートされた。そのうちイングリッド・バーグマンが助演女優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

イスタンブールで事件を解決した私立探偵エルキュール・ポアロは、新しい事件のためオリエント急行で急遽ロンドンに向かうことになった。ところが列車はそのシーズンにしては珍しく混んでおり、一等寝台車は満室であった。ポアロはホテルで友人のビアンキに再会する。オリエント急行を所有する国際寝台車会社の重役である彼の計らいにより、ポアロはなんとかオリエント急行に乗り込むことに成功する。イスタンブールを出て2日目の夜、雪のために列車はバルカン半島内のある場所で停車してしまう。そしてその翌朝、一等車に宿泊していた裕福なアメリカ人の乗客ラチェット・ロバーツが死体で発見される。ポアロは彼から命を狙われていると相談を受けたが、嫌悪感から断っていたのである。

ポアロとビアンキは、二等車への乗車にて捜査対象外とされたギリシャ人医師コンスタンティン、フランス人車掌ピエール・ミシェルと共に捜査に乗り出す。コンスタンティン医師の検死により、ラチェットは合計で12回刺されており、そのうち少なくとも3回が致命傷になるほど深かったことが分かった。被害者のポケットにあった止まった時計、そして容疑者たちの当夜の行動によるポアロの推理により、ラチェットは深夜1時半頃に殺されたと判断された。死亡推定時刻は雪によって列車が停車した時間よりも前であり、積雪に犯人が逃亡した跡がなかったこと、一等車から他の車両への通路に鍵が掛けられていたことから、犯人は「一等車の乗客の中にいる可能性が極めて高い」と思われた。

以上の手掛かりを元に、ポアロは一等車の乗客の尋問を開始する。そしてポアロは「ラチェットの隠された過去」を暴き出す。実はラチェットは、カッセッティと呼ばれるマフィアのボスだったのだ。数年前、カッセッティとその部下は、アメリカに移住した裕福なイギリス人のアームストロング大佐の赤ん坊デイジーを誘拐した。その赤ん坊は身代金が支払われた後に死体で発見され、次の子供を妊娠していたアームストロング夫人は死産の末に命を落とし、犯人の一味と誤解されたメイドのポーレットは自殺し、そして一連の悲劇に疲弊したアームストロング大佐も自ら命を絶ってしまった。その後、カッセッティの共犯者は逮捕されたが、カッセッティ本人は国外逃亡して罪を免れていた。

ラチェットは、正義の名の下に殺されてもやむをえないような人物だった。かといって、このまま殺人犯を見逃すわけにもいかない。果たして殺人を遂行したのは一体誰なのか? 国際色豊かな乗客たちには相互に何のつながりもないと思われたが、彼らには他の乗客を証人とする完璧なアリバイがあった。ポアロの灰色の脳細胞が導き出した事件の真相は、予想もつかないものだった。

登場人物[編集]

エルキュール・ポアロ
俳優:アルバート・フィニー、日本語吹替:田中明夫塾一久
ベルギー出身の名探偵。オリエント急行で旅行中に殺人事件に巻き込まれる。映画では鼻持ちならない人物という特徴が強調されている。
ラチェット・ロバーツ
俳優:リチャード・ウィドマーク、日本語吹替:大塚周夫
殺人事件の被害者。裕福なアメリカ人。
ヘクター・マックイーン
俳優:アンソニー・パーキンス、日本語吹替:西沢利明
被害者の秘書兼通訳。アメリカ人青年。
エドワード・ベドウズ
俳優:ジョン・ギールグッド、日本語吹替:塩見竜介石住昭彦
被害者の執事。イギリス人。
アーバスノット大佐
俳優:ショーン・コネリー、日本語吹替:近藤洋介
インドからイギリスへ帰る途中の英国軍大佐。「」の撮影以来コネリーとルメット監督が親しいことから配役はスムーズに決まった、という(DVD特典映像インタビューより)
メアリー・デベナム
俳優:ヴァネッサ・レッドグレイヴ、日本語吹替:小沢左生子竹村叔子
バグダッドで教師をしていたイギリス人女性。
ナタリア・ドラゴミノフ公爵夫人
俳優:ウェンディ・ヒラー、日本語吹替:川路夏子京田尚子
老齢のロシア人貴婦人。
ヒルデガルド・シュミット
俳優:レイチェル・ロバーツ、日本語吹替:中西妙子
ドラゴミノフ公爵夫人のメイド。中年のドイツ人女性。
ハリエット・ベリンダ・ハッバード夫人
俳優:ローレン・バコール、日本語吹替:楠侑子谷育子
中年のアメリカ人女性。おしゃべり好きで騒がしい。
グレタ・オルソン
俳優:イングリッド・バーグマン、日本語吹替:水城蘭子園田恵子
中年のスウェーデン人宣教師。アフリカに伝道するための資金集め旅行から帰ってきたところ。イングリッド・バーグマンは当初ドラゴミノフ公爵夫人役を打診されたが、オルソン役を強く希望し、神経質で少しエキセントリックなところがあるこの人物を演じた。アカデミー賞助演女優賞を獲得した(DVD映像特典インタビューより)。
ルドルフ・アンドレニイ伯爵
俳優:マイケル・ヨーク、日本語吹替:納谷六朗
ハンガリーの外交官。フランスへ行く途中。
エレナ・アンドレニイ伯爵夫人
俳優:ジャクリーン・ビセット、日本語吹替:鈴木弘子
アンドレニイ伯爵の若くて美しい夫人。
サイラス・“ディック”・ハードマン
俳優:コリン・ブレイクリー、日本語吹替:村越伊知郎
スカウトマンと称するが、実はピンカートン探偵社に勤める探偵。ラチェットから護衛を依頼されている、というが、ラチェット自身がポワロに護衛を依頼したことから、不審をもたれる。
ジーノ・フォスカレッリ
俳優:デニス・クイリー、日本語吹替:小林清志
シカゴで車販売をしている陽気なイタリア人。
ピエール・ミシェル車掌
俳優:ジャン=ピエール・カッセル、日本語吹替:小川真司
フランス人車掌。会社重役のビアンキや一等客室の乗客たちにも顔が知られているベテラン車掌。
コンスタンティン医師
俳優:ジョージ・クールリス、日本語吹替:松村彦次郎堀部隆一
ギリシャ人医師。
ビアンキ
俳優:マーティン・バルサム、日本語吹替:富田耕生
国際寝台車会社の重役。

()内は初回放送時にカットされた部分をDVD用に追加で吹き替えた声優

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー助演女優賞:イングリッド・バーグマン
ノミネート
アカデミー主演男優賞:アルバート・フィニー
アカデミー脚色賞:ポール・デーン
アカデミー撮影賞:ジェフリー・アンスワース
アカデミー衣裳デザイン賞:トニー・ウォルトン
アカデミー作曲賞:リチャード・ロドニー・ベネット

英国アカデミー賞[編集]

受賞
助演男優賞:ジョン・ギールグッド
助演女優賞:イングリッド・バーグマン
アンソニー・アスキス賞:リチャード・ロドニー・ベネット
ノミネート
作品賞
監督賞:シドニー・ルメット[1]
主演男優賞:アルバート・フィニー
撮影賞:ジェフリー・アンスワース[2]
美術賞:トニー・ウォルトン
衣裳デザイン賞:トニー・ウォルトン
編集賞:アン・V・コーテス

原作と本作品[編集]

原作者[編集]

原作者であるアガサ・クリスティは、これまで自分の作品が映画化したものが、全て商業的な作品で終わっていたため、自分の作品が映画化されることを非常に嫌っていた。しかし、本作で製作プロデューサーを務めたイギリス女王の従兄弟でもある、ジョン・ブラボーン卿が説得し、説き伏せた事で映画化が可能となった。また、本作の成功でブラボーンは原作者であるクリスティからの信頼を勝ち取り、以降クリスティの作品の映画化を数多く手がける事となる。

相違点[編集]

原作とは若干登場人物の名前が異なる。例えば鉄道会社の重役ブークがビアンキに、被害者の召使マスターマンがベドウズに変更されている。また、原作では事件発生前、ポワロはシリアで現地フランス陸軍の事件を解決するが、本作ではイギリス軍の事件を解決している。

ポワロの事件解決後、乗客たちはワインで乾杯を行う。DVD特典映像の監督インタビューによれば、本作はオールスターキャストであるので、カーテンコールの意味合いで設けたシーンであるという。

その他[編集]

蒸気機関車
この映画に登場する蒸気機関車の230G-353は、現在もフランス国鉄が丁寧な整備を施し、動態保存している。1988年には、フジテレビ開局30周年・JRグループ発足1周年記念事業として行われた企画『HITACHIカルチャースペシャル・オリエント・エクスプレス '88』において、「パリ発東京行き列車」のオープニングを飾る機関車として、その大役を果たしている。
客車は、当時オリエント急行の廃止から久しくまともな状態で現存しているものがなかったため、ベルギーの博物館に保存してあるもの等を参考に独自に作成された。カメラワークのための空間を広く取った撮影用の車両ではなく、実際とほぼ変わらない大きさの車両に作られた。出演俳優は、その窮屈さが撮影に緊張感を与えたとコメントしている(DVD版特典映像のインタビューより)。
監督
監督であるシドニー・ルメットは、本作を「スフレのような陽気な映画」と例える一方で、そういう映画が作れるかどうか不安だったという。また、これまでの過去の監督作品は本作と比較して「平たいパンケーキのような映画」と評している。しかし、ポール・デーンが執筆した巧みなプロットを見て、監督を引き受ける気になったとも語っている。また、本作がなければ2年後に撮る『ネットワーク』は作れなかったともコメントしている。
演出と音楽
本作は、オールスターキャストの娯楽作品を志向して作られた。そのため、殺人事件が題材であるにもかかわらず、全体に明るい雰囲気が保たれるよう工夫されている。オリエント急行はワルツに乗って出発し(著名な観客の中には「その列車は「死の列車」なのだぞ」と激怒する者もいた)、音楽の邪魔になる効果音は徹底的に排除された(オリエント急行のほとんどの音を録音していたマニアなスタッフがいて、映画のために効果音を提供したが、ほとんど使われなかったことにショックを受け、撮影現場を去った)。配役名が出るだけのオープニングでは、映画館でひいきの俳優に対し、観客が拍手したという。エンディングでは、カーテンコールのかわりとして、陰惨な事件に関わったにもかかわらず、乗客たちが互いに抱擁し、乾杯するシーンが描かれる。
ポアロ役
探偵ポアロを演じたアルバート・フィニーは観客が素顔を忘れてしまうほどの凝った役作りで好評だったが、彼のポアロ役はこの一作きりで、以後、アガサ・クリスティ原作の映画化は全てピーター・ユスティノフがポアロを演じている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、第28回英国アカデミー賞でルメットは、本作と並行して『セルピコ』という作品でも候補に上がっている。
  2. ^ なお、第28回英国アカデミー賞でアンスワースは、本作と並行して『未来惑星ザルドス』という作品でも候補に上がっている。

外部リンク[編集]