オランダ領アンティルの旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ領アンティルの旗
オランダ領アンティルの旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 2:3
制定日 1959年11月19日
使用色
テンプレートを表示

オランダ領アンティルの旗(オランダりょうアンティルのはた)は、かつて存在したオランダの自治領・アンティルの公式な旗である。1959年11月19日に制定された。

白地に青と赤の帯をあしらっており、オランダの国旗と同系色である。青い水平の帯が旗の真ん中に左から右まで伸び、その幅は旗の高さの三分の一になる。青い帯の下には垂直の赤い帯が旗の真ん中に上から下へ伸び、その幅は水平の帯と同じである。青い帯と赤い帯の交点には、頂点を上に向けた五つの白い五芒星が、五角形を構成するように配置されている。五つの星はオランダ領アンティルの五つの主要な島、すなわちキュラソー島ボネール島シント・マールテンセント・マーチン島南部)、シント・ユースタティウス島サバ島を表す。

1986年まではアルバもオランダ領アンティルの一部であり、当時の旗はアルバを含めた6つの白い星があしらわれていた。また、2010年にオランダ領アンティルが解体されたのでこの旗も廃止され、以後は各島の旗が個別に使用されている。

各島の旗[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]