オヨギゴカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オヨギゴカイ属
オヨギゴカイ属の一種
オヨギゴカイ属の一種
分類
: 動物界 Animalia
: 環形動物門 Annelida
: 多毛綱 Polychaeta
: サシバゴカイ目 Phyllodocida
超科 : オヨギゴカイ超科 Tomopteroidea
: オヨギゴカイ科 Tomoptoloidae
: オヨギゴカイ属 Tomopteris
学名
Tomopteris
Eschscholtz, 1825
本文参照

オヨギゴカイ(泳沙蚕、属名:Tomopteris)は、環形動物門多毛綱オヨギゴカイ属に属する種の総称、またはオヨギゴカイ属に属する動物の一種(Tomopteris pacificaまたはTomopteris helgolandica)である。本項ではオヨギゴカイ属とその一種Tomopteris pacificaおよびTomopteris helgolandicaについて解説する。

特徴[編集]

深海上部漸深層に生息している[1]。海底で生活するベントスではなく、浮遊しているプランクトンである。

[編集]

世界各地から発見されている。ほかのどの環形動物と近縁かよくわかっていない。

  • Tomopteris australiensis Augener, 1927 - 南東部を除くオーストラリア近海に棲息[2]
  • Tomopteris cavalli Rosa, 1908
  • Tomopteris elegans
  • オヨギゴカイ[1] Tomopteris helgolandica - 40mm[1]
  • Tomopteris mortenseni Augener, 1927
  • Tomopteris nisseni
  • オヨギゴカイ[3] Tomopteris pacifica
  • Tomopteris planctonis
  • Tomopteris renata
  • オナシオヨギゴカイ[1] Tomopteris septentrionalis Steenstrup, 1849 - 20mm[1]

Tomopteris pacifica[編集]

オヨギゴカイ
分類
: 動物界 Animalia
: 環形動物門 Annelida
: 多毛綱 Polychaeta
: サシバゴカイ目 Phyllodocida
超科 : オヨギゴカイ超科 Tomopteroidea
: オヨギゴカイ科 Tomoptoloidae
: オヨギゴカイ属 Tomopteris
: オヨギゴカイ Tomopteris pacifica
学名
Tomopteris pacifica
和名
オヨギゴカイ

本種(Tomopteris pacifica)は日本近海に生息するオヨギゴカイ属の一種。

特徴[編集]

顎を持たず、何を食べるのかは不明だが、マリンスノー(プランクトンなどの死骸)を食べるとの説がある[3]

体長20cm[4]で、節は約25個、肢は約22対あり、長い尾を持つ[3]。他のゴカイ体節から伸びた剛毛で進むのに対し、オヨギゴカイは剛毛が体内に収まり外に伸びていないので、長く突き出た疣足でオールのように使って泳ぐ[3]。疣足は細長く、先が2つに分かれていて、この疣足の中に丸く透き通った卵を収めている[3]

顔の先の方には左右水平に突き出した角飾りのようなものがあり、この付け根には口前葉が融合した体節がある[3]。その後ろに眼があり、脇から昆虫の触角のような長い触手がのびている[3]

分布[編集]

日本では三陸沖相模湾の水深534 - 693mに生息している[3]

相模湾の範囲

Tomopteris helgolandica[編集]

オヨギゴカイ
分類
: 動物界 Animalia
: 環形動物門 Annelida
: 多毛綱 Polychaeta
: サシバゴカイ目 Phyllodocida
超科 : オヨギゴカイ超科 Tomopteroidea
: オヨギゴカイ科 Tomoptoloidae
: オヨギゴカイ属 Tomopteris
: オヨギゴカイ Tomopteris helgolandica
学名
Tomopteris helgolandica
(Greeff, 1879)
シノニム
和名
オヨギゴカイ

本種(Tomopteris helgolandica)はヨーロッパに生息するオヨギゴカイ属の一種。

特徴[編集]

全長20-40mm[5]成体は暗褐色の縞があるが、標本の固定時に透明となる[5]。側足に剛毛はない[5]

分布[編集]

北極海大西洋北海イギリス海峡地中海の沿岸に分布[5]。 深さは遠洋(Pelagic)浅海(Neritic)にかけて生息[5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 深海水族 上部漸深層遊泳魚”. 2014年7月22日閲覧。
  2. ^ World Register of Marine Species,Tomopteris mortenseni”. 2014年7月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h ビバマンボ・北村,2010年,p.110-111
  4. ^ 参考文献(ビバマンボ・北村,2010年,p.110-111)に拠ったが、他の種との(出典の記述を見ると)大きさが違いすぎるため20mmの間違いか?
  5. ^ a b c d e Marine Species Identification Portal, Tomopteris helgolandica”. Species-Identification. 2014年7月22日閲覧。

関連項目[編集]