オユンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オユンナ
基本情報
出生名 ダムディンスーレン・オユントゥルフール
ДАМДИНСYРЭН ОЮУНТYЛХYYР
出生 1975年11月10日
血液型 A型
学歴 モンゴル国立音楽専門学校ピアノ科卒業(1992年
同朋高等学校音楽科編入(1992年)
同朋高等学校音楽科卒業1994年
名古屋音楽大学ピアノ科卒業(1998年
名古屋大学大学院環境学研究科卒業(2005年
出身地 モンゴルの旗 モンゴルウランバートル
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 1990年-
レーベル ポニーキャニオン(1990年-2000年)
GAUSS(2000年-2001年)
イースト・ウイング(プライベートレーベル)(2001-)
事務所 イースト・ウイング
公式サイト http://homepage2.nifty.com/eastwing/

オユンナモンゴル語: ОЮУНАА英語: OYUNAA1975年11月10日 - )はモンゴル国の首都ウランバートル出身の女性シンガーソングライター。本名はダムディンスーレン・オユントゥルフール(ДАМДИНСYРЭН ОЮУНТYЛХYYР)。名前の「オユン」はモンゴル語で「知恵」、「トゥルフール」は「カギ」を意味する。2001年にウランバートル市役所に勤める同い年のモンゴル人男性と結婚、2男1女をもうける。ウランバートル在住。

年に2回、2カ月くらいずつ、名古屋市の大学に通う妹の部屋に寝泊まりしながら、名古屋市内の小学校やライブハウスなどでコンサートをしているという[1]。音楽活動以外にも、母国モンゴルの子どもたちを支援する「オユンナ基金」を設立し、社会福祉活動にも尽力している。

主な来歴[編集]

  • 1989年8月 日本で開催された「第7回世界子ども音楽祭」でグランプリ受賞。
  • 1990年5月 1stシングル「天の子守歌」でポニーキャニオンよりデビュー。
  • 1990年11月 2ndシングル「Yes,Happy」発売。カネボウ化粧品90年冬のイメージソングに起用される。1stアルバム「オユンナ ОЮУНАА」同時発売。
  • 1990年12月 紅組史上最年少(当時[2])でNHK紅白歌合戦に出場。その澄みきった歌声が天使の歌声と評され、日本にモンゴルブームを巻き起こす。
  • 1991年6月 3rdシングル「」発売。
  • 1991年11月 「アジアミュージックシーンIN香港」にサリーイエン、アンディーラウ、谷村新司等と香港スタジアムで共演。
  • 1992年8月 4thシングル「初恋」(税理士制度50周年イメージソング)発売。
  • 1992年9月 2ndアルバム「オユンナII黄砂」発売。モンゴル国立音楽専門学校より同朋高等学校音楽科へ留学(1994年3月卒業)。
  • 1992年10月 5th シングル「エージンハイル」(モンゴル日本共同制作映画 『チンギスハーン』)主題歌発売。
  • 1993年7月 6thシングル「星空はメリーゴーランド」(NHK衛星放送年間イメージソング)「ヒロシマの少女の折鶴」発売。
  • 1994年1月 7thシングル「遠くへ行きたい」(アレンジ:姫神)(よみうりテレビ遠くへ行きたい』主題歌 )発売。
  • 1994年5月 ひろしまフラワーフェスティバルのフラワー歌手に選ばれる。
  • 1995年4月 日本青年館で開催された「~とどけ心の歌声神戸の空へ!アジアの友へ~ 阪神大震災チャリティーコンサート」にアグネス・チャンキム・ヨンジャ白竜等と出演。南こうせつの主催する日比谷野外音楽堂「GREEN PARADISE」に参加。
  • 1995年10月 8thシングル「共に生きて」(NHK『アジア発見』テーマソング)発売。名古屋市で開催された「世界公園フェスティバル」にジョン・デンバーシーナ・イーストン等と共演。
  • 1996年8月 モンゴルの首都ウランバートルで孤児支援のためのチャリティーコンサート開催。
  • 1996年12月 「オユンナ基金」設立
  • 1998年2月 4thアルバム「生命あるものはみな-Human Being-」発売
  • 1998年3月 名古屋音楽大学ピアノ科卒業
  • 1999年8月 広島市で開催された「世界音楽祭オーガスト・イン・ヒロシマ'99 グランドコンサート“TOGETHER”」にスティーヴィー・ワンダー、谷村新司、西城秀樹ディック・リーレスリー・チャン、イ・ウンミ等と参加。
  • 2000年11月 岐阜市・大阪府大東市で開催された平和フォーラム「21世紀の創造」にロニー・ブローマン(国境なき医師団・ノーベル平和賞受賞者)、明石康(元国連事務次官)、小山内美江子(作家)等と参加。
  • 2001年7月 ウランバートル市で開催された環境をテーマにした市民交流祭(日本とモンゴルの環境省による共催)に環境親善大使である加藤登紀子ノロヴバンザドと共演。
  • 2001年8月 マキシシングル「ヒロシマの折鶴〜Papaer Cranes〜」をプライベートレーベルとして発売。
  • 2002年2月 ポニーキャニオンよりガウスエンタテイメントへ移籍。9thシングル「だけど I LOVE YOU」(作詞 沢田知可子)(NHKみんなのうた)発売。
  • 2002年4月 オユンナの歌う「ヒロシマの少女の折鶴」が中学校の英語の教科書(三省堂)の副教材として採用。
  • 2005年3月 名古屋大学大学院環境学研究科卒業。
  • 2006年4月 中学2年生の国語の教科書(三省堂)にオユンナそのものが題材として掲載。
  • 2006年11月 5thアルバム「Wish〜ねがい〜」(プライベートレーベル)発売。

主な受賞[編集]

  • 1991年6月 モンゴル国より「文化芸術功労章」(日本でいう文化勲章)受章
  • 1993年10月 東海テレビより「芸能選奨」受賞
  • 1997年10月 都市文化会議より「都市文化奨励賞」受賞
  • 1998年1月 モンゴル赤十字より「平和賞」受賞
  • 1998年7月 社団法人「小さな親切」運動本部より「小さな親切実行章」授与
  • 1999年1月 モンゴル国より「アルタン・ガダス」(北極星勲章)受章
  • 2005年12月 モンゴル国から「2005年度 モンゴルの誇り」受賞

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 天の子守歌(1990年5月21日)
  • Yes,Happy(1990年11月21日)
  • (1991年6月21日)
  • 初恋(1992年8月21日)
  • エージンハイル(1992年10月7日)
  • 星空はメリーゴーランド(1993年7月21日)
  • 遠くへ行きたい(1994年1月21日)
  • 共に生きて(1995年10月20日)
  • だけどI LOVE YOU(2000年2月23日)
  • ヒロシマの折鶴〜Paper Cranes〜(マキシシングル)(2001年8月9日)
  • わすれもの(マキシシングル)(2010年9月24日)

アルバム[編集]

主な出演番組[編集]

  • 1990年 「NHK紅白歌合戦」(NHK
  • 1992年 「TVインデックス〜遥かな国モンゴル〜」(東海テレビ
  • 1993年 「テレメンタリーはばたいた紙の鳥・モンゴルに響くヒロシマ」(名古屋テレビ
  • 1994年 「遠くへ行きたい 姫神の冬の岩手路」(よみうりテレビ)・「にんげんマップ」(NHK)
  • 1995年 「草原の国の幸せさがし」(NHK)
  • 1996年 「アジアを見つめ、日本を見つめ 〜若者達の国際交流〜」(NHK)・「スペンサーの喫茶店」(東海テレビ)・「歌謡コンサート」(NHK)・「オユンナの草原の国レポート」・(東海テレビ)・「君は感動の大地を見たか~ラリー5000キロ・モンゴルを駆ける」(NHK)・「知ってるつもり?! スペシャル 〜チンギス・ハーン〜」(日本テレビ) ・「土曜特集 秋だ!民謡満開だ!」(NHK)・「アジア発見スペシャル」(NHK)
  • 1998年 「おしゃべりランチ」(NHK)・ 「スタジオパークからこんにちは」(NHK)・「新題名のない音楽会」(テレビ朝日
  • 1999年 「スクール5輪の書 〜21世紀の君たちへ〜」(NHK教育)・ 「世界音楽祭オーガスト・イン・ヒロシマ'99 グランドコンサート“TOGEYHER”」 (NHK BS2)・「オユンナと地球を愛する仲間たち」(東海テレビ)
  • 2000年 「NHKみんなのうた」(NHK)
  • 2006年 「さらさらサラダ」(NHK)

主なCM出演[編集]

  • 1998年 公共広告機構(現:ACジャパン)「アジア・アフリカの田んぼ」編
  • 1999年 千葉県ストップザエイズキャンペーン
  • 2001年 愛知県人権週間キャンペーン(出産したばかりの長男と共演)

関係書籍[編集]

  • 時を越えた歌声「草原の少女オユンナ」(磯野正典 著)リバティ書房
  • 折り鶴は世界にはばたいた(うみのしほ 著)PHP研究所
  • 折り鶴に出会った子どもたち 三省堂

脚注[編集]

  1. ^ 【あの人は今こうしている】オユンナさん日刊ゲンダイ 2010年1月12日
  2. ^ 現在の記録は芦田愛菜の7歳。

関連する人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]