オヤマボクチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オヤマボクチ
オヤマボクチ.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Rosidae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ヤマボクチ属 Synurus
: オヤマボクチSynurus pungens
学名
Synurus pungens
(Franch. et Sav.) Kitam. (1933)
和名
オヤマボクチ

オヤマボクチ(雄山火口、Synurus pungens) はキク科ヤマボクチ属の多年草。アザミ類であるが、山菜として「ヤマゴボウ」と称される。ゴンパ、ヤマゴンボと呼ぶ地方もある。語源は、茸毛(葉の裏に生える繊維)が火起こし時の火口(ほくち)として用いられたことから。

特徴[編集]

花期は9月 - 11月。花茎の先に暗紫色の4 - 5cmの頭花を下向きに付ける。

分布[編集]

北海道、本州

利用[編集]

根は漬け物にするなどして食べられる。また、氷餅の副原料として利用する[1]ほか、長野県飯山市富倉そばでは、茸毛をつなぎに使っている[2]

原料としてヨモギの代わりにオヤマボクチの葉を用いることもあり、新潟県の笹団子や山梨県と東京都檜原村草餅で利用される。山梨でウラジロと、東京都檜原村でネンネンボウと呼ぶことがある。

栽培[編集]

地域特産品として利用されるが、野生株の採集だけでは需要量を賄いきれないため長野県や新潟県[3]などでは栽培も行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 澁谷美紀, 「生活文化キャピタルの再構築にみる豊かさの諸相 文化的資源との比較から」『農林業問題研究』 44巻 4号 2009年 p.508-519, doi:10.7310/arfe1965.44.508
  2. ^ 荒瀬輝夫、熊谷真由子、内田泰三、「そば切りのつなぎとしてのオヤマボクチ (Synurus pungens (Fr. et Sav.) Kitam.) の葉の繊維収量」 信州大学農学部AFC報告 9: 33-38(2011), hdl:10091/13001
  3. ^ オヤマボクチの種子による大量増殖法 新潟県農業総合研究所 中山間地農業技術センター