オメガ (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オメガΩ )は、かつて存在していた日本プロレスのユニット。主にKAIENTAI-DOJOで活動していた。

経歴

  • 2006年12月10日でのWEWハードコアタッグ王座をかけた3WAY戦で新王者になったK-DOJO屈指の名タッグ・大石真翔旭志織、前王者のYOSHIYAともう1組の挑戦者であったバンビに元柏組のMIYAWAKIを加えた5人で結成。これに伴ってYOSHIYAがアップルみゆきと活動していたスラムローズは解散する。
  • その後New Standardを離脱した火野裕士、さらにはKAZMAの加入で次第に勢力を拡大していく。2008年のKAIENTAI-DOJOの6周年記念興行で火野が真霜拳號を破り見事CHAMPION OF STRONGEST-Kを戴冠するが、同大会で長期休業明けのYOSHIYAがΩ脱退を表明。皮肉にもYOSHIYAがアップルを裏切ったために大石&旭が戴冠・1年以上保持していた前述のハードコアタッグ王座は、YOSHIYAとアップルの「復縁」により再びスラムローズの手中に収まることとなった。
  • しばらくして当時牙騎鱗で火野のNew Standard時代のパートナーの稲松三郎がΩに移籍するも、かねてより不安視されていた火野とKAZMAの亀裂がついに修復不可能となりKAZMAが脱退。
  • 結成当初は主に牙騎鱗と、その後は脱退したKAZMAが真霜拳號と組んだモンスター・プラントと抗争していた。
  • バンビを「女王様」として慕う、下僕のさすけが特別参戦する場合もあった。
  • 自主興行「FRIDAY Ω NIGHT」を開催するなどファンからの支持率も高かった。
  • 2010年8月15日千葉ポートアリーナ大会のメインイベント後、2010年10月での解散を発表。解散理由はメンバーが別々にKAIENTAI DOJOを盛り上げようと考えたため。ちなみにMIYAWAKIは解散についての話し合いに参加していなかったため、解散するということをその場で聞かされ大いに驚いていた。
  • 2013年10月6日に後楽園ホールでの火野裕士デビュー10周年記念自主興行で元メンバーのKAZMAも含めて一夜限りの復活をした。

最終所属メンバー

元メンバー

共闘メンバー

外部リンク