オムルタグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オムルタグ
Омуртаг
ハーン
Omurtag1.jpg
在位 814年 - 831年
死去 831年
子女 エンラヴォタ
ズヴィニツァ
マラミル
王家 クルム家
王朝 第一次ブルガリア帝国
父親 クルム
テンプレートを表示

オムルタグОмуртаг、? - 831年)は、第一次ブルガリア帝国ハーン(在位:814年 - 831年)。先代クルムの息子。東ローマ帝国と講和を結ぶとともに、統治体制の整備を進めた。

生涯[編集]

父クルムの急死にともなって、814年にハーン位についた。東ローマ帝国と講和を結ぶと、防壁を建設するなど国土防衛を進めた。国家の安全が図られると、行政区であるコミタトの設置など統治体制の整備を進めていった。

東ローマ帝国への警戒上キリスト教を禁止したため、キリスト教に帰依した長男のエンラヴォタにハーン位を継承させなかった。

スラヴ人ブルガール人の融合にも努め、自らの息子にもスラヴ風の名をつけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]