オボアルブミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ovalbumin dimer, Gallus gallus.

オボアルブミン(Ovalbumin、略称: OVA)は、卵白を構成する主要なタンパク質で、全タンパク質の60-65%を占める[1]。配列と三次元構造はセルピンスーパーファミリーと相当であるが、セリンプロテアーゼ阻害活性は持たない[2]。オボアルブミンの機能は未知であるが、貯蔵タンパク質と関わっていると推定されている[3]

研究[編集]

オボアルブミンは、以下のような様々な研究領域で重要なタンパク質である。

  • タンパク質の構造と性質の一般的な研究
  • セルピンの構造と機能の研究(オボアルブミンと他のセルピンの構造の比較により、セリンプロテアーゼの阻害に必要な構造が特定できる)
  • プロテオーム解析鶏卵のオボアルブミンは、電気泳動ゲルの校正のための分子量マーカーとしてよく用いられる)
  • 免疫学研究(気道過敏のモデルアレルゲンとなるなど、アレルギー反応のシミュレーションによく用いられる)

構造[編集]

ニワトリのオボアルブミンは、385アミノ酸からなり、分子量は45 kDaである[4]。N末端アセチル化(G1)やリン酸化(S68およびS344)、グリコシル化(N292)等の修飾を受けている[4]

このタンパク質は分泌されるが、そのシグナルペプチドは切り離されない。さらに、N末端に直接付加しているのではなく、21番残基から47番残基までの配列内に存在する[5]

医学的な特性[編集]

鉄等の重金属による中毒が疑われる場合、オボアルブミンが投与されることがある[6]。オボアルブミンは重金属をキレートし、金属イオンをタンパク質のスルフィジル結合の中に取り込む。キレート化により、重金属は消化管に吸収されなくなり、中毒を防止できる。

感染症とアレルギー[編集]

オボアルブミンは卵アレルギーの原因物質の1つとされている[7]。感染症とアレルギーの関係が研究されている[8]


出典[編集]

  1. ^ Huntington JA; Stein PE (2001). “Structure and properties of ovalbumin.”. Journal of Chromatography B 756 (1-2): 189-198. doi:10.1016/S0378-4347(01)00108-6. PMID 11419711. 
  2. ^ Hu H.Y., Du H.N. (2000). “Alpha to Beta Structural Transformation of Ovalbumin: Heat and pH Effects”. Journal of Protein Chemistry 19 (3): 177–183. doi:10.1023/A:1007099502179. PMID 10981809. 
  3. ^ Gettins PGW (2002) Serpin structure, mechanism, and function. Chemical Reviews 102(12): 4751-4804.
  4. ^ a b Nisbet AD, Saundry RH, Moir AJG, Fothergill LA, Fothergill JE (1981) The complete amino-acid sequence of hen ovalbumin. European Journal of Biochemistry 115(2): 335.
  5. ^ Robinson A, Meredith C, Austen BM (1986) Isolation and properties of the signal region from ovalbumin. FEBS Letters 203(2): 243-246.
  6. ^ Dominiczak M, Baynes J, Medical Biochemistry, 2d edition (2004), p59.
  7. ^ Thomas Platts-Mills; Ring, Johannes (2005). Allergy in Practice. Berlin: Springer. p. 106. ISBN 3-540-00219-7. 
  8. ^ Sano Kunio; Kanna Haneda; Gen Tamura; Kunio Shirato (1999). “Ovalbumin (OVA) and Mycobacterium tuberculosis Bacilli Cooperatively Polarize Anti-OVA T-helper (Th) Cells toward a Th1-Dominant Phenotype and Ameliorate Murine Tracheal Eosinophilia”. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 20 (6): 1260–1267. doi:10.1165/ajrcmb.20.6.3546. http://ajrcmb.atsjournals.org/content/20/6/1260.abstract 2011年12月28日閲覧。. 

外部リンク[編集]